【朗報】Windows10の無償アップグレードはまだできる

Pezibear / Pixabay

こんにちわ。不可思議絵の具です。

以前、別の記事で「Windows10への無償アップグレードは完全に終わってしまった」と書きました。

無償アップグレードに必要なインストーラーがダウンロードできなくなったからです。

関連記事 Windows10の無償アップグレードは今度こそ終了

しかし時が経ち、いつの間にやら再び無償アップグレード用インストーラーが配布されるようになっていました。

無償アップグレードキャンペーンをスルーして後悔している方。
今度こそ、最後のチャンスかもしれませんよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今までの経緯

2016年7月29日に無償アップグレードのキャンペーンが終了してから、暫くの間「障碍者向け支援技術製品」を必要とする場合は無償アップグレードできるということで、特設ページでアップグレード用のインストーラーが配布されていました。

しかし2017年3月19日頃、ついにインストーラーへのリンクが削除されてしまい、問い合わせ窓口への申込みが必要となりました。

対象者が「障碍者向け支援技術を本当に必要とする方」のみに絞られたということです。

いや、建前上、元々誰でもダウンロードできる訳ではなかったんですけどね(; ・`ω・´)

アップグレード用インストーラーの配布ページ(最新)

インストーラーへのリンクが削除されたというよりは、URLが変更になったようです。
下記ページにてアップグレード用のインストーラーをダウンロードできます。

参照 https://www.microsoft.com/ja-jp/accessibility/windows10upgrade/

前回、直リンクしたために対策されてしまったような気がするので、今回は敢えてリンクしません。
お手数ですがURLをコピペして開いてください。

ページを開き、『今すぐアップグレード』ボタンをクリックするとセットアップEXEをダウンロードできます。

後はセットアップEXEを実行し、画面の指示に応じて操作してゆくのみです。

プロダクトキーの入力は基本的に不要なようですが、もし質問された場合は

  • パソコン本体に貼り付けられているシール
  • Windows7/8.1のメディアに付いているシール

に書かれたプロダクトキーを入力してください。

Windows10をクリーンインストールしたい時は?

上記のアップグレード操作を行うことにより、元々使用していたWindows7/8.1のライセンスがWindows10に紐付けられます

以降は「メディアクリエイションツール」を使って作成したインストールメディア(DVD/USB)を使ってWindows10をクリーンインストールできるハズです。

参照 Windows 10 のダウンロード(メディアクリエイションツール配布ページ)

Windows10はハードウェア構成を覚えてくれていますので、アップグレード時と同じパソコンであれば、特にプロダクトキーなどは聞かれずにクリーンインストールできるハズです。

ハズ、ハズとフワフワしててすみません。
実際に確認しておりません。
理屈を書いているだけですので、予めご了承ください。

まとめ

さて、この救済措置もいつまで続くかは不明です。

Windows11が出たとき?
マイクロソフト的にインストール台数が目標達成したとき?

いずれにせよ、今まで後悔していた方は最後のチャンスと思って、早めに動いたほうが良いのではないでしょうか?

ただし、Windows10では増える機能もありますが、減る機能もあります。

新しいものは基本的に良いことばかりのハズですが、自分にとって必要なものが無ければ意味がありません。

焦ってアップグレードする前に、下記の記事で変更点の詳細を確認ください。

Windows7からWindows10への切替を考えている方に向けて、機能の違いを比較してまとめました。 Windows7に対して強化された機能、Windows10で追加・廃止される機能を紹介します。 移行の是非を判断する一助になれば幸いです。

では(^O^)/