ディスプレイの端が黒い・文字がボケている場合の対処法(Windows10)

こんにちは。不可思議絵の具です。

ノートパソコンをディスプレイにつないでみたら、こんな感じで

画面の端が使われていない、文字の輪郭がボケている
  • 画面の端が使われていない
    せっかくなら、この領域も映ったら広く使えるのに……
  • 文字の輪郭がボケている
  • アイコンがやたらとデカい

といった症状の場合の対処方法を説明します。

もくじ(押すと各章に飛ぶ)

対処方法

画面解像度の設定が正しくないので、正します。

STEP
デスクトップの何もないところを右クリック
STEP
表示されたメニューの『ディスプレイ設定』をクリック
デスクトップの何もないところを右クリックし、『ディスプレイ設定』をクリック

【ディスプレイ】画面が開きます。

STEP
下の方の「ディスプレイの解像度」項目を探す
【ディスプレイ】画面が開いたら、下の方の「ディスプレイの解像度」項目を探す
STEP
『数字 x 数字』をクリックして解像度一覧を表示。
(推奨)と併記された項目をクリック
「(推奨)」と併記された解像度をクリック
STEP
「ディスプレイの設定を維持しますか?」と表示されたら、
『変更の維持』をクリック
「ディスプレイの設定を維持しますか?」と表示されたら、 『変更の維持』をクリック

表示どころか画面が暗くなってしまったときは下手に触らず、15秒ほど放置
表示が元に戻ったら、別の解像度を選択して同様に試してゆきます。

設定が正しければ、下記のようになります。

画面端が使われるようになり、文字が小さく・シャープになる
画面端が使われるようになり、文字が小さく・シャープになる
  1. 画面端にも内容が表示されるようになった
  2. 文字が小さく、シャープになった

原因

ディスプレイには、それぞれ最適な画素数(解像度)があります。

  • ディスプレイ表面の「物理的な画素数(ドット、つぶつぶの数)」と、
  • Windows側の「画素数の設定」

が一致するとき、最もシャープに表示されます(この状態は「Dotドット byバイ Dotドット」と呼ばれます)。

逆に言うと、これが一致しないとき、

  • ディスプレイ側で画像が引き伸ばされる
    (文字ボケ・アイコンがやたらと大きく表示される)
  • 画面端が余る
    (画面端が黒くなる)

といった現象が起きます。

解像度の一覧で「推奨」と併記されているものは、「これがDot by Dotだろう」とWindowsが自動認識している値です。

逆に、文字が小さすぎる時は

「表示がシャープになったのはいいが、文字が小さすぎるよ」という場合は、「ディスプレイと解像度」のすぐ上にある「テキスト、アプリ、その他項目のサイズを変更する」のパーセンテージを大きくして調整します。

以上、ディスプレイの端が黒い・文字がボケている場合の対処法でした。

では(^O^)/

お役に立てたらシェアお願いします(^O^)/
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
一番上へ
もくじ(押すと各章に飛ぶ)
閉じる