【Ubuntu 16.04 Server】WordPressディレクトリをSambaで共有

良記事でしたか?シェアして頂けると泣いて喜びます!(TдT)

Gustavo_Belemmi / Pixabay
Ubuntuのセットアップに関連する記事は
【まとめ】Ubuntu 16.04 Serverセットアップ関連記事まとめ
既存記事から【Ubuntu 16.04 Server】のセットアップに関する記事を整理して紹介。 仮想マシンの準備 いきなりPCに慣れないUbuntuをインストールするのは躊躇するもの。 Hyper-V仮想マシンにUbuntuをインス...
から辿れるようにしておりますのでこちらもどうぞ。
【Ubuntu 16.04 Server】WordPress環境を構築
Ubuntuのセットアップに関連する記事は から辿れるようにしておりますのでこちらもどうぞ。 セットアップ直後のUbuntu 16.04 ServerにWordPress環境を構築したときの記録。 の続き。 前回...

の続き。

Ubuntu16.04上のWordPressディレクトリをWindowsから修正できるようにするため、

  1. UbuntuにSambaをインストール
  2. WordPressディレクトリをWindows共有フォルダに指定

以上2点の作業を行った。

この記事に書いてあること自体はWordPressに限ったことではない。
他のディレクトリを指定すれば、どんなディレクトリもWindows共有フォルダにできる。

スポンサーリンク

Sambaのインストール

SambaはWindowsファイル共有機能(SMB)のLinux実装。
これを入れるとLinux上のディレクトリを「Windows共有フォルダ」として公開できる。

便利な時代だな。これだけでSambaが使えるようになる。

設定は/etc/samba/smb.confにある。

Windows共有フォルダの指定

Samba設定ファイルの修正

設定ファイルをエディタで開く。

24行目、[global]のすぐ下に下記内容を追記。

32行目、ワークグループ名をWindows側に合わせる。

53行目、プライベートネットワークのみの公開に明確に制限する。
うちのLANは192.168.1.xxxなので、デフォルト値の右に追記した。

プリンターは繋いでいないので240行目の[printers]節と251行目の[print$]節はコメントアウトした。

最終行に下記内容を追記。

パラメータ 内容
 [wordpress] 共有フォルダの名称
path 共有するディレクトリ
writable 書き込み許可
guest ok ゲストユーザー許可
guest only 全てゲストとして扱う
create mode フルアクセスでファイル作成
directory mode フルアクセスでフォルダ作成
  • 個人開発なのでセキュリティはガバガバ。
    LAN上のPCなら誰でも読み書きできるようにしている。
    Samba自体はアクセス権の設定やActiveDirectory連動等可能。
  • 他のサイトでは「share modes = yes」という記述があったりするが、このオプションはSamba4以降では廃止されているので取っ払った。

当方の設定ファイルを載せておきます。⇒smb.conf

アクセス権の変更

WordPressディレクトリにSambaが読み書きできるよう、その他ユーザーの書き込み権限を許可する。

完成

以上の操作でWindowsからwordpressディレクトリをイジれるようになる。

補足:設定ファイルのテスト

設定ファイルを検証するtestparmコマンドがある。

「syslogオプションは廃止」と警告があるが、吊るしの状態で入ってるしなぁ…。
どうせいってゆうんやろか…?

とりあえず、 Loaded services file OK. となれば動作はする。

補足:WindowsからLinuxを弄る他のアプローチ

本記事では取り上げていないが、Linux上のファイルをWindowsで読み書きするには他のアプローチもある。

Gitリポジトリを作る

Linux上のディレクトリをGitリモートリポジトリにする。

Windows上でTortoiseGit, PhpStormなどのGitクライアントからコミットする形でファイルを送り込む。

rsyncで送り込む

Windowsにrsyncをインストールし、適宜rsyncコマンドを実行してWindowsとLinuxをディレクトリの内容を同期させる(Windowsでの修正内容をLinuxに反映させる)。

参考:

Windowsでrsyncをインストールする方法はいくつかあって、一番簡単なのはmingw-getでパッケージとして導入する方法。またはrsyncは諦めてChococaltely経由でcwRsyncパッケージをインストールするのが簡単。両者ともrsyncのためだけに入れるには大仰なので、既に導入されているGit for...

WinSCPで送り込む

一番オーソドックス。
修正がたまにならこれが一番何も考えなくて良い。

修正する都度WinSCPで修正ファイルを手作業で送り込む。

関連記事

【まとめ】Ubuntu 16.04 Serverセットアップ関連記事まとめ
既存記事から【Ubuntu 16.04 Server】のセットアップに関する記事を整理して紹介。 仮想マシンの準備 いきなりPCに慣れないUbuntuをインストールするのは躊躇するもの。 Hyper-V仮想マシンにUbuntuをインス...
【Ubuntu 16.04 Server】WordPress環境を構築
Ubuntuのセットアップに関連する記事は から辿れるようにしておりますのでこちらもどうぞ。 セットアップ直後のUbuntu 16.04 ServerにWordPress環境を構築したときの記録。 の続き。 前回...
Blog内から、Web開発に関連する記事をまとめています。レンタルサーバネタエックスサーバームームードメインで取得したドメインを使う方法ドメインは、Webサーバーはを使っています。ムームーで取ったドメインは同系列のでしか使えないなんてことは
スポンサーリンク

他の人はこの記事も見ています

この記事に関連するカテゴリー

さくいんで他の記事を探す

関連記事

良記事でしたか?シェアして頂けると泣いて喜びます!(TдT)

コメントを頂けると泣いて喜びます

最初のコメントを是非お願いいたします!

avatar
wpDiscuz