Windows10標準機能でISOファイルを開く方法(マウント方法)

TheJadedEye / Pixabay

ネットからダウンロードしたファイルが.isoという拡張子だった。
CD仮想化ソフトで作った.isoファイルをWindows10で開きたい。
何故か手元にあるムフフな動画ファイルを見たいw

こんな時に読んでください。

スポンサーリンク

拡張子 iso とは

拡張子 .iso のファイルはCD / DVD / BD(以下、光学ディスク)をファイル化したものです。
neroなどのライティングソフトで作成できます。

これらファイルは実際の光学ドライブと同様、「仮想ドライブ」に差し込むことで使えるようになります。これを「マウント」と呼びます。

なお、別のISOファイルを使う時は本物と同様、既に差し込まれたISOファイルを一旦ドライブから取り出す必要があります。これを「アンマウント」と呼びます。

Windows10は標準で .iso ファイルをマウントできる

以前は拡張子が .iso のファイルを使うには別途ツールが必要でしたが、Windows10は標準でマウントできます。

ISOファイルを右クリックするとメニューに「マウント」があります。

ISOファイルはメニューに「マウント」項目

選択するとエクスプローラー上にDVDドライブが現れます。

DVDドライブが増える DVDドライブが増える

あとは通常のCD/DVDと同様に操作できます。
また、「取り出し」することでアンマウントできます。

通常のCD/DVD/BDと同様に操作できる

通常のCD/DVD/BDと同様に操作できる

メニューに「マウント」が無いとき

エクスプローラーに拡張子.isoが関連付けされていないと右クリックメニューに「マウント」が現れません。

その場合は下記の方法で関連付けします。

isoファイルのプロパティを表示

関連付けのやり方 1

  1. 拡張子が iso のファイルを右クリックします。
  2. 右クリックメニューの「プロパティ」を選択します。

『変更』ボタンをクリック

この例では「Explzh」がisoファイルに割り当てられています。

関連付けのやり方 2

エクスプローラーを選択

関連付けのやり方 3

  1. エクスプローラーをクリック
  2. 『OK』ボタンをクリック

以上の操作で「マウント」が右クリックメニューに現れるようになります。