KUSANAGIのキャッシュ機能をONにする

KUSANAGIにはbcacheとfcacheの2つのキャッシュ機能があります。

  • bcache…KUSANAGI専用プラグインによるページキャッシュ
  • fcache…FastCGIキャッシュ

これらをONにする手順です。

但しキャッシュとはメモリに頻出データを貯めることですので、搭載メモリが少ないと逆効果になるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

rootになる

または

kusanagiコマンドで各フラグをONにする

下記コマンドでONにできます。

実行例:

設定状況の確認

設定状況は kusanagi status で確認できます。

実行例:

関連記事

KUSANAGIってそもそもナニ?と思った方はこちらをどうぞ。

WordPressの高速化には技術的なハードルや手間がかかります。 WebサーバーやDBの切り替え、キャッシュプラグインの導入など…。 しかし、【KUSANAGI】を使えば、「無料」で「高速化済みのWordPressが簡単に」導入できます!

KUSANAGIのインストール手順の全体はこちらの記事を参照ください。

ConoHaにKUSANAGIをインストールしてWordPressサーバを立ち上げるときの手順を一通り解説します。 このページが連載の目次ですので、ブックマークするならこのページをおすすめします。

その他、KUSANAGIの運用のコツ・勘所をまとめています。

KUSANAGIの運用のコツを集めています。

この他のWeb開発に関するトピックはこちらに集めています。

ブログ内から、Web開発に関連する記事をピックアップしています。