SerposcopeをUbuntuにインストールする方法

こんにちは。不可思議絵の具です。

SerposcopeをUbuntu Linux 16.04 Serverにインストールする方法を紹介します。

Serposcopeはキーワードに対して自分のサイトが何位にランクインしているか調査する無償ツールです。

Serposcope is a free and open-source rank tracker to monitor websites ranking in Google and improve your SEO performances

今まで順位チェックにはWindowsのGRC 無料版を使っていましたが、無料枠が一杯になってしまいましたので、とりあえず登録枠無制限のSerposcopeを試して、使い勝手がイマイチだったらGRCのライセンスを買おうと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対応OS

Windows版とUbuntu(Debian)版はインストーラーが準備されています。
SerposcopeはJavaで作られているので他のOS(macOS等)でも手作業でインストールできます。

自分はWindowsを使っているのでWindows版でも良いのですが、順位チェックを一日中回したいので年中立ち上げっぱなしのLinuxサーバー機に入れることにしました。

以降、Ubuntu版のインストール手順を説明します。

Ubuntuのインストール

「まずはUbuntuのインストール」という方は下記記事を参考にして、sshログインできる状態まで持っていってください。

Ubuntu 16.04 Serverのインストールの流れを説明します。 内容:①仮想マシンの準備 ②OSのインストール ③ネットワーク設定 ④各種アプリケーションのインストール

Java(JRE)のインストール

Serposcopeの実行にはJava(JRE) 1.8以降が必要です。

Ubuntu Serverをインストールした直後はJavaがインストールされていないのでJavaパッケージをインストールします。

参考 インストールされていない場合の表示:

参考 インストールされている場合の表示:

software-properties-commonパッケージのインストール

この後の手順でadd-apt-repositoryコマンドが必要になるので、それが含まれているsoftware-properties-commonパッケージをインストールします。

リポジトリの追加

JRE 1.8の公式リポジトリを追加します。

ローカルリポジトリの更新

JRE 1.8のリポジトリが取り込まれます。

Javaのインストール

2回、ライセンスに同意するか質問される。

Enter押下で『了解』。

「はい」を選択しEnter押下。

Serposcopeのインストール

ダウンロード

最新版のURLはダウンロードページのダウンロードボタンで確認してください。

wgetコマンドで最新版をダウンロード。

インストール

サービス起動

初ログイン・ユーザー登録

ブラウザで

http://【IPアドレス】:7134/

と打ち込んでSerposcopeの画面を開きます。ポート番号がミソ。

初回ユーザー登録画面が表示されます。

初回ユーザー登録

Serposcope 初回起動画面 1

メールアドレス・パスワードを入力して『Create』ボタンを押下。

初ログイン

改めてメールアドレス・パスワードを入力して『Login』。

初期画面

こんな画面になったらインストール成功。

使い方(他サイト紹介)

使い方は下記サイト様を参照ください。
私もこれから勉強しますwww

無料なのにキーワード無制限で検索順位チェックができるSerposcopeのキーワード登録方法の紹介です。
更新:2016/10/18 前回の記事で検索順位チェックツールである「Serposcope」をMacにインストールする手順をまとめました。 www.weblog-life.net 今回ははじめてのログイン〜初期設定を紹介します。

まとめ

こういった順位チェックツールはGRC が付くほど有名です。

操作が分かりやすくて使いやすいです。

エラーメッセージも丁寧で使い手の疑問を先取りしていたり、作者自身が使い込んで操作性を磨いているのが伝わります。

ただ、結構良いお値段しますので、もう少しSerposcopeで頑張ってみてから本格利用を検討してみようと思っています。

では(^O^)/