生活と雇用を守るための支援策(首相官邸)

ダウンロードしたファイルのブロックを解除する方法

Windows10の小技
ndemello / Pixabay

こんにちは。
至高のダウンローダーこと、不可思議絵の具です。

ダウンロードしたファイルがいちいち「ブロック」されていてイライラしませんか?

私は滅茶苦茶イライラするので、ブロック機能を切りました。

 

Windows10でダウンロードしたファイルの

  1. ブロックを解除する方法
  2. 今後ブロックされないようにするための設定

を紹介します。

 

これはセキュリティを低下させる設定なので理解して使って下さいね!
スポンサーリンク

ことの発端

Windows10に切り替えてから気づいたのですが、神解凍ツール「Explzh」で書庫内のファイルを開くたび、

この書庫ファイルは別のコンピュータから取得したものです。 展開後のファイルは ZoneID でマークされ、このコンピュータを保護するためにブロックする可能性があります。『ブロック』『ブロック解除』『キャンセル』『ヘルプ』

この書庫ファイルは別のコンピュータから取得したものです。
展開後のファイルはZoneIDでマークされ、このコンピュータを保護するためにブロックする可能性があります。

『ブロック』『ブロック解除』『キャンセル』『ヘルプ』

と表示されるようになりました。

その他、開発作業中に謎の読み取りエラーが発生したかと思えば原因がこれだったり…。

 

ちょっと、割り込み失礼します(^人^)

この記事は「Windows全体でのブロックの解除方法」という内容ですが、

Explzhさえ警告が出なくなれば、それで十分!
警告が出てくるのはExplzhだけだし!

という場合は、「Explzhの設定変更で『ブロックを無視する』」こともできます。

こちらの方が圧倒的に手順が簡単なので、まずは👇から試してみるとイイかもです。

割り込み、失礼しました。
続きをどうぞ!

ブロックの原因

こういった「ブロックの警告」は、Windowsが「ネットからダウンロードしたファイル」に「ゾーン識別子」という『マーク』を自動的に付けることが原因で表示されます。

ネットからダウンロードしたファイルには、ウイルスが仕込まれている可能性がある。
利用者の注意を喚起するために、「マーク」しておこう。
各アプリは「マーク」を見つけたら警告を表示してブロックしてください。

という考え方です。

ブロックを解除する方法
(1ファイルのみ)

ファイルのプロパティで「ブロックの解除」すると『マーク』を外せます。

  1. 「ブロックの解除」にチェックを入れる
  2. 「適用」又は「OK」ボタンを押す

ブロックを解除する方法
(複数ファイルを一括で)

2通りの方法がありますので、自分の状況に応じて選んで下さい。

方法○ メリット✕ デメリット
ZIP圧縮する簡単
分かりやすい
何度もできない
(ファイルを集める必要がある)
ツールを使う何度でもできるツールのダウンロードが面倒
ややこしい

ZIP圧縮する方法

まず、ZIP圧縮する方法です。

ZIP圧縮するとゾーン識別子が失われる仕様を利用します。

  1. ブロックを解除したいファイルを1つのフォルダーに集める
  2. このフォルダーをZIP圧縮する
  3. ZIPを解凍する

これでブロックが一括解除されます。

この方法が一番分かりやすくて簡単なのでオススメですが、ほうぼうにファイルが散らばっている場合、元のフォルダに戻すことを考えると厳しいです。

ツールを使う方法

次に、ツールを使う方法です。

この方法は何度でも、何処にあるファイルでもブロック解除をできますが、ツールのダウンロードとコマンドを打ち込む手間があります。

 

Microsoftが公開する「Streams」コマンドを使います。
コマンドに解除対象のファイル又はフォルダーを指定します。

  1. Windows SysinternalsからStreamsをダウンロードします。
  2. 適切なフォルダに解凍します。
  3. コマンドプロンプトを起動し、Streams.exeを以下のように実行します。
    【Streamsを置いたフォルダ】streams.exe -s -d 【解除したいディレクトリ】

    オプションの意味:

    -sサブディレクトリも対象にする
    -dストリームを削除する
初回起動時はライセンス確認が表示されますので、『Agree』ボタンを押します。

 

私の場合の実行例です。

C:\Users\fuka>c:\Usr\LocalSync\Bin\file\streams.exe -s -d X:\test

streams v1.60 - Reveal NTFS alternate streams.
Copyright (C) 2005-2016 Mark Russinovich
Sysinternals - www.sysinternals.com

X:\test(?? ???)\test (8?9??????????????? ???????????).avi:
   Deleted :Zone.Identifier:$DATA
X:\test(???)\[??????] test.zip:
   Error deleting :Zone.Identifier:$DATA:
?????????????

Deleted :Zone.Identifier:$DATA」と表示されていれば成功です。

私の場合、あまりに胡散臭いファイルだからか?
共有フォルダ越しだったからか?
失敗することもありました。
その場合は「Error deleting :Zone.Identifier:$DATA:」と表示されます。

英語圏のソフトなので漢字ファイル名は化けて表示されますが、一応動きます(^^;

今後ブロックされないようにするための設定

このように、いちいちブロックを解除するのは大変です。

セキュリティ上ありがたい機能ではありますが、私にとっては邪魔でしかないので、今後はブロックされないよう、機能を完全停止して根本対策しました。

レジストリファイルの配布

機能停止するためにはレジストリの修正が必要ですが、作業が面倒ですよね。

修正用のレジストリファイルを配布しますのでお使いください。

※手動で修正したい方は【内容解説】まで読み飛ばして下さい。

ダウンロード

レジストリファイルの使い方

では、使い方を説明します。

  1. 上記ボタンからZIPファイルをダウンロードて適当な場所に解凍
    ブロック停止.reg」「ブロック停止.reg」のの2ファイルが解凍されます。
  2. ZIP内の「ブロック停止.reg」を右クリックして「結合」をクリック
    2016-11-13_16h03_26
  3. 「はい」をクリック
    2016-11-13_16h25_12
  4. 「OK」をクリック
    2016-11-13_16h25_23
  5. PCを再起動

 

以上で、今後ダウンロードされるファイルに関してはブロックマークが付かないようになります。

元に戻すには「ブロック開始.reg」を同様に実行します。

レジストリファイルの内容解説

詳しく知りたい方だけ、開いて読んでください(クリック・タップで表示)

HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Attachments
が機能停止/開始のフラグです。

SaveZoneInformationキーにDWORD値で

  • “1”を指定すると「停止」
  • “2”を指定すると「開始」

になります。

 

ブロック「停止」の設定です。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Attachments]
"SaveZoneInformation"=dword:00000001

 

ブロック「開始」の設定です。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Attachments]
"SaveZoneInformation"=dword:00000002

まとめ

以上、Windows10でダウンロードしたファイルの

  • ブロックマーク(ゾーン識別子)が付く理由
  • ブロックを解除する方法
  • 今後ブロックされないようにするための設定

を説明しました。

一発設定用のレジストリファイルは我ながら便利ですから、使ってください!

 

なお、「ゾーン識別子」について詳しく知りたい方は下記ページを参照ください。

参考 Windows XP SP2のZoneIdとは? (@IT)

streamsコマンドを更に詳しく調べたい方は下記ページを参照ください。

参考 Windows 10で、ダウンロードしたファイルのブロック設定を解除する (@IT)

参考 streamsコマンドでNTFSの代替データ・ストリーム情報を表示/削除する (@IT)

以上です。
では(^O^)/

タイトルとURLをコピーしました