生活と雇用を守るための支援策(首相官邸)

Explzhの「ZoneIDブロック解除」メッセージを非表示にする方法

この書庫ファイルは別のコンピュータから取得したものです。 展開後のファイルは ZoneID でマークされ、このコンピュータを保護するためにブロックする可能性があります。『ブロック』『ブロック解除』『キャンセル』『ヘルプ』トラブル解消

こんにちは。不可思議絵の具です。

Windows10に切り替えてから気づいたのですが、神解凍ツール【Explzh】で書庫内のファイルを開くたび、下図の警告が表示されるようになりました。

この書庫ファイルは別のコンピュータから取得したものです。 展開後のファイルは ZoneID でマークされ、このコンピュータを保護するためにブロックする可能性があります。『ブロック』『ブロック解除』『キャンセル』『ヘルプ』

この書庫ファイルは別のコンピュータから取得したものです。

展開後のファイルは ZoneID でマークされ、このコンピュータを保護するためにブロックする可能性があります。

『ブロック』『ブロック解除』『キャンセル』『ヘルプ』

『ブロック解除』を押せば開きますが、このひと手間が面倒!

 

結論から先に言いますと、この警告はExplzhの設定変更で非表示にできます

設定変更手順は以下のとおりです。

  1. Explzhを開く
  2. メニューバー ▶ ツール ▶ オプション をクリック
    メニューバー ▶ ツール ▶ オプション をクリック
  3. 解凍オプションを変更する
    『NTFSのZoneIDを維持して展開』のチェックを外し、『OK』をクリック   

    1. 解凍オプション をクリック
    2. 「基本オプション」内の『NTFSのZoneIDを維持して展開』のチェックを外す
    3. 『OK』ボタンをクリックし、オプションを閉じる

以上で完了です。

以降、書庫内のファイルを開いても警告が出ません。

参照 オンラインヘルプ(公式サイト)

 

本文としては以上ですが、もう少し詳しく知りたい方は、残りの文章をお読みください。

スポンサーリンク

設定変えても大丈夫なの?

この警告メッセージはWindowsが

  • インターネットからダウンロードしたファイルに
  • ZoneIDゾーン・アイディー(ゾーン識別子しきべつし)】という「目印」を付ける

ことが原因で表示されています。

Windowsの立場から見ると、

インターネットからダウンロードしたファイルはウイルスが仕込まれている危険がある!
利用者の注意を喚起するために「ZoneID」を付けておこう!
各アプリさんは ZoneID を見つけたら警告を表示してね!
(でも、対応が面倒ならいいよ!)

という親切心で、書庫に ZoneID を付けてくれています。

 

そして、Explzhは「『ZoneID』をちゃんと見ている」ので警告が表示されてしまう、という流れです。

警告を非表示にするということは、最後の砦を取り外すことを意味しますので、セキュリティの観点では良くありません

出どころが明確な書庫を扱うよう注意しなければなりません。

参照 NTFS の ZoneID の付いた書庫ファイルについて(公式サイト)

問題を根本解決するには

ファイル解凍ソフトをExplzhで統一しているなら、これで問題は9割がた解決しますが、他のソフトでファイルを開くときにZoneID由来の警告が出るかもしれません。

ZoneIDはWindowsが付加するものですから、根本解決には

  1. ZoneIDを付加しないようWindowsを設定する
  2. すでに付加されたZoneIDを削除する

といった対応が必要になります。

具体的な手順は👇の記事に書いておりますので、キッチリやりたい方はご覧ください。

ダウンロードしたファイルのブロックを解除する方法
Windows10でダウンロードしたファイルの「①ブロックを解除する方法」と、「②今後ブロックしないようにする設定(根本対策)」を説明します。 一発で設定できるレジストリファイルもあります。

以上です。
では(^o^)/

タイトルとURLをコピーしました