【レビュー】ロジクール SW-M570 ワイヤレストラックボール

Amazonセール情報
とりいそぎ情報のみ!

こんにちわ。不可思議絵の具です。

ロジクールのワイヤレストラックボール、「SW-M570」の購入後レビューです。

現時点では完全に慣れていないので操作がぎこちないですが、今までの悩みだった「手首の痛み」の改善を大きく感じており、これは練習してモノにする価値は大いにあるな、と感じています。

私は仕事柄、一日中パソコンの前に座ってキーボードを打っています。
学生時代はそれこそ、寝ているとき以外はずっとパソコンを弄っていました。

若い頃はそれが何とも無かったのですが(「肩こり」がどういう現象さえ分からなかった)、歳を取るにつれて「肩こり」と、それに連動する「頭痛」、そしてマウスで手首に負担が掛かり「腱鞘炎」に悩まされるようになってきました……。

そこで、近頃は色々と近頃色々と作業環境の改善をしておりまして、その一環で今まで気になっていたけれど手が出せなかった「トラックボール」を使ってみることにしました。

スポンサーリンク

トラックボールとは

「トラックボールって何?」という方も居られると思いますので、軽く説明します。

おなじみの「マウス」は手のひらでマウスを動かして、カーソルを操作しますよね。

マウスは手のひらで動かす

一方、「トラックボール」は、指先でボールを転がしてカーソルを操作する道具です。

トラックボールは指先でボールを転がす

トラックボールには

  1. 指先でボールを転がすもの
    (マウスと操作感が全く違うので慣れが必要だが、手のひらに負担が掛からない)
  2. 手のひらでボールを転がすもの
    (マウスの操作感に近い)

の2タイプありますが、今回購入したSW-M570は①のタイプです。

余談(クリック・タップで表示)

今のマウスはレーザー式が当たり前ですが、昔のマウスはボール式が主流でした。

  1. マウスの裏にボールがあり、
  2. マウスを動かすとボールが転がり、
  3. カーソルが動く

という仕組みです。

なので、昔はトラックボールの説明をするときは「マウスを表裏ひっくり返したもの」と言えば「あぁ、なるほど。ボールを転がすのね」と通じていたのですが、今のマウスは裏にボールが無いので通じなくなりました(^^;

手首の痛みにはトラックボールが良さそうだった

私は癖でマウスを手首だけで動かそうとしてしまいます。
(腕に優しいのは、手首を固定した状態で肘を動かし、手のひらを水平移動させることだと思います)

すると、手首に負担が掛かって手首が痛くなる(腱鞘炎)んですよね。

手首にジェルパッドを置いてみたりしましたが、痛み・違和感は改善しませんでした。

関連記事BUFFALO「ジェルマウスパッド ブラック(BPDG05BKA)」の使い勝手

手首の角度がどう、というより手首を捻ってマウスを動かそうとするのが痛みの原因なのだと考えました。

恐らく手首を固定して腕を丸ごと動かすように操作すれば随分良いと思うんですが、ついつい横着して手首だけで全て済まそうとしてしまうんですよね。
(それはそれで肩が凝りそうですし)

そこを矯正するのもなかなか難しいので、手首を固定して、親指だけでマウス操作できるトラックボールが私にとって良いのではないかと考えました。

ちなみに手首をひねらずに、より自然にマウスが握れる「エルゴノミクスマウス」という種類のマウスもあります。

SW-M570の特徴

公式サイトもありますが、Amazonの商品ページのほうが図付きで見やすいので、商品そのものの説明についてはAmazonをまず見てみることをオススメします。

で、商品ページと同じことを書いても仕方がないので、この記事ではSW-M570ならではのポイントに絞って解説します。

△新旧の型番違い(M570t)に要注意

型番違いでメーカー保証期間3年の「M570t」という商品もあります。

SW-M570(保証期間1年)とモノは一緒ですが、M570tは廃盤商品で在庫処分中です。
(つまり、SW-M570は実質値上げ品ってことですね^^;)

値段が同じか安くなっていたらM570tの方がお買い得ですので、購入時はM570tの価格も併せてチェックしてみてください。

×操作に慣れが必要

この記事は初めてSW-M570を使いながら書いています。

人生初のトラックボールではありますが、「狙った位置にカーソルを動かして、クリック」程度の大雑把な操作なら10分程で馴染みました

しかし、ドラッグ(人差し指で左クリックしながら親指でボールを転がす)は結構複雑で、まだ上手くできません。
なんか頭が混乱して指がピクピクしますw

それから、画像編集みたいなミリ単位の精密な動作は厳しいような気がします。

でも、他の人のレビューでは操作が複雑そうなゲームに使っている人も居るみたいだし、単に慣れの問題だけなのかも知れません。

×ボールの清掃が必要

トラックボールはボールを転がすと、その外側に付いたボールに回転を伝えるという構造になっています。

従って、ボールが拾った手垢やホコリが内部に溜まるとボールの動きが悪くなるので、定期的にボールを外して清掃が必要です。
(この製品の場合、裏側からボールを押せば簡単に外れる)

余談ですが、真のトラックボール通はボールの重さを変えて操作感を微調整するそうです。

○手首に優しい

マウスと違い、手首を動かさずに操作できます。

本体には手を添えるだけ。
操作は親指でボールを転がすだけですから、手首の負担を無くすことができます。

手首を本体に置くこと自体がシンドい場合は、リストレスト付きのマウスパッドを併用すると良いでしょう。

買う前に効果を試したいなら、タオル生地のハンカチを畳んで手首の来る場所に置いてみると良いと思います。

○置き場所を選ばない

マウスのように平らな面に置く必要が無く最低限の接地面積があれば良いので、使い方の常識が変わります。

ケーブルも無いので、膝の上だろうが、布団の中でうつ伏せになっていようが、究極、寝そべっていようが、好きな姿勢で使えます(何かしら固定は必要ですが)。

リビングのパソコンに、あぐらや正座で膝の上に載せてダラダラ使う和スタイルに良いかも。

○基本を抑えた機能

ボタンの数は必要十分

ボタン類はオーソドックスで、

  1. 左右クリック
  2. スクロールホイール
  3. 進む・戻るボタン

とシンプル。

スクロールホイールは左右に倒せない(左右に画面移動できない)のが不満です。

ExcelやTweetdeckで横に行けないのは地味に辛いです。

ただし、ユニバーサルスクロール(ホイールをクリック→ボールで画面移動)はできます。

○マウスと併用できる

他のメーカーは何とも言えませんが(多分大丈夫)、少なくともロジクール製のマウスは同時に使えますから、例えば大雑把な操作はトラックボールで、細かい操作はマウスに持ち替えて、なんてこともできます。

関連記事ロジクール マウス M705t レビュー

(参考)SetPointを使ったトラックボールの追加方法(クリック・タップで表示)

SetPointを使ったトラックボールの追加方法

ロジクール製の無線マウスを既にお使いなら、unifyingレシーバーがパソコンに装着されています。
(余ったレシーバーはトラックボールに格納しておくと無くさずに済みます)

その場合、SetPoint(設定ユーティリティ)でトラックボールを追加でき、電池残量の表示やボタンのカスタマイズなど、より細かくセッティングできます。

  1. SetPoint(設定ユーティリティ)を開く
  2. 【unifying】タブを選ぶ
    【unifying】タブを選ぶ
  3. 「Logicool Unifyingへようこそ」画面で『次へ』をクリック
    「Logicool Unifyingへようこそ」画面で『次へ』をクリック
  4. トラックボールの電源を入れる
    (既に入っている場合は一度切って、入れ直す。そうしないと認識しない)
    トラックボールの電源を入れる
  5. すぐに認識される
    『はい』を選択して『次へ』をクリック
    『はい』を選択して『次へ』をクリック
    (型番はM570になるけど気にしなくてOK)
  6. 『完了』をクリック
    『完了』をクリック

正常に追加されると、プルダウンからマウス・トラックボールを選択できるようになります。

正常に追加されると、プルダウンからマウス・トラックボールを選択できるようになります

○マウスカーソルを素早く動かせる

仕事用パソコンには2台ディスプレイを繋いでいますが、画面が広いと端から端までマウスカーソルを動かそうとすると、マウスだと「カッ、カッ」と複数回浮かせて動かさなければなりません。

一方、トラックボールだと「ギュンッ」と勢いを付けて回すだけで一気に画面の端から端までマウスカーソルを移動できるので便利です。

これは買って初めて気付いた利点でした。

まとめ

以上、SW-M570の購入後レビューでした。

最後に、もう一度SW-M570の特徴をまとめます。

  • 操作には慣れが必要
    (最初のうちはマウスと併用すれば良い)
  • 手首の負担がなくなって腱鞘炎が改善された
  • 置き場所を選ばない
  • マウスカーソルを素早く動かせる
  • 旧型番(M570t)の存在に注意

では(^O^)/