さくらのレンタルサーバでのMySQLデータベースの作り方

WordPressを使うためには「データベース」を準備する必要があります。
さくらのレンタルサーバでは「MySQL」というデータベースを使います。

以下、さくらのレンタルサーバでデータベースを準備する手順です。

スポンサーリンク

サーバーコントロールパネルを開く

左側メニューのデータベースの設定をクリック

左側メニューのデータベースの設定をクリック

データベースの新規作成をクリック

データベースの新規作成をクリック

各種パラメータを指定

各種パラメータを指定

データベース
バージョン
5.5のみ (2016/08現在)
データベース
ユーザ名
サーバアカウント名がセットされていて、変更不可
データベース名【アカウント名】_【任意の名称】 とする。

【任意の名称】はブログ名やドメイン名がいいと思います。

例えば、accountというアカウント名で契約していて、domain.comというブログサイトを作ろうと思っている場合、
account_domain.com
てな感じです。

こうしておくと将来ブログを追加(データベースを追加)した時にブログとそれに対応するデータベースがひと目で分かるようになります。

接続用
パスワード
 データベースに接続するためのパスワードです。
WordPressをインストールするときに必要になるので控えておきます。
さくらインターネットの『サーバパスワード』」とは別のものです。
最終的にさくらのレンタルサーバでWordPressブログを作る場合、下記3種類のID/パスワードを管理する必要があります。

  1. サーバID/パスワード
  2. データベースユーザ名/パスワード
  3. WordPressユーザ名/パスワード

自分の場合データベースとWordPressはセットと考え、同じID/パスワードにしています。

データベース
文字コード
UTF-8

デフォルトは【EUC-JP(ujis)】ですが、今はUTF-8が主流です。

各項目を指定したら、「データベースを作成する」をクリックする。

作成後画面

作成後画面

この画面が表示されたら作成完了です。

WordPressのインストール

データベースインストールの次はWordPressのインストールです。
下記の記事で説明しております。

さくらのレンタルサーバへのWordPressのインストール方法を説明します。 さくらのレンタルサーバーではサーバコントロールパネルを使ってWordPressをインストールできます。

関連リンク

コスパで選ぶなら「さくらのレンタルサーバ」!ブログ開設、EC-CUBE、WordPressインストール、ドメイン取得も超簡単!さらに電話サポートも対応で安心。趣味から商用利用まで豊富なラインナップ。2週間の無料お試しも実施しています。
ブログ内から、Web開発に関連する記事をピックアップしています。