Thinkpad X1 Carbon(2017) ベンチマーク結果

こんばんわ。不可思議絵の具です。

Lenovo Thinkpad X1 Carbon(2017。以下X1 Carbon)の各種ベンチマーク結果を載せておきます。

学生時代の自作PCに燃えていた頃ならともかく、パソコンなんて道具と割り切り、体感で速けりゃ十分と思っている今となっては、正直言ってベンチマークの結果なんてどうでも良いです。

しかし、今ちょうどSpectre(スペクター)とMeltdown(メルトダウン)が旬で、修正パッチを当てると性能が落ちるなんて言われていますよね。

そして、ラッキーなことに対策パッチ(KB4056892)を当てる前のX1 Carbonがある。

せっかくなので、その辺どうなるのか見てみたいと思い、対策パッチの前後で各種ベンチマークソフトを動かしてみました。

結論から言うと、測り方がおかしいのでしょう。

パッチを当てたあとのほうが数値が改善するという謎の状況でして、性能劣化を確認するためのデータとしてはあてにならない感じです。

ともあれ、せっかく取ったデータですし、X1 Carbon 2017の大体の性能は掴めると思いますので、一応載せておきます。

他機種とX1 Carbon 2017を比較している方はどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

条件

ハード

項目 選択したもの
プロセッサー インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー (2.70GHz, 4MB)
ディスプレイ 14.0型WQHD液晶 (2560×1440 IPS 300nit 光沢なし)
メモリー 16GB
ハード・ディスク・ドライブ 256GB ソリッドステートドライブ PCIe-NVMe (OPAL対応)

ソフト類

OSはWindows 10 Pro (1709:Fall Creators Update)。

ベンチマークソフトは

  • PC Mark 10 v1.0.1413
  • CPU-Z 1.82.1.x64
  • geekbench 4.2.0
  • CrystalDiskMark 6.0.0
  • 3DMark v2.4.4180

状況

  1. 対策パッチ(KB4056892)はインストールされているが再起動していない状態で計測。
    慌ててChromeブラウザで各種ベンチマークソフトをダウンロードし、続々実行。
    (今思えばこれが良くなかったか? しかし、この程度が負荷になるか…?)
  2. 再起動後に再度計測。
    このとき、ベンチマークソフト以外に起動しているソフトは無し。

結果

PC Mark 10 v1.0.1413

OSパッチ当て前 OSパッチ当て後
3125
PCMark10 OSパッチ当て前
 3242
PCMark10 OSパッチ当て後

残念ながら(?)、OSパッチ当て後の方が結果が良いです。

CPU-Z 1.82.1.x64

OSパッチ当て前 OSパッチ当て後
Single:309.3
Multi:963.3
CPU-Z OSパッチ当て前
Single:367.8
Multi:1043.7
CPU-Z OSパッチ当て後

参考:CPUとマザーボード情報

CPU-Z CPU情報 CPU-Z マザーボード情報

これも、OSパッチ当て後の方が結果が良いです。

geekbench 4.2.0

CPU Benchmark

OSパッチ当て前 OSパッチ当て後
Single:4095
Multi:7665
geekbench CPU OSパッチ当て前
Single:4186
Multi:8303
geekbench CPU OSパッチ当て後

Compute Benchmark

OSパッチ当て前 OSパッチ当て後
OpenCL:20133
geekbench Compute OSパッチ当て前
OpenCL:20267
geekbench Compute OSパッチ当て後

やはり、OSパッチ当て後の方が結果が良いです。

明らかにおかしい。

ココまで来ると前後の結果を取り違えたんじゃないかと思いましたが、各種結果の作成日時を見ていただくと分かるのですが、間違ってはないんですよね。

CrystalDiskMark 6.0.0

OSパッチ当て前 OSパッチ当て後
CrystalDiskMark OSパッチ当て前 CrystalDiskMark OSパッチ当て後

こちらはシーケンシャルリードが露骨に減ったけど、ランダムリードが増えたりと、良く分からん結果に。

3DMark v2.4.4180

OSパッチ当て前 OSパッチ当て後
3DMark OSパッチ当て前 3DMark OSパッチ当て後

こんな事務処理パソコンで3DMarkを動かす事自体が酷なのでしょうが、一応。

やはり、パッチ当て後のほうが数値が改善してしまっています。

まとめ

結果としては、非常に面白くない結果となりました(汗

近いうちにBIOSも更新して、もう一度測ってみたいと思います。

なお、当記事は下記ロングランレビューの一部です。

Thinkpad X1 Carbon(第5世代:2017)を使い込んでゆく中で気付いたこと・気に入ったこと・気に入らなかったことを続々追記してゆきます。

X1 Carbon 2017の詳細はLenovoサイトでどうぞ。

X1 Carbon は、超軽量のボディに強力なパワーを秘めた、ビジネス向けのノート PC です。このモデルには、Windows 10 Pro、第 7 世代 Intel Core プロセッサー、USB-C ポート、Intel Thunderbolt 3 テクノロジーが搭載されています。

では(^O^)/