Git Bashでの漢字の文字化けの直し方

Windowsでのbash環境はGit Bashで勉強中。

色々弄っていたせいだと思うが、lsコマンドのファイル名やvimでテキストファイルを開いた時に漢字が文字化けするようになった。

原因はロケール設定に日本語が指定されていないからだった。
ロケールを設定して日本語を正しく表示できるようにする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロケールの確認 – locale

ロケール設定はlocaleコマンドで確認できる。

↓こんな状態

これらの環境変数に「ja_JP.utf8」を指定すると表示が正しくなる。

ちなみに、locale -aとやると指定できるロケールの一覧が表示される。

ロケールの設定

環境変数の設定 – export

exportコマンドで環境変数を設定する。
(なんでlocaleコマンドで入出力が統一されてないのかね?チグハグだな~)

下記コマンドを逐次実行。

ロケールの再確認

設定後のlocaleコマンドの実行結果はこうなる。

全て、「ja_JP.utf8 」になっている。

lsでの再確認

lsでのファイル一覧の表示も正しくなった。

.bash_profileへ登録

次回からは自動でロケール設定されるよう、.bash_profileexportコマンドを登録。

でファイルを開き、ファイルの頭あたりに

を記述する。

関連記事

Git Bash(Git for Windows)をインストールしたときの記録。

本家GitのWindows版のインストールとリモートリポジトリの作成手順を図解しています。 公式を選定した時の調査過程もあります。

Web開発関連の記事まとめ。

ブログ内から、Web開発に関連する記事をピックアップしています。

Ubuntu 16.04 Serverセットアップ関連の記事まとめ。

Ubuntu 16.04 Serverのインストールの流れを説明します。 内容:①仮想マシンの準備 ②OSのインストール ③ネットワーク設定 ④各種アプリケーションのインストール