福岡県の自動車税をLINE Payで払ってみた

お金
スポンサーリンク

こんにちは。 不可思議絵の具です。

福岡県の自動車税をLINE Pay(銀行チャージ)で払ったので、そのときにやったことをまとめました。

 

LINE Payを使うとコンビニや銀行に足を運ばずに自動車税を支払えます。

また、現在開催中の300億円祭りで1,000円もらっておくと、自動車税が少しお得になります。

福岡県の方で自動車税を払うのがまだの方、試してみませんか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

福岡県はLINE Payで自動車税が払える

今年も自動車税の季節がやってきましたね……(;´Д`)ハァ

うちにも自動車税の納税通知書が来ました。

何が嫌かって、サイフの痛さもさることながら、いちいちコンビニ行ってATMで大金おろして、レジが混んでないか気を遣って現金払いするのが毎回おっくうなんですよね。

かといって、クレジットカード払いだと手数料取られるし、口座振替は毎回申し込み忘れるし……。

しかし、今年(2019年)から福岡県ではLINE Payによる支払いができるようになりました!

 

さらにLINEポイントは付かないながらも手数料不要

これを使わない手はない。

もしかして、LINE PayにクレジットカードでチャージしてからLINE Pay払いすれば、コンビニに行かずに済むうえに、カードのポイントが付くのではないか?ウヒヒ

という欲も出てきたので、今年はLINE Payのことを調べて自動車税を払ってみることにしました。

結果から言うと、自動車税をクレジットカード払いするのは断念しました。
(理由は後述

LINE Payの良いところ

何と言っても家に居ながらにして自動車税を払えること。

  1. 銀行からLINE Payにチャージ
  2. LINE Payで納税通知書のバーコードを読み取って支払い

これがオンラインで完結します。

  • コンビニに行かずに済む!
  • ATMから大金を下ろさず済む!
  • レジの混み具合を気にしなくていい!

また、現在は「300億円祭り」が行われているので、これでもらった1,000円を税金の支払いにあてて少し安くできます。

LINE Payのダメなところ

な っ な ん と ・ ・ ・ ! ! !

現状、クレジットカードでチャージできません

銀行からのチャージかコンビニ窓口での現金払いのみです。

正確にはクレカも登録できますが、ごく一部のオンラインショップ?にしか使えません。

意味分からん……クレカOKのPayPay見習えよ……。
真剣にガッカリしました。

 

凄くシンプルに書きますと、原則、コンビニ窓口でのチャージは現金しかダメなんですよ。

ただし、ファミマTカード」を持つ人に限り、ザックリ以下の手順でクレカチャージできるようです。

  1. LINE Payでコンビニチャージを指定
  2. ファミリーマートに行き、ファミポートで金額入力
  3. ファミポートで出したレシートをレジに出し、ファミマTカードで払う

しかし、

  • 結局コンビニに足を運ぶ必要がある
  • ファミマTカードを持っていない。発行まで待てない
    (というか、あと何日か(5月末)で募集終わるじゃないか!)

以上の理由から、私はクレジットカードによるチャージを断念しました。

興味のある方は↓のページで詳細に解説されていますので、参照ください。

支払いの流れ

さて、クレジット払いは断念しましたが、家で払える便利さは変わりません

300億円祭りでもらった1,000円も活用したいですし。

気を取り直してLINE Payで自動車税を支払いました。

 

以下、LINE Payの開設から自動車税の支払いまでの流れの説明ですが、内容は大きく以下の通りです。

  1. LINE Pay開設
  2. 300億円祭りで1,000円もらっておく
  3. 銀行口座からチャージ
  4. 請求書払い画面で自動車税を払う

では、各項目を説明してゆきます。

①LINE Pay開設

LINE Payを開設し、「銀行口座を使った本人確認」を済ませます。

開設の操作手順は↓の記事で説明しています。

本人確認は「300億円祭りで1,000円もらう」のと「銀行口座チャージ」のために必須です。
本人確認は少々面倒くさいです。
作業時間は15分くらい見ておいた方が良いでしょう。

②300億円祭りで1,000円もらっておく

LINE Pay口座を開設する中で、LINEがウザいくらいに300億円祭りのことを勧めてくると思います。

飛んできたトークからページを開いても良いですし、↓からも300億円祭りのページを開けます。

これを使って配偶者や友達から、なんとか1,000円もらってください。

③銀行口座からチャージ

銀行口座からLINE Payにチャージします。

操作手順は↓の記事で説明しています。

私の場合、自動車税は39,500円だったので、300億円祭りでもらった1,000円を差し引いた38,500円をチャージしました。

④請求書払い画面で自動車税を払う

「請求書払い」で自動車税納付通知書のバーコードを読み取り、お金を払います。

操作手順は↓の記事で説明しています。

無事、もらった1,000円も使い自動車税を払うことができました。

まとめ

以上、福岡県の自動車税をLINE Payで支払う流れを説明しました。

正直言って本人確認は面倒でしたが、300億円祭りに上手く乗っかれて税金が1,000円安くなったのはラッキーでした。

また、福岡県ならびに福岡市は特に積極的にLINEを活用しており、福岡市に関する税金(軽自動車税、市民税、固定資産税など)もLINE Payで払えますから、今後、活用の幅が広がります。

福岡市 「LINE Pay 請求書支払い」での納付

 

なお、LINE Payのザックリとした理解には公式サイト、

使い方のヘルプとしては公式ブログがよくまとまっていると思います。

では(^o^)/

タイトルとURLをコピーしました