私がエックスサーバーを使う理由

良記事でしたか?シェアして頂けると泣いて喜びます!(TдT)

私の前職はシステムエンジニアで、Web系ではありませんが『ハウジング』というレンタルサーバー屋さんに似た業務をやっていました。

『ハウジング』とは要するに、マシンルームのサーバーラックにサーバーを「買って」「置いて」「設定して」「貸す」ことで、私の場合は「会計システム等の業務ソフト」を入れて企業様に貸しますが、レンタルサーバー屋さんの場合は「Webサーバー」を入れて企業・個人様に貸します。

なので、入れるソフトこそ違いますが基本的な考え方は一緒なので、普通の人よりはレンタルサーバー業界の事情が宣伝文句からなんとなく透けて見えます。

そんな私が何故エックスサーバーを選んだのかを書きます。

まだレンサバ選びで消耗してるの?
大差ないってマジで!

まずはレンタルサーバー業界の事情を書いておきます。

あなたは既に様々なレンタルサーバーの企業サイトや比較サイトを見ているかもしれません。
そこには色々な比較項目があったと思います。
料金、ディスク容量、CPU数、メモリ容量、SSL対応、対応言語、サポート体制…。

まだ、決め手に欠けて悩んでいますか?
なぜ悩むのかお教えしましょう。

比較項目が多い上に大差ないからです。
もう、どの会社のサービスも機能は十分に備えています。

何故大差ないのか

レンタルサーバー屋さんは利益を

  • できるだけ安くインターネット回線を借りて
  • できるだけ安くサーバーを買って(借りて)
  • できるだけ安い給料で運用して
  • できるだけ沢山の人を1台に詰め込み
  • できるだけ高く利用料をもらう

ことで得ている装置産業です。

ネット回線・サーバー価格・人件費の相場がある以上「信じられない程の格安」なんてことはできませんし、1台にお客を詰め込みすぎると遅くなりクレームや悪評になります。

文句を言われない程度の品質を保つ為にはそれなりの運用費が掛かります。
だから同一価格帯でできることには限界があるため、他社と差別化しにくいのです。

もし、「信じられない程の格安」が実現されているとしたら、必ず何かが犠牲になっています。例えば、

「耐震補強・消火設備・冷房が完備されたビルにある、
適正管理されたメーカー保証付きサーバー」

「賃貸マンションの部屋にある、
激安パーツをかき集めて作ったデスクトップパソコン」

は、どちらも技術的には問題なく『レンタルサーバー事業』を提供できますが、どちらにお金が掛かるか、どちらにトラブルが多そうかは、なんとなく想像できますよね?
(激安料金だと、後者は十分にあり得ますよ)

いい加減、激安を探して回るのは諦めましょう。

仮にあったとしても、それは玄人が諸々分かった上で使う物です。

本当に大切なのは実用速度と安定性

では、どこに差が出てくるのでしょうか。
それは【実用速度】と【安定性】です。
メニュー表には見えない部分で、使って初めて分かるものです。

私はこの2点に満足してエックスサーバーを使っています。

実用速度

各社、ディスクがSSDだとか、メモリが256GBだとか、上流回線が1,000Gbpsだとか謳っていますが、そんなものはカタログ数値の話です。

メモリ容量が大きかろうが、上流回線が太かろうが、大手サイトの同居人がいれば重いでしょうし、こちらでコントロールできることではありません。

スペック上の回線速度は1,000Gbpsかもしれませんが、「更に上流」の回線速度が実は250Gbpsしか無くて実質250Gbpsしか回線速度が無いかもしれません。

数値上のスペックが表面上高くても、軽自動車のボディにフェラーリのエンジンを積んでもまっすぐ走れないようなもので、バランスが取れていないとパフォーマンスは出ません。

要は「実用で速いか遅いか」。
実際にブラウザーでサイトを開いたときにサクサク見られるかどうか。

これしかありません。

もちろん、私はエックスサーバーの速度に満足しています。

口コミが無い=安定

2ch辺りでは「アフィリエイト報酬高いからエックスサーバー推しなんだろ」とか腐してる奴がいますが、ぶっちゃけ別に高くありません。

純粋に報酬だけならNTTPCのレンタルサーバーとかKDDIのCPIとかの方が何倍も良いです。

ただ、色々と調べてきたなかでエックスサーバーが

遅くて使い物にならないという感想は無かったでしょう?
突然止まって迷惑したという感想は無かったでしょう?

ただし、負荷が掛かって追い出されたという話はあったかもしれません。
プラスに捉えると価格に見合わない大口客を外してバランスを取っているという見方もできます。

そしてよくよく思い返してみてください。
そもそも口コミ自体が少なかったでしょう?

一方で他の会社に関しては明確なネガティブ意見が結構あったと思います。

人って嫌な目に遭ったことはどうにかして残したがるものですけど、普通に使えている分には無口ですからね。
それが答えです。

その地味さが【安定性】であり、本気でサイト運営する上では大切な要素の一つです。

当サイトでは

2016年8月に当サイトをロリポップからエックスサーバーに移して半年以上経ちましたが、未だかつてサーバートラブルが発生したことはありません。

機能も十分で

  • ブログ運営に必要なWordPressはワンプッシュでインストールできる
  • 昨今のSEOトレンドのHTTPSもワンプッシュで設定できる
    (→参考記事
  • マルチドメイン無制限なのでブランド分けも無限
    サブドメインもワンプッシュで設定できるのでサブブランドの準備も簡単
  • PHP7に対応していてWordPressの動作が速い

普通のブログサイトを運営する上で何も不足を感じていませんし、今後の拡張にも十分に備えられます。

長々と失礼しました。
改めて公式サイトをどうぞ。

エックスサーバー

コメントを頂けると泣いて喜びます

最初のコメントを是非お願いいたします!

avatar
wpDiscuz