Windows10のスタートボタンが押せないときの対処法

geralt / Pixabay

こんにちわ。不可思議絵の具です。

突然、Windows10の調子が悪くなりました(T_T)
スタートボタンを押してもうんともすんとも言わないのでアプリを立ち上げられない!

うーん、何か弄ったかな~? 全然覚えがないな~。
CreatorsUpdateしてから結構立つし、何が原因かよくわからない。

泣く泣く色々調べました。

  • Windows10のログインに時間が掛かる
  • スタートボタンが押せない(反応しない)

こういった状態になっている方へ、対処方法をお教えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

症状

私の場合の症状は以下のとおりです。

  1. ログインに凄く時間が掛かる
    パスワードを入れてから30秒位待たされる。
    普通なら一瞬でデスクトップ画面になるのに。
  2. スタートボタンを左クリックしてもスタートメニューが開かない
    うんともすんとも言わない。タスクバーも反応しない。
    ただし右クリックには反応する。
  3. イベントログに大量のエラーが記録されている
    Windowsログ→Applicationに以下のエラーが大量に記録されている。
    ソースはESENT

    イベ
    ント
    ID
    エラー内容
    486 svchost (3024) TILEREPOSITORYS-1-5-21-209826991-3674234836-3033964684-1002: システム エラー 183 (0x000000b7): “既に存在するファイルを作成することはできません。 ” が発生したため、ファイル “C:\Users\fuka\AppData\Local\TileDataLayer\Database\EDB.log” を “C:\Users\fuka\AppData\Local\TileDataLayer\Database\EDB0002E.log” に移動できませんでした。ファイルの移動処理は、エラー -1814 (0xfffff8ea) のため失敗します。
    413 svchost (3024) TILEREPOSITORYS-1-5-21-209826991-3674234836-3033964684-1002: そのデータベースをログ用のドライブに書き込めないため、新しいログ ファイルを作成できません。ドライブが読み取り専用になっているか、ディスク領域が不足しているか、誤った構成がされているか、または壊れている可能性があります。エラー -1032 が発生しました。

原因

エラーメッセージと症状から類推すると「『スタートメニューのピン留め』の状態を記録するデータベース」が破損しているようです。

修復手順

スポンサーリンク

私の場合はシンプルに「昨日までは普通に使えていたのだから」、と【システムの復元】機能で数日前の状態に戻しました。

ただ…コレやっちゃうとスタートメニューのピン留めの設定が初期化されてしまいます。
項目の並びがインストール時の状態に戻ります。

自分の場合標準アプリを削除しているので見た目も変です。

スタートメニューのピン留めが初期化されてしまう

それでも良いなら、以下の手順で直ります。

システムのプロパティ画面を表示

「システムのプロパティ」画面を表示します。

コントロールパネルを表示→システムとセキュリティ→システム
で辿れます。

コントロールパネルの開き方はこの記事を参照ください。

Windows10をCreators Updateにアップデートしたら、スタートメニューの右クリックメニューからコントロールパネルが無くなってしまいました。 どうやって呼び出せば良いか分からなかったので調べました。

システムの保護をクリック

システムの保護をクリック

システムの復元をクリック

システムの復元をクリック

『次へ』をクリック

システムの復元画面 『次へ』をクリック

一番近い日付を選んで『次へ』をクリック

一番近い日付を選び『次へ』をクリック

『完了』をクリック

『完了』をクリック

PCを再起動

PCを再起動。

以上で、症状が直りました。
(ただしピン留めは消えます)

他のやり方のヒント

スポンサーリンク

私は【システムの復元】で直ってしまったのでこれ以上は調べていませんが、[直らなかった方]や[復元日が古すぎて戻せない方]に向けての情報提供です。

メニューの情報はデータベース管理されている

「ESENT」や「*.EDB」で検索してみると、どうもWindows内部で使用されているデータベースエンジンである「Extensible Storage Engine」の事のようです。
(文書によっては「Extensible Storage Engine NT」と呼ばれることもあります)

身近なところではWindows メール、Internet Explorer、Windows Updateのデータ管理に、業務用途ではExchange Server、Active Directoryのデータ管理使われています。

参考 公式サイトの解説 (Extensible Storage Engine アーキテクチャ)

参考 中身を見るツール (ESEDatabaseView)

対応方法1:EDBファイルを削除する

前述の情報を頭に入れて調べると、「Windows メールが壊れた」系の質問と壊れ方がよく似ていることが分かります。

試してはいませんが、EDBファイルを削除しても直ると思われます。
やはりピン留めの情報は消えると思われますが…。

具体的には別ユーザーでログインして

C:\Users\【対象ユーザー】\AppData\Local\TileDataLayer\Database\

の中にあるファイルを全て削除すれば良いと思います。

対応方法2:dismを実行する

サポートフォーラムでは dism というコマンドを実行する方法を勧めているので紹介します。

スタート メニュー、Microsoft Edge 、設定、通知などが応答しなくなるという問題が報告されています。 そのような問題が起きた場合は以下の手順を試してください。

コマンドプロンプト上で

を実行するとのこと。

要はOSのファイルだけ再インストールするようです。

ではでは(^O^)/