Amazon Prime Videoとは

サービス全般
スポンサーリンク
Amazonセール・キャンペーン情報

全てのキャンペーンを見る

こんにちは。不可思議絵の具(Twitter)です。

本記事ではAmazonの「Prime Video(プライムビデオ)」サービスについて解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Prime Videoとは?

「Amazonプライム会員」の特典の一つで、映画やTVドラマ、アニメなどの動画が無料で見放題になるサービスです。

Amazonプライム会員になるには

  • 年払い4,900円(月換算408円。30日無料期間付き)
    または
  • 月払い500円(少し割高だが月単位で解約できる)

の会費が必要ですが、Prime Video以外にも

  • 配送料・時間指定が無料
  • 本読み放題(Prime Reading)
  • 音楽聴き放題(Prime Music)

など沢山の特典があります。

詳しくは下の記事で解説しておりますので、よかったらご覧ください。

どんな端末で観れるのか

幅広い種類の端末で観ることができます(2017年12月現在)。

パソコンWindows、Mac
スマホ・タブレットiPad、iPhone、Android、Amazon Fireタブレット
ゲーム機プレイステーション 3/4、Wii U
テレビSONY BRAVIA、Panasonic DIGA、LG電子 SMART TV
プレーヤーFire TV Stick、Fire TV、SONY BRAVIA、Panasonic DIGA

AmazonはFire TV Stick、Fire TV、Fireタブレットでの利用を推奨しています。
自分のところの製品ですから当たり前ですけどね。

パソコンであれば、Webブラウザから観ることができます。
スマホやタブレットであれば、アプリを使って観ます。

動画の再生位置をサーバー側で覚えてくれていますので、「外で移動中にスマホで見始めた映画を家に帰ってからテレビで続きを観る」というような使い方ができます。

 

私はこんな感じで使っています。

  1. 家事をしながら観るとき
    →Fire HD 8のアプリで再生
  2. リビングでゆっくり観るとき
    →HDMI端子でテレビにつないだパソコンのブラウザーで再生
  3. 布団の中で寝ながら観るとき
    →Fire HD 8のアプリで再生

先程も書きましたが、「どの動画を」「どこまで観ているか」が端末を変えても引き継がれていますので、好きな場所で続きを観ることができてとても便利です。

どんなジャンルが観れるのか

以下のジャンルと本数を無料で観ることができます。
(本数は2017/12/06現在)

種類本数
外国映画1,446
日本映画903
アニメ347
キッズ・ファミリー3,731
ミュージック890
テレビドラマ764
ドキュメンタリー5,348
お笑い・バラエティ72
ステージ663
ホビー・実用3,885
スポーツ・フィットネス1,829
エロス62
19,940

海外ドラマやドキュメンタリー、有名所の海外映画に強い印象です。

DVDが発売されたばかりの新作映画はあまり登録されていないようです。

動画をダウンロードできるのか

パソコンではダウンロードできません

スマホやタブレットのアプリではダウンロードできます
(ごく一部、できないものがあります)

視聴本数に制限はあるのか

制限はありません。

1日に何本見ようが追加料金は発生しません

他の動画サービスとどう違うのか

参考までに、有名な動画専門サービスのHuluNetflixを例に比べます。

サービス本数月額
Prime Video2万本408円
(Amazonプライム会費)
Hulu4万本以上933円
Netflix数千本?650円
HuluNetflixは専門サービスだけあって、本数や内容が充実しています。

HuluはPrime Videoの倍、本数があります。

Netflixは、感覚で申し訳ないのですが、本数こそ少ないですが、ラインナップは明らかに「気になるもの・見てみたいもの」が多いです。
他で見かけない番組が多く、また、少数精鋭という感じです。

ですから、単純に本数や月額のコスパで比べるというよりも、ラインナップをザッと眺めてみて「自分に合っているか(見てみたいものが多いか)」で選んだほうが良いと思います。

いくら本数が多くても、見たいものが無ければゼロと一緒なのですから。

 

で、Prime Videoですが、

「プライムのオマケと考えると凄いんじゃない?」
(専門サービスと比べると流石に見劣りする)

というのが私の率直な感想です。

とりわけ使い勝手が良いわけではないし、最新作が揃っているわけでも無い。
正直、元々映画をほとんど見ない私にとっては、凄さがあまり分からないです。

でも、月額408円(プライムのおまけ)と考えると全然OKです。

ふと、どうしようもなく暇な時に、昔見損ねた映画やドキュメンタリーを観る、程度の使い方ならとても重宝しております。

 

結局のところ、こういう物は「自分が観たいものが有るか・無いか」が全てですので、何はともあれPrime Videoのラインナップを眺めてみてください。

ラインナップを見る

Prime Videoの良い所・悪いところ

良い所

  1. 対応端末が多い
  2. ワンプライス(408円)でケチくさい制限がないので分かりやすい
    他社は料金プランによって画質・同時視聴本数などが違うことがある。
  3. 値段の割に豊富なラインナップ
  4. 圧倒的に安上がり

悪いところ

  1. 検索機能の使い勝手が悪い
    通常の商品販売画面と作りが変わらない。
    良く言えばシンプルだが、悪く言えばフラッと探すのに向いていない
    あらかじめタイトルを知っていないと厳しい。
  2. いつの間にか観られなくなることがある
    無料で観られるラインナップは定期的に入れ替わる。
    それを過ぎると有料レンタルで観るしかなくなる。

まとめ

以上、Amazon Prime Videoについて紹介しました。

Amazonプライムには他にも沢山の特典があります。
是非、こちらの記事も参考にされて下さい。

Amazonプライムは得なのか。12の特典をトコトン解説
Amazonプライムの12個の特典・年会費・月会費などを解説します。 Amazonプライムが気になっている方は是非参考にしてください。
タイトルとURLをコピーしました