Lenovo Thinkpad X13 Gen 2のカスタマイズ方法・パーツの選び方

こんにちは。不可思議絵の具です。

本記事ではLenovo Thinkpad X13 Gen 2(以降、X13)をカスタマイズして買う方法各パーツの選び方を解説しています。

 

先日、X13を公式通販サイトで買いました。
(Thinkpad X1 Carbon 2017からの買い替えです)

Thinkpadの良いところは、何と言っても柔軟にカスタマイズ(※)して発注できるところ。
(※・・・Lenovo用語では『CTO』)

ある程度構成が決め打ちの「米沢モデル」もあれば、全項目カスタマイズできる「パフォーマンスモデル」もあり、フトコロが深いです。

ただ、私は元々自作パソコンを弄っていたりするので何となく察しがつくのですが、そこまで馴染みのない方にとってはパーツ選びが米沢モデルでも「けっこう」、パフォーマンスモデルに至っては「かなり」迷ってしまうのではないでしょうか?

本記事ではそんな疑問に答えるべく、

  1. セミカスタマイズ・フルカスタマイズしてX13を買う方法
  2. 各パーツ(カスタマイズ項目)の選び方

を解説しています。

これからX13を買おうとしている方の参考になれば幸いです。

もくじ(押すと各章に飛ぶ)

Thinkpad X13 Gen 2について

  • 厚さ:約19mm、重さ:約1.2kgの軽量モバイルノート
  • バッテリー駆動時間 約24時間
  • 画面比率16:10で縦方向に少しのゆとり(1920×1200 or 2560×1600)
  • Thunderbolt 4対応。
    ドックを使えば一本のケーブルで外部最大3画面表示可能

詳しくは公式サイトの写真つき製品ページを御覧ください。

フラッグシップモデルのThinkpad X1 Carbon(14インチ)のディスプレイを13インチに置き換えたような機種。

カスタマイズして買う方法

X13をカスタマイズして買えるのはメーカー直販サイトだけです。

選択肢は「①フルカスタマイズ」「②一部カスタマイズ」「③カスタマイズ無し」があり、自分のニーズに合わせて選んでください。

参照 直販モデルの一覧
👆を実際に見ながら👇の表と照らし合わせると分かりやすいです

種類 どれを選ぶのか
1 フルカスタマイズ カスタマイズモデル 米沢生産モデルではなく・・・・
台数限定ではない
「パフォーマンス」モデル
2 一部カスタマイズ それ以外
3 カスタマイズ無し
 (直販モデル仕様)
固定構成モデル ボタンの文言が「カートに入れる」の物

また、「米沢生産モデル」は山形県の米沢市で組立・発送されますから納期が短めです。
大幅値引きになっている可能性も高いです。

米沢生産モデルではない物は、中国からの発送になるため、納期が長めです。

以上、納期と価格の観点から、自分の求めるスペックが最小限のカスタマイズで手に入るなら「米沢生産モデル」が一番良いということになります。

各パーツの選び方

さて、フルカスタマイズにはパフォーマンスモデルを選べば良いという事は分かりましたが、カスタマイズ画面ではパーツの特徴が事細かに説明される訳ではありません。

最新のパソコンパーツ事情に詳しいことが前提の画面の作りですが、皆が皆それを追っかけている訳ではありません。

以下、各カスタマイズ項目と、選び方のポイントを解説してゆきますので、実際に画面を見ながらカスタマイズを進めてゆきましょう。

読み方
  • 説明がどうしても長くなってしまうので、各項目「箱」に閉じています。
    気になった項目をタップすると解説を読めます。
  • 各項目の並び順はカスタマイズ画面と一致させています。
  • 「🌟」付きは要注意項目(重要、後で変更できないなど)を意味します。
  • 私が購入時に選択したパーツは背景黄色で表示しています。

私のおすすめスペックと価格

私のおすすめ・・・というか、私が購入時に選択したパーツ群は👇になります。

項目 選択したもの
プロセッサー インテル® Core™ i5-1135G7 プロセッサー (2.40 GHz 最大 4.20 GHz)
初期導入OS
・言語
Windows 11 Home 64bit – 日本語版
Microsoft
ソフトウェア
なし
メモリー 16GB LPDDR4X 4266MHz (オンボード)
1st SSD 128 GB SSD M.2 2242 PCIe-NVMe TLC OPAL対応
ディスプレイ 13.3″ WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 72%NTSC, 300 nit
本体カラー ブラック
トップカバー カーボンファイバー
グラフィックス CPU内蔵 (インテル® Iris® Xe グラフィックス)
内蔵カメラ IR&FHDカメラ (マイクロホン付)
Human
Presence
Detection機能
なし
ワイヤレスLAN
アダプター
インテル® Wi-Fi 6E AX210 2×2 & Bluetooth®
WWAN なし
Near Field
Communication
なし
項目 選択したもの
指紋センサー あり
ポインティング・
デバイス
WWAN非対応、NFC なし、ブラック、マグネシウム
キーボード バックライト付 – 日本語
TPM
セッティング
TPMあり (TCG V2.0準拠,ハードウェアチップ搭載)
拡張コネクター なし
1st ディスプレイ
出力変換アダプター
なし
2nd ディスプレイ
出力変換アダプター
なし
カード・
スロット
なし
バッテリー 4 セル リチウムイオンバッテリー (54.7Wh)
電源
アダプター
45W AC Adapter PCC (2pin)-Japan (USB Type C)
プライバシー
フィルター
なし
標準保証 3年間 プレミア サポート+翌日営業日オンサイト
Thinkpad X13 Gen2 カートの構成表
カートの構成表
Thinkpad X13 Gen2 購入時価格
購入時価格

以上のスペックで値引き前価格は 284,129円 、値引き後価格は 147,577円 となりました。

決算セール&モデル末期だったので49%OFFでした。

さいごに – X13 Gen 2を買うときの注意点

セールのタイミングを逃さない

セールは毎日やっていますがw、セール対象機種がコロコロ変わります

フルカスタマイズできるパフォーマンスモデルが丁度セールをやっていれば良いのですが、いつもやっているとは限りません。

予算分のお金を握りしめたら、メールマガジンに登録してセール情報を待ちましょう。

欲しい構成の既成品モデル(米沢ブランド or 台数限定品)がセールに出ていれば、それを買っちゃうというのも全然アリです。

ともかく、パフォーマンスモデルがセールに出ていたら、後悔しないように即購入を強くオススメします。

煽りじゃなく、パフォーマンスモデルのセールはとにかく貴重です。
さらに、マゴマゴしてると発注のタイミングによっては今まで選べていたパーツが選べなくなったりします。
これが一番くやしいですよ。

フルカスタマイズモデルは納品に時間がかかる

半完成品の米沢生産モデルと違い、パフォーマンスモデルは中国の工場で受注生産されます。

輸送に時間が掛るのもあり、発注から早くても10日程度、部品の調達状況によっては数ヶ月待ちなんてこともあります。

本当にX13 Gen 2を必要としているのであれば、余裕を持って発注しましょう。

 

以上です。

では(^O^)/

お役に立てたらシェアお願いします(^O^)/
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
一番上へ
もくじ(押すと各章に飛ぶ)
閉じる