Fire HD 8。2017年版と2016年版の違いは?

javipolinario / Pixabay

こんにちは。不可思議”ファイアー”絵の具です。

2017年6月にAmazonからFire HD 8の新型(2017年版:第7世代)が発売されました。
私は2017年7月のプライムセールのときに2017年版を購入しました。

「Amazon Fire HD 8(2017:第7世代)」を買いました! 手にとってみないと分からない部分を中心にレビューしますので、Fire HD 8 タブレットが気になっている方は是非読んで下さい!

発売の少し前に2016年版を買った人はガッカリしているのではないでしょうか(´・ω・`)

ま、安心してください!
むしろスペックダウンしてるんで!www

この記事は2017年版と2016年版を比較することで、

  • 2016年版を買ったばかりで「2017年版を買わなくて良かった」と自分に言い聞かせたい方
  • 2016年版のアクセサリーが2017年版でも使えるか気になっている方
  • これから2017年版を買うか判断する方

こんな方々に向けて書いています。

スポンサーリンク

スペック上の違い

スペック上の違いを一覧にしました。

背景色が黄色の項目は違いのある項目です。
スペックが良い方が太青字、悪い方が太赤字です。

スペック2017年版
(第7世代)
2016年版
(第6世代)
画面サイズ8インチ IPSパネル ノングレア
解像度1280 x 800 (189ppi)
ブラックのみ
プロセッサクアッドコア 1.3GHz

詳細
SoCMediaTek MT8163V/B
CPUARM Cortex-A53
(64-bit クアッドコア 1.3GHz)
GPUARM Mali-T720 MP
RAM1.5GB
Fire OS
バージョン
5.3.35
Android OS
バージョン
5.1.15.1
ストレージ16GB(使用可能領域 約11.1GB)
または
32GB(使用可能領域 約25.3GB)
microSD256GBまで200GBまで
Wi-Fiシングルアンテナ デュアルバンド
802.11 a/b/g/n
暗号化:WEP/WPA/WPA2に対応
アドホックモード非対応
Bluetooth4.1 LE
オーディオデュアルステレオスピーカー(Dolby Atmos)
ヘッドホン端子(3.5 mmステレオジャック)
マイク
カメラフロントカメラ(30万画素/VGA画質)
リアカメラ(200万画素/HD画質)
位置情報GPSなし
Wi-Fi経由の位置情報サービス
センサー加速度計
環境光センサー
ジャイロスコープなし
加速度計
環境光センサー
ジャイロスコープあり
バッテリー12時間
サイズ214 x 128 x 9.7mm214 x 128 x 9.2mm
重量369g341g
付属品USB2.0ケーブル
5W電源充電器
スターターガイド

情報ソース 商品ページ(Amazon)

情報ソース Fireタブレット端末の仕様(Amazon)

違いの要約

違いのあるところだけ抜き出します。
OSのバージョンはバージョンアップでどうにでもなると思うので割愛します。

スペック2017年版2016年版改善?
microSD256GB200GB56GB増量
ジャイロスコープなしありジャイロスコープ廃止
厚み9.7mm9.2mm0.5mm厚い
重量369g341g28g重い
標準価格11,980円12,980円1,000円値下げ

2017年版ではSDカードの容量は増え、価格が安くなりました。
しかし、センサーは減り、重量と厚みは増すという典型的なコストカットモデルです。

何気にジャイロスコープが廃止された事が大きいような気がしないでもないです。

ジャイロスコープ廃止の影響

ジャイロスコープ(ジャイロセンサー)は「角速度センサー」とも呼ばれ、回転や向きの変化を検知するセンサーです。

例えばゲームの「Pokémon GO(ポケモンゴー)」にはポケモンを捕まえるシーンがありますが、これはカメラの映像にポケモンを合成する際、ジャイロスコープで端末の傾きを判断してポケモンのCG映像を調整しています。

これにより、あたかも現実風景の中にポケモンが本当にいるような、いわゆるAR(仮想現実)を演出している訳ですが、ジャイロスコープが無いので、このような事はできなくなりました。

まあ、Fire HD 8にはGPSが無いので、元々ポケモンゴーはまともに動かないのですが、ポケモンゴーでなくとも、タブレットを傾けてハンドルを切る「カーレースゲーム」のようなものは同様に動かないでしょう。

少なくとも2017年版でも画面を回して縦向き・横向きを自動切替することはできていますので、ゲームしない限りは実用上問題ありません。

ゲームをバリバリというよりも、「プライムビデオやKindleをゆったりと楽しんでくれ」というAmazonの割り切りなのでしょう。

外観の違い

画像をそれぞれ別タブで開いて見比べてみてください。

2017年版2016年版
2017年版(第7世代)の外観

2017年版(第7世代)の外観

2016年版(第6世代)の外観

2016年版(第6世代)の外観

<変更点>

  1. 厚みが増えました。
  2. 3.5mmステレオジャックの位置が真ん中寄りに変更されました。
  3. マイク位置も微妙に変更(中央に移動)されています。

端子穴の位置が変わったことにより、2016年版のシリコンケース・TPUケースは使いまわせないでしょう。

また、厚みが増したことにより2016年版の手帳型ケースに収まらない可能性があります。

画面保護シートは同じものが使えるでしょうが、ケースに関しては2017年版対応とハッキリ謳っているものを選んだほうが良いでしょう。

そういう意味では2017年7月現在、間違いなく使えるケースは純正品しかありません。

純正カバーについてはレビュー記事を書きましたので、是非読んでってください!

Amazon Fire HD 8 (2017:第7世代)用純正カバーの使用感をレビューします。

まとめ

2016年版を持っている人は、無理して2017年版を買う必要は無いでしょう。

2017年版で初めてFire HD 8を買う人は、単純に安くなったので良いのではないでしょうか?

Fire HDシリーズはプライム専用端末という位置づけがハッキリし、今後もジャイロスコープが付くことは無いでしょうから、「ゲームを妥協なくやりたい」とか「GPSでカーナビにしたい」という用途であれば、素直に他のAndoroidタブレットを買ったほうが幸せでしょう。

2017年版のことを調べてみたいと思った方は、こちらの記事も読んでみてください。

「Amazon Fire HD 8(2017:第7世代)」を買いました! 手にとってみないと分からない部分を中心にレビューしますので、Fire HD 8 タブレットが気になっている方は是非読んで下さい!

では(^O^)/