WordPressのShortcoderプラグインが反応しないときの対応

各種テンプレートの貼り付けにShortcoderプラグインを使っているのですが、いつの間にか?最初から?項目を選んでも反応しない症状になりました。

項目をクリックしても無反応なのです。
本来はショートコード貼付け用のボタンがニュッと出てくるはずなのに。

原因はサイトが常時SSL対応のためにhttpsに変更していたけれど、Shortcoderがhttpsに対応していないためでした。

いずれは公式に修正されると思いますが、それまでの間、プラグインのプログラムを修正して凌ぐことにしました。

直し方は簡単です。
もし同じような悩みをお持ちの方は試してみてください。

以下、修正手順です。

この修正は Shortcoder バージョン 3.4.1 用です
スポンサーリンク

修正手順

プラグイン一覧を開く

WordPress管理画面→プラグイン→インストール済みプラグイン

を開く

Shortcoderの編集をクリック

「プラグイン編集」画面が開きます。

shortcoder/sc-insert.phpをクリック

sc-insert.phpをクリック

画面左側にsc-insert.phpの内容が表示されます。

修正

先頭から28行目、

に変更します。

http:」を削除しています。

『ファイルを更新』ボタンを押下

画面下の『ファイルを更新』ボタンを押下します。

以上で修正完了。

確認

貼り付け用ボタンがニュッと出るようになりました。

関連記事

ブログ内から、Web開発に関連する記事をピックアップしています。
WordPressって沢山の便利なプラグインがありますよね。 当サイトで使っているプラグインをジャンル別に紹介します。

そもそもShortcoderって?という方。
ネタワンさんの記事はとても分かりやすいですので気になったら調べてみてください。

Shortcoderは、ショートコードを自作して記事作成を効率化できるプラグインです。記事の中で頻繁に利用する文章やHTMLコードをショートコードに登録してコードを使い回せます。 ショートコードは何個でも登録できます。そ・・・