【Ubuntu 16.04 Server】WordPress環境を構築

良記事でしたか?シェアして頂けると泣いて喜びます!(TдT)

Gustavo_Belemmi / Pixabay
Ubuntuのセットアップに関連する記事は
【まとめ】Ubuntu 16.04 Serverセットアップ関連記事まとめ
既存記事から【Ubuntu 16.04 Server】のセットアップに関する記事を整理して紹介。 仮想マシンの準備 いきなりPCに慣れないUbuntuをインストールするのは躊躇するもの。 Hyper-V仮想マシンにUbuntuをインス...
から辿れるようにしておりますのでこちらもどうぞ。

セットアップ直後のUbuntu 16.04 ServerにWordPress環境を構築したときの記録。

【Ubuntu 16.04 Server】のセットアップと初SSH接続まで
Ubuntuのセットアップに関連する記事は から辿れるようにしておりますのでこちらもどうぞ。 Windows10 ProのHyper-VにUbuntu 16.04 Serverをインストールするための手順。 Ubuntu Serv...

の続き。

前回はUbuntu Serverを最小限の状態でセットアップした。
今回は

  • WordPressの動作に必要なソフトを追加インストール
  • WorpPressのインストールと設定

を行う。

なお、記事の目的と適用条件は以下の通り:

目的 WordPress専用機
URL【https://ygkb.jp.lan/】でWordPress画面が開くようにセットアップ開発目的で動けば良い
ファイアウォールなどセキュリティ面の設定は省略
本番環境では実践しないでください
条件 処理系:PHP7
DB:MySQL5.7
Webサーバー:Apache2
スポンサーリンク

追加インストール

WordPressの動作に必要な以下のソフト(ミドルウェア)をインストールする。

  1. PHP
  2. MySQL
  3. Apache2

インストールコマンド実行。

1行目…リポジトリを最新にする
2行目…インストール実行。php-と付くものはよく使われるPHPの拡張モジュール。
レンタルサーバーに必ず入っているようなものはあるはず。

MySQLのrootパスワード

途中、MySQLの管理者(root)のパスワードの入力を求められる。

空にすると、インストール中にしつっこく「良いのか?危ないぞ?」と割り込んでくるので、適当に何か入れとく。

MySQLの設定

ログイン

mysqlコマンドでMySQLにログインする。

インストール時に設定した(MySQLの)rootパスワードを入力する。

データベース作成 – CREATE DATABASE

ここではwordpressという名前で作っている。

常用ユーザー作成

WordPress用のユーザーを作成する。

ここではygkb_techoというユーザーを作り、先ほど作成したwordpressデータベースへのアクセス権限を全て与えている。

ユーザー作成 – CREATE USER
権限を与える – GRANT ALL ON

DB名の後の「.*」はDB内の全てのオブジェクトという意味。

権限情報の即時反映

稼働中のDBに設定変更結果を即時反映させる。

確認 – SHOW GRANTS FOR

quitでMySQLコマンドを抜ける。

WordPressインストール

UbuntuにおけるApacheのデフォルト設定をまとめておく。

  • ルートディレクトリ:/var/www/html
  • グループ・所有者共にroot

作業ユーザが読み書きでき、Apache(ユーザ:www-data)は一部ディレクトリを除き読み取り専用にする方針。

最新版入手

作業用ディレクトリに移動
日本語版WordPress最新版の入手

ダウンロード

解凍

/tmp/wordpressディレクトリが出来ている。

公開用ディレクトリの準備

.htaccessを作る。後でWordPressが書き込むので空で良い。
WordPressが書き込めるようにグループ書き込み権限を加える。

サンプルをコピーして設定ファイルの雛形を作る。

自動更新用ディレクトリを作っておく。

/var/www/html内にwordpressディレクトリをコピーする。
コピー元ディレクトリに .(ドット) を付けるとファイル名先頭にドットを含むファイルもコピーしてくれる。

wordpressディレクトリ以下の所有者をログインユーザーに変更する。

WordPress本体のバージョンアップ、テーマ・プラグインのインストール、翻訳のインストールができるようにグループに書き込み権限を与える。

設定ファイル(wp-config.php)の修正

WordPressインストール先ディレクトリに移動。

wp-config.phpを修正する。
修正箇所は

  1. 認証用ユニークキー
  2. データベース設定
  3. ファイルアクセス方法

の3箇所。

データベース設定

という箇所を探し、先程MySQLに設定したDB名、アクセス用IDとパスワードを記入。

認証用ユニークキー

という箇所を探し、

を実行した結果を貼り付ける。

ファイルアクセス方法

Apacheに直接ファイルアクセスさせるようにしてプラグイン更新時の認証を不要にする。
前段でwordpressディレクトリにグループ書き込み権限を与えたのはこのため。
Apacheはwww-dataグループに属しているため、書き込めるようになる。

を探し、その手前に

を記入する。

Apache設定

apache2.confの変更

設定ファイルをのバックアップ。

設定ファイルを編集。

の下に

を追加。

動作チェック。

mod_rewrite有効化

WordPress用の設定を作る

デフォルト設定のコピーを取る。

設定ファイルを開き、ドキュメントルートをWordPress用ディレクトリに指定する。

デフォルト設定を無効。

WordPress用設定を有効。

Apacheサービスを再起動。

動作確認

ブラウザでhttps://ygkb.jp.lan/を開き、WordPress初期画面が開くことを確認。

関連記事

【まとめ】Ubuntu 16.04 Serverセットアップ関連記事まとめ
既存記事から【Ubuntu 16.04 Server】のセットアップに関する記事を整理して紹介。 仮想マシンの準備 いきなりPCに慣れないUbuntuをインストールするのは躊躇するもの。 Hyper-V仮想マシンにUbuntuをインス...
【Windows】VagrantとVCCWでWordPress開発環境を作る
Windows10 ProにVagrantを入れ、VCCW(WordPress開発用仮想マシン)が動くようにするまでの記録。
Blog内から、Web開発に関連する記事をまとめています。レンタルサーバネタエックスサーバームームードメインで取得したドメインを使う方法ドメインは、Webサーバーはを使っています。ムームーで取ったドメインは同系列のでしか使えないなんてことは
スポンサーリンク

他の人はこの記事も見ています

この記事に関連するカテゴリー

さくいんで他の記事を探す

関連記事

良記事でしたか?シェアして頂けると泣いて喜びます!(TдT)

コメントを頂けると泣いて喜びます

最初のコメントを是非お願いいたします!

avatar
wpDiscuz