当サイトで利用中のWordPressプラグイン一覧

WordPressって沢山の便利なプラグインがありますよね。
健忘録を兼ねて、当サイトで使っているプラグインをジャンル別に紹介します。

私はプラグイン管理画面で直接検索してインストールする派なので、各プラグインは名前だけ挙げておきます。インストール画面でプラグイン名をコピペして下さい。

おすすめ度目安:

★★★★★ あらゆるブログにおススメできる
★★★★☆
★★★☆☆ ブログの内容に応じておススメできる
★★☆☆☆
★☆☆☆☆ かなり場所を選ぶが、切れ味鋭いので知っておいたほうが良い

また、当サイトの「WordPressテーマ」はSimplicity2を使用しており、テーマで目的を実現できる場合はプラグインではなくテーマの機能を使っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文章装飾

Crayon Syntax Highlighter

プログラムやコマンドを美しく整形して表示してくれます。
対応言語数が多く、コピペ用ボタンがユーザーフレンドリーです。
ビジュアルエディタで再編集しやすいのもGOOD!

おすすめ度:★★☆☆☆

footnotes

文末やサイドバーに((このような))←これ 注釈を簡単に追加できます。
出典元を文末にまとめたい、カッコ書きでは注釈が長すぎる、ギークっぽく冗談めいた愚痴を書きたい、などに有用。
注釈に含めたい文言を(())で括るだけの分かりやすさが最高!

おすすめ度:★★★☆☆

Page Builder by SiteOrigin

行と列単位で文章やウィジェットを組み合わせてページを構成、いわゆるテーブルレイアウトできるようになる。主にトップページの作成において神。
「SiteOrigin Widgets Bundle」も併せてインストールすると、Googleマップやカルーセル等も組み込めるようになる。これが無料で委員会?

おすすめ度:★★★★☆

Shortcodes Ultimate

通常なら複数のDIVタグやCSSを駆使しなければ作れない、派手なボタンやカルーセル、ツールチップ等を簡単に組み込めるようになる。

おすすめ度:★★★★☆

Table of Contents Plus

神。文章内の見出しを使って目次を自動で作ってくれる。
ウィジェットもあるのでサイドバーに目次を表示できる。
人間用サイトマップが作れる。

おすすめ度:★★★★★

画像関連

DNUI

Delete Not Used Image。
記事で使われていない画像(特に、自動生成されたサムネイル)を一括削除できる。

未使用画像の一覧表が出るので削除ボタンを押すだけの男らしいUI。
画像の確認ができると良いんだけどね…。

俺には便利だが、切れ味が尖すぎて万人にはおすすめできない。

おすすめ度:★☆☆☆☆

EWWW Image Optimizer

画像をアップロードすると自動で最適化(容量削減)してくれる。
非可逆圧縮のJpeg画像でも素人目には劣化が全くわからない。神クオリティ。

ただし、逆を言うと「そのままの状態で観てほしい」「無駄を含め、元のクオリティのまま訪問者に届けたい」という拘りがある『写真サイト』等では入れないほうが良いと思う。

おすすめ度:★★★★☆

Media Library Assistant

画像をタグ管理できるようになる。
自分は毎回使うアイキャッチ画像やアイコンを設定して簡単に探せるようにしています。

おすすめ度:★★★☆☆

OnePress Image Elevator

なんと。ブラウザ上の記事編集画面に直接画像をペーストできる。
例えば解説記事を作りながら画面のスクリーンショットを取って即貼り付けってことができる。HowToサイト作りの強い味方。

有料版を買ってくれと管理画面に都度表示されるウザさが玉にキズ。

おすすめ度:★★★★☆

Pixabay Images

フリー素材集Pixabayの画像を編集画面上から検索・取り込みできる。
とりあえずアイキャッチに外人の写真貼っとけって人におススメ。

おすすめ度:★★★★★

セキュリティ

Akismet

初期状態で入っていますよね。コメントスパムを除去してくれます。
APIキーを取得する必要がありますが、一つ取っておけば全サイトで使いまわせます。

おすすめ度:★★★★★

SiteGuard WP Plugin

ログインページURLを変える、コメント・ログイン画面にCAPTCHAを追加、WordPress更新通知等の機能があります。

特にコメントとログイン画面のCAPTCHAは「ひらがな」の入力が必要なので強力な外人除けになります。日本向けで割り切って良いサイトならAkismetを入れるまでもなく、これだけで99%スパムが来なくなるでしょう。

おすすめ度:★★★☆☆

Jetpack

スパム対策、プロテクト(総当り攻撃の防止)、簡単なアクセス解析、画像CDNのPhoton、短縮URLサービスのwp.meとの連動、SNS自動投稿など、これ一つ入れるだけで「ここまでやってタダで委員会!」とビックリするくらい多機能が追加されます。

但し個別の機能は専用プラグインほどは痒い所に手が届かないので、色々分かってくると物足りなくなります。が、ひとまず全機能ONにしておけばそこらへんの無料ブログなど相手にならなくなるパワーがWordPressに備わりますので、初心者なら、いの一番に入れるべき鉄板プラグインと言えます。

私は現在ではwordpress.comとの連動機能と簡易アクセス解析のみ使用しています。
複数のWordPressサイトのプラグインのインストール・アンインストールが集中管理できるのが大変重宝しています。

おすすめ度:★★★★☆

広告

AmazonJS

Amazon純正のリンクって、正直かなりダサいアレですよね。

これを使うとASINを指定するだけでこんな感じでオシャレに表示してくれます。

但し、Product Advertising APIの取得は一回きりとは言え超絶面倒です。

おすすめ度:★★★★★

カエレバ・ヨメレバ

厳密にはプラグインではないのですが。

カエレバは「物」、ヨメレバは「本」へのアフィリエイトリンクを作成するWebツールです。
便利すぎて神です。

但しカエレバは先日、楽天へのリンクに作者のアフィリエイトIDが意図せず設定されていた(作者に報酬が発生していた)というバグが発覚しました。

大変便利なツールで、無償で公開している作者様には頭が上がりませんが、この事自体はなかなかの大事(おおごと)だと思います。
が、それに対し「今日の分かった:申し訳ございませんでした。」でスルーしている点に関しては、利用者各自で信頼性を判断する必要があると思います。

カエレバにて、運営者のアフィリエイトIDが入ったパーツを生成してしまいました。該当の方は早急に貼り替えをお願いします。 2016年6月(おそらく7/28)以降に 「楽天アフィリエイト」で(「もしも」ではない) 楽天市場の商品をメインにパーツ……

おすすめ度:★★☆☆☆

メンテナンス

All-in-One WP Migration

超簡単バックアップツール。
ボタン一発でデータベース・画像・テーマすべて丸ごと1ファイルにバックアップ・レストア。サーバの引っ越しにも最適。但し無料版は総容量500MB迄。
マルチサイト対応は有料。

おすすめ度:★★★★★

Broken Link Checker

定期的にブログ内のリンクが生きているかチェックしてくれる。
こいつのお陰で機会損失ゼロ。

おすすめ度:★★★★★

Redirection

.htaccessを弄らなくても管理画面上でリダイレクトを設定できる。
404(Not Found)のログも取ってくれるので、定期的に確認してリダイレクト設定に追加する運用ができる。

おすすめ度:★★★★★

Search Regex

ブログ内の文字列を一括置換できる。正規表現使用可。
一つ一つ確認しながらということはできないので、DNUI同様、扱いには注意が必要。

おすすめ度:★★★☆☆

WP Clean Up

不要データ(旧リビジョン、スパムコメント、未使用メタデータ)の削除、データベーステーブルの最適化をボタン一発でできる。

おすすめ度:★★★☆☆

アクセス解析・SEO

Google XML Sitemaps

Googleに定期的にsitemap.xmlを送ってくれる。

おすすめ度:★★★★★

Heatmap UserHeat

UserHeatのIDを設定するだけでタグを自動設置してくれる。

おすすめ度:★★☆☆☆

Search Meter

WordPress標準の検索ボックスの入力履歴を記録できる。

おすすめ度:★★★☆☆

PubSubHubbub

自動的にGoogleに更新通知を送る。
いち早くインデックスしてもらうことはコピーサイトへの牽制などにも有用。

おすすめ度:★★★★★

SNS Count Cache

普通にFacebook等のシェア数を表示すると①訪問者によるページ表示毎に、②都度各サービスに問い合わせるような形になるのでページ表示速度低下の原因になる。
これを入れることで定期的にシェア数を取得・保存することで負荷を軽減する。

Simplicity2テーマを使う場合は入れるだけで良いが、そうでない場合はPHPプログラムの書き換えが必要。

おすすめ度:★★★★☆

CFiltering

「この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます」を表示できるようにする。
訪問者の閲覧行動からオススメ記事を計算するため精度が高い。

…筈だが、訪問者が何の気ナシにクリックすることと記事間の相関関係が高いかは
ある程度手作業で内部リンクを張って訪問者を誘導することも必要と感じる。

Simplicit2yテーマを使う場合は入れるだけで良いが、そうでない場合はPHPプログラムの書き換えが必要。

おすすめ度:★★★★☆

WordPress Popular Posts

記事の閲覧数をランキング表示する。
Simplicity2テーマであればデザインの違和感なく表示できる。

おすすめ度:★★★★★

作成支援

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリやタグを並べ替えられるようになる。
標準で何故付いていないのか不思議なくらい神。

おすすめ度:★★★★★

Contact Form 7

高機能な問い合わせフォームが作れるようになる。

別に高機能は使わないにしても、吊るしの状態で使ってもメールが相当見やすくなるだけで本当に助かる。(純正品は内容が不親切すぎる)

おすすめ度:★★★★★

Duplicate Post

記事をコピーできる。神。

おすすめ度:★★★★★

PS Auto Sitemap

訪問者向けのサイトマップを自動作成できるようになる。
表示デザインがかなり実用的でGOOD。

Table of Contents Plusも同じことができるが、デザインがいまいち。

おすすめ度:★★★★★

Shortcoder

よく使うタグや定型文をショートコードとして登録できる。

おすすめ度:★★★☆☆

Simple Local Avatars

自画像アイコンに自分の画像ファイルを指定できるようになる。
標準だとGravatorとかいう誰得サービスに登録しなければいけない。

おすすめ度:★★★★★

TinyMCE Advanced

記事作成エディタを相当パワーアップできる。
なぜこれが標準で組み込まれていないのか分からないレベルで神。

おすすめ度:★★★★★

TinyMCE Clear

画像の回り込み解除をボタン一発で指定できる。
地味だが、神。

おすすめ度:★★★★★

WP Multibyte Patch

標準添付。日本語をWordPressで扱う上で必須。

おすすめ度:★★★★★

今、試してる

  • Advanced Ads
  • Advanced Ads – Browser Language
  • Advanced Ads – Slider
  • P3 (Plugin Performance Profiler)
  • Speech bubble
  • StaticPress
    記事をHTML化する。
    WordPressでシリウスみたいなペラサイト作りができるようになる?

お世話になりました

  • AdRotate
  • Black Studio TinyMCE Widget
  • CSS & JavaScript Toolbox
  • Duplicator
  • Q2W3 Fixed Widget
    スクロールに追尾するサイドバーが作れる。
    Simplicityに標準装備されていたのでお役御免。

関連記事

Web運営関連記事のリンク集です。こちらも読んでいかれませんか?

ブログ内から、Web開発に関連する記事をピックアップしています。