H77チップセット用のIntel RSTはWindows 10でも使える

vmcampos / Pixabay

こんにちわ!不可思議絵の具です。
タイトルで内容全てなのですが…(^^;

5年位前にファイルサーバーを組んで以来ずっと使っています。
マザーはH77チップセットの「ASRock H77 Pro4/MVP」です。

当時はWindows 8とマザーボード添付のドライバで始めましたが、その後よく考えずにOSを8→8.1→10→10 AU→10 CUと建増し・建増しでグレードアップしていったので、もはや状況把握は不可能…。

整理のためWindows 10をクリーンインストールしました。

このときに「インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー(以下IRST)」のことを調査したのでまとめておきます。

スポンサーリンク

IRSTはMicrosoft製ドライバより性能が良い

Windows 10をクリーンインストールするとSATAドライバはMicrosoft製の「標準 SATA AHCI コントローラー(storahci)」になります。

Microsoft製ドライバでも全然使えるんですが、プチフリ等の問題があるようです(通称:LPM問題)。

参照 Windows 10 Anniversary Updateを適用後、短時間のフリーズが頻発する件(なおたこブログ)

参照 storahciの件、直りました(MRU Weblog Zone.)

参照 Windows 10 Anniversary – freezing/pausing(Microsoft Community)

また、私は「IRSTはソフトウェアRAIDを組むために必要なもの」という認識でいましたが、ドライブ単体でもIRSTの方が性能が良いとのことでした。

よって、色々な意味でハード性能を活かすには、やはりメーカー純正のドライバ(IRST)の方が良いだろうと判断し、IRSTをインストールすることにしました。

H77チップセット用のIRSTが使えるのはV12.xまで

このページでIRSTをダウンロードできますが、単純に最新版をダウンロードすれば良いという訳にはいきません。

H77チップセットに使えるのはV12.xまでです。
(この記事を書いている時点ではV15.xまであります)

私の場合はV12.9.0.1001をダウンロードしました。

V13.x以上はインストーラーで未対応と弾かれてしまいます
Readme上は動作対象なんですが、マニュアルの誤りのようです。

海外でも「マニュアルに書いてることと違うじゃねえか」とブチ切れてる人が居ました。
メーカーサポート掲示板の回答が事務的で、技術的にズレてて、しかも解決案が結局出てこないのは何処の国も一緒のようです(^_^;

H77チップセット用のIRSTはWindows10でも使える

Readme上、V12.xの対応OSはWindows 8までですが、Windows 10でも使えます。

インストールすると「標準 SATA AHCI コントローラー」が「Intel(R) 7 Series/C216 Chipset Family SATA AHCI Controller」に変化します。

デバイスマネージャーの種類別で見たとき

デバイスマネージャーの種類別で見たとき

デバイスマネージャー 接続別

デバイスマネージャーの接続別で見たとき

IRSTでベンチマーク性能が向上

実際にIRSTのインストール前後でベンチマークを取りました。

結論から言うとIRSTの方が性能が良かったです。

測定条件は下記の通りです。

ドライブ名タイプ接続状態フォーマット
CドライブSSDSATA直結NTFS
DドライブHDD記憶域スペース(6台)双方向ミラー/ReFS
EドライブHDD記憶域スペース(6台)パリティ/ReFS

※ただし、記憶域スペース内の一部HDDはIRSTの制御下に無い
(ASMedia製 ASM1061とMarvell製 88SE9128に跨っている)

Cドライブ(SSD/SATA直結)の計測結果:

インストール前インストール後
Cドライブ_標準ドライバCドライブ_RST

全体的に性能向上しました。
ネットの評判通り、IRSTの方が性能が良いようです。

Seq Q32T1(シーケンシャルRead)が伸びないのはドライブ単体の性能限界と思われます。

Dドライブ(記憶域/双方向ミラー)の計測結果:

インストール前インストール後
Dドライブ_標準ドライバDドライブ_RST

記憶域スペースの双方向ミラーは「RAID1」相当です。

4K(ランダムアクセス)が悲惨なことになっていますが、実用上は困っていません。

特にWrite性能が向上しています。

Eドライブ(記憶域/パリティ)の計測結果:

インストール前インストール後
Eドライブ_標準ドライバEドライブ_RST

記憶域スペースのパリティは「RAID5」相当です。

やはり、Write性能の向上が目立ちます。

まとめ

  • Microsoft製ドライバ(storahci)よりはIntel製ドライバ(IRST)の方が性能が良い
  • H77チップセット用のIRSTが使えるのはV12.xまで
  • H77チップセット用のIRSTの対応OSはWindows 8と表記されているが、実はWindows10でも使える

というお話でした。

最後にブログらしく個人の感想…いいかな?

スゥ…!

おい、インテルさんよ!
お宅の商品名は、いちいちクソ長ったらしくて紛らわしいんだよ!

「インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー」
「インテル® スマート・コネクト・テクノロジー」
「インテル® ラピッド・スタート・テクノロジー」
「インテル® スマート・レスポンス・テクノロジー」

…ってどれが何だか分かんねーよ!
スマートな名前付けろよ!

®®®そんなにテクノロジーを主張したいんかよッ!®®®

Webサイトもツール画面も超絶ダサくて見にくいしよぉ!
どこに何があるかよく分からんし!

消費者向いた、ちゃんとした広報マン雇えよな!

はぁ~スッキリ。では。