【Ubuntu16.04】sshのパスワード省略(ssh-agentの使い方)

良記事でしたか?シェアして頂けると泣いて喜びます!(TдT)

Gustavo_Belemmi / Pixabay
Ubuntuのセットアップに関連する記事は
【まとめ】Ubuntu 16.04 Serverセットアップ関連記事まとめ
既存記事から【Ubuntu 16.04 Server】のセットアップに関する記事を整理して紹介。 仮想マシンの準備 いきなりPCに慣れないUbuntuをインストールするのは躊躇するもの。 Hyper-V仮想マシンにUbuntuをインス...
から辿れるようにしておりますのでこちらもどうぞ。

公開鍵認証方式でSSH接続する時の話。

パスフレーズ(以下パスワード)を登録した公開鍵を使う際は都度、パスワードの入力を求められる。

これはセキュリティ上あるべき動きだが、ぶっちゃけ面倒くさい

wordmoveの様なバッチ処理を流した日には、5回も6回もパスフレーズを打ち込まなければいけないのでたまらない。

これはまさか、パスワードを聞いてきたら都度入力するようなバッチ処理を作らなきゃいけないの? マゾなの?

…んなこたーなかった。

ssh-agentなるものを使えば最初の一回目以降はパスワードを覚えておいてくれる。

スポンサーリンク

使い方

ssh-agentを起動する

Agent pid 20045」の様な文字列が返ってくればOK。

なお、これはログインの都度実行しなければならない(セキュリティ上の都合か)。
自分は ~/.bashrc の末尾にこれを追記して自動実行されるようにした。

パスフレーズを登録する

こう実行するとデフォルトの公開鍵(~/.ssh/id_rss)に対するパスワードを登録する動きになる。
引数に公開鍵ファイルを指定すると、一括登録の動きになる。
これで複数サーバに接続するとか、バッチ処理で矢継ぎ早に各サーバーからファイルを取ってくるみたいな処理を流してもOKだ。

後はいつも通りsshを使うだけ

5行目、最初の例と違いパスワードを聞かれていないのがお分かりだろうか。

参照

server-memo.net様の記事で勉強しました。

ssh-agentを使用した、公開鍵認証方式のSSHパスフレーズ入力を省略する方法です。 ssh-agentとは 簡単に説明すると、公開鍵認証方式による認証を行っているSSHサーバへ接続する際、秘密鍵に設定されているパスフレーズの入力を代わりにやってくれるアプリケーションです。(秘密鍵とパスフレーズはメモリ

当記事は必要最小限の事しか書いておりませんが、もう少し原理などを深掘りしたい場合は上記ページもご覧ください。

スポンサーリンク

他の人はこの記事も見ています

この記事に関連するカテゴリー

さくいんで他の記事を探す

関連記事

良記事でしたか?シェアして頂けると泣いて喜びます!(TдT)

コメントを頂けると泣いて喜びます

最初のコメントを是非お願いいたします!

avatar
wpDiscuz