Ubuntu16.04で固定IPアドレスを設定する方法(CUI編)

Gustavo_Belemmi / Pixabay

こんにちわ。不可思議絵の具です。

Hyper-VにUbuntu Server 16.04をインストールしましたが、デフォルトではDHCPでIPアドレスを振るみたいです。

固定IPアドレスをCUIで設定し直したので、手順を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

変更すべきNICの特定

ip addressコマンドでNICの一覧を確認します。

今回の場合、eth0が外部につながるNICで、192.168.1.203が振られていることが判りました。

ということで、eth0のIPアドレスを192.168.1.101に固定したいと思います。

loは「ループバックアドレス」で必須です。

設定ファイルの書き換え

スポンサーリンク

Ubuntu(Debian系全般?)は /etc/network/interfaces ファイルがIPアドレスの設定です。

エディタでファイルを開きます。

iface eth0 inet dhcp」という箇所がありますので、

iface eth0 inet static」にして固定IP用の設定を追記します。

ミソは下記2点です。

  1. 3行目:”dhcp“から”static“への変更
  2. 4行目:addressに固定IPアドレスの指定

あとは項目名が読んで字のごとくで環境によって異なるので説明を割愛します。

再起動

保存したらネットワークサービスを再起動します。

又はマシン全体を再起動します。

まとめ

スポンサーリンク

UbuntuのCUIで固定IPアドレスを設定する方法を紹介しました。

余談ですが、設定ファイルを弄る時は行の削除漏れに気をつけてください。

こんな風に3行目のiface eth0 inet dhcpを消し忘れていたら、1枚のNICに2つのIPアドレス(DHCPで取得したIPアドレスと、固定で指定したIPアドレス)が設定されており、設定漏れなのかとハマりました。

ご注意を。

ホスト名をCUIで変更したい方はこちらの記事を参照下さい。

Ubuntuでホスト名を変更する時は2ファイルを修正します。 Ubuntu 16.04 Serverでの例です。

こちらはUbuntuの初期セットアップに関して一通りまとめたページです。
Hyper-V仮想マシンの準備、Ubuntuのインストール、ネットワーク周りの設定、WordPressのインストールなど。

Ubuntu 16.04 Serverのインストールの流れを説明します。 内容:①仮想マシンの準備 ②OSのインストール ③ネットワーク設定 ④各種アプリケーションのインストール

ではでは(^_^)/~