【Ubuntu 16.04 Server】のセットアップと初SSH接続まで

良記事でしたか?シェアして頂けると泣いて喜びます!(TдT)

Ubuntu セットアップ画面(言語選択)
Ubuntuのセットアップに関連する記事は
【まとめ】Ubuntu 16.04 Serverセットアップ関連記事まとめ
既存記事から【Ubuntu 16.04 Server】のセットアップに関する記事を整理して紹介。 仮想マシンの準備 いきなりPCに慣れないUbuntuをインストールするのは躊躇するもの。 Hyper-V仮想マシンにUbuntuをインス...
から辿れるようにしておりますのでこちらもどうぞ。

Windows10 ProのHyper-VにUbuntu 16.04 Serverをインストールするための手順。
Ubuntu Serverのセットアップから初めてのSSH接続まで。

記事例ではHyper-V仮想マシンでやっていますが、物理マシンへのインストールでも手順は変わりません。

参考 Hyper-Vの仮想マシンを作ったときの記録

スポンサーリンク

初起動

Ubuntuのインストール用イメージをセット(DVD/ISO)した機械を起動すると、下記画面表示になる。

Ubuntu初回起動(GNU GRUB)

Enterキーを押下する(Install Ubuntu Serverを選択)することセットアップ開始。

Ubuntuのセットアップ

言語設定

Ubuntu セットアップ画面(言語選択)

日本語を選択。

以降、必要な部分のみ切り出した画像で説明します。

警告

言語選択画面の警告ゆうても、全部英語の方が困るので「はい」

場所の選択

場所の選択

日本を選択。

キーボードの設定

キーボードの設定

いいえ

キーボードの設定

Japaneseを選択

キーボードの設定

普通のWindows PCを買ってきたのなら「Japanese」で良いです。
他のは今の御時世まず見ません。

ネットワークの設定(ホスト名)

ネットワークの設定

LANで使う分にはどんな名前でも良いです。
参照ホスト名(Wikipedia)ホスト名命名指針(RFC1178)

自分は公開ドメインのサーバーも持っていますので、区別を明確にするために家庭内LANのマシンには.lanというTLDを振るようにしました。

余談

LAN内のTLDってどんな規則が正解なんですかね。
適当すぎるとトラブルになるみたいだから右に倣えしたいんだけど…。
参照LAN内の私的使用トップレベルドメイン名に対する考察TLDにおける名前衝突 (Name Collision)問題

MicrosoftのActiveDirectoryでは.localを推奨しています。
一方、Appleは.localは使うなと言っています。
自分は、手打ちの少なさから.lanにしました。

最初のユーザーの登録

ID

パスワード

ユーザー登録

ユーザー登録

ログイン時、管理者として実行時(sudo)に使います。

パスワード警告

すみません…「はい」。

ホームディレクトリを暗号化するか否か

ホームディレクトリの暗号化

いいえ。

時間の設定

時間の設定

タイムゾーンは「Asia/Tokyo」で合っているかと聞いてきます。
はい。

ディスクのパーティショニング

ディスク選択

ガイド – ディスク全体を使い LVM をセットアップする
を選択

ディスクを選択

最終確認。はい。

容量指定

変更せずEnter押下

UEFIインストールの強行確認

UEFIインストールを強行

はい

最終確認

はい

プロキシ情報の指定

続ける

自動アップデートの指定

自動的にアップデートしない

ソフトウェアの選択

ソフトウェアの選択

「standard system utilities」にのみチェックを入れて『続ける』。
Tab押下すると『続ける』にフォーカスが移動する)

必要なプログラムは後から追加インストールする。

再起動

  1. DVD/CD-ROMを抜く
    (仮想マシンならアンマウント)
  2. 『続ける』を選択で再起動

sshサーバーのインストール

再起動してログインするが、漢字が文字化けする。

使い勝手が悪いのでSSHサーバをインストールして、以後、ターミナルソフトを使ってログインするようにする。

を実行するとSSHサーバがインストールされる。

インストール完了したらIPアドレスを調べる。

IPアドレスを調べる

192.168.1.201であることが分かった。

Git Bashの場合はsshコマンドが標準で入っているので

と打てばつながる。

又はターミナルソフトで下記のようなパラメータを指定する。

項目
サーバーアドレス 192.168.1.201
プロトコル ssh
ポート ssh 又は 22
ID・パスワード OSインストール時に指定したもの
文字セット UTF-8

下図はRLoginのでの例。

『OK』押下。
上手くつながると、こんな感じ。

固定IPの設定

初期状態ではDHCPになっています。
IPアドレスを固定したい場合は

【Ubuntu16.04】固定IPアドレスの設定
【Ubuntu 16.04】の【CUIで】固定IPアドレスを設定し直したときの手順の記録。

も併せてご覧ください。

システムの更新

Ubuntuではシステムの更新にapt又はapt-getというコマンドを使う。
どっちも機能は同じだが、aptの方が新しいらしいので使ってゆく。
aptは少しだけ遅いが、進捗表示などが若干親切。キータッチも楽だしw

Windowsではアプリの更新は各アプリの最新SETUP.EXEを都度、各配布元からダウンロードして実行というステップを踏まなければいけないが、Linuxではコマンド一発で全アプリを更新できる。

その代わり、リポジトリ(ソフトウェア一覧)が適時メンテナンスされていないと何時まで経っても最新版が取得できないという弱点もあるが。

リポジトリの更新 – apt update

更新前にリポジトリを最新にする。

インストール時の一番最初の質問(言語設定)で日本語を設定すると、リポジトリも日本向けを設定してくれるようだ。ありがたい。

管理者権限が必要なのでsudoをコマンドの前に付ける。

更新の実行 – apt upgrade

apt upgradeで更新を実際に行う。

管理者権限が必要なのでsudoをコマンドの前に付ける。

関連記事

Hyper-V仮想マシンの準備、Ubuntuのインストール、ネットワーク周りの設定、WordPressのインストールなど、Ubuntuに関することを一通りまとめたページです。

【まとめ】Ubuntu 16.04 Serverセットアップ関連記事まとめ
既存記事から【Ubuntu 16.04 Server】のセットアップに関する記事を整理して紹介。 仮想マシンの準備 いきなりPCに慣れないUbuntuをインストールするのは躊躇するもの。 Hyper-V仮想マシンにUbuntuをインス...

コメントを頂けると泣いて喜びます

最初のコメントを是非お願いいたします!

avatar
wpDiscuz