【Ubuntu】ローカル環境のWordPressの更新が上手く行かないときの対応

良記事でしたか?シェアして頂けると泣いて喜びます!(TдT)

Gustavo_Belemmi / Pixabay

ローカル環境に立ち上げたWordPressにて、プラグインの更新時にエラーになる場合、ファイルのパーミッションが不足している可能性がある。

スポンサーリンク

事例

【Ubuntu 16.04 Server】WordPress環境を構築
Ubuntuのセットアップに関連する記事は から辿れるようにしておりますのでこちらもどうぞ。 セットアップ直後のUbuntu 16.04 ServerにWordPress環境を構築したときの記録。 の続き。 前回...

の手順で作成したテスト機サイト。
当初のファイル権限は

  • ユーザーは保守用ユーザー
  • グループはwww-data
  • アクセス権はユーザー・グループ・その他に等しく読み書き可能

という状態だった。

※主要ファイル以外省略

このテスト機サイトにwordmoveでデータを流し込んだ際、アクセス権が変わってしまったためプラグインの更新が正常に動かなくなった。

  • グループが保守用ユーザーに変わってしまった
  • グループの書き込み権限が失われた

根本原因

原因1:Apacheがファイルにアクセスできない

Ubuntuの場合Apacheはwww-dataグループが動かしている。
従って、WordPress関連ファイルは最低限グループをwww-dataにしておく必要がある。

対応

こんな感じでグループをApacheがアクセスできる物に変更すると上手く行くかもしれない。

原因2:グループに対する書き込み権限が無い

次に、www-dataグループに対する書き込み権限の不足が考えられる。

対応

を実行し、各ファイルにグループ書き込み権限を付与してみる。

コメントを頂けると泣いて喜びます

最初のコメントを是非お願いいたします!

avatar
wpDiscuz