【ThinkPad x200s】LENOGE 9セルバッテリー レビュー

9セルバッテリーの裏面

こんにちわ。さすらいモバイラーこと不可思議絵の具です。

以前Amazonで購入したThinkPad x200s用のバッテリーが購入後約3年でヘタってしまったので、新たに互換バッテリーを購入しました。

今度はLENOGEの9セルバッテリーにしました。

スポンサーリンク

開封の儀!

lenogeバッテリー 箱の外観 丁寧に梱包されていた

丁寧に梱包されていて好感が持てます。

9セルの外観写真

箱から取り出したところ。

9セルは6セルに出っ張りが付く 9セルバッテリーの裏面

9セルは6セルのものに比べて出っ張りがあります。

6セルと9セルのサイズ比較

前回購入したロワジャパンの6セルと比べてみました。
上がロワジャパンの6セルバッテリー、下が今回購入したLENOGEの9セルバッテリーです。

6セルバッテリーとの比較 6セルバッテリーとの比較

装着写真

ちょっと出っ張りますが、気になるほどではなかったです。

装着後。確かに出っ張ってはいるが気になるほどではない 装着後。確かに出っ張ってはいるが気になるほどではない

ロワジャパンの6セルは差し込んでもグラついていて、持ち運ぶと外れてしまっているということがありましたが、今度の9セルはガッチリ固定できています。

出っ張りのおかげもあるのでしょうが、そもそも成形の精度が高いようです。

バッテリー情報

バッテリー情報

Lenovo Settingsでバッテリー情報を表示すると、このように表示されました。

状況充電中
残容量パーセント62%
充電完了時間2時間3分
残容量56.84Wh
満充電容量91.42Wh
電圧11.52V
電力20.18Wh
温度25℃
サイクルカウント2
製造元の名称SANYO
製造日4/24/2015
使用開始日3/13/2012
バーコードナンバー1ZJTD22C81D
FRUパーツナンバーCOMPATIBLE
デバイス組成リチウム・イオン
設計容量84.24Wh
設計電圧10.8V
ファームウェア・バージョン0000-0000-0000-0000

実際はサムスン製の充電池が入っているので、内容からすると、純正品のチップ情報をコピーしているようです。

「純正品ではない」旨の警告はありませんでした。

電池の持ち

スポンサーリンク

使用開始は15:13。
この時点で残量93%、6時間30分の表示。

(バッテリー劣化を防ぐため、95%までで充電を止めるようにしています)

バッテリー使用開始

使用開始時の表示

そこからずっと電源を入れっぱなしでブログの更新作業を行っていました。
トイレで席を立つ時以外はずっと触っています。

ただしブログの更新ですので、ディスクアクセスは殆どありません。

ディスプレイの明るさは50%です。

バッテリー終了

残量不足の警告が表示されたとき

21:38に残量不足の警告(残り時間21分)。

実際に6時間30分程度使えることが分かりました。

まとめ

スポンサーリンク

互換品はスタミナがないので突然電圧が落ちるイメージですが、LENOGEのバッテリーは表示に偽りなし。

9セルバッテリーは実際に5~6時間使えました。

もう一点、性能劣化の早さの問題が考えられますが、それは長期間使ってみないと分からないですね。
自分は満充電しないようにして長持ちさせようとしています。

でも、3000円ちょっとなら使い潰してドンドン買い換えるという発想でもいいのかな、とも思っています。

ちなみに、前回交換したときの記事はこちらです。

ThinkPad x200sのバッテリーを交換しました。 Amazonで売っていた互換品ですが、特に問題なく動いています。

軽量ノートといえばPanasonicのLet’s noteが有名ですが、LenovoのXシリーズも質実剛健で良いですヨ!
ゼロスピンドルで軽くて頑丈なので、バックにポイッと入れて持ち運べる手軽さが良いです。
(X200sだと4セルバッテリーで1kg切る。新型になるほど少しずつ重くなっていってるのが納得行かない…)

パーツの交換マニュアルが充実していて部品が入手しやすく、ジャンク品も安心して修理できるのが良いです。
自分は新品で買いましたが、メンテナンス面の安心があります。

特にXシリーズは企業リース上がりの良質な筐体が多いので、中古購入にもってこいです。