ConoHaとKUSANAGIで月々630円の格安WordPressサーバを作る方法

こんにちは。 不可思議絵の具です。

本記事ではクラウドVPS「ConoHa」にWordPress専用OS「KUSANAGI」をインストールしてWordPressブログを立ち上げるまでの手順を解説しています。

WordPressってスゲー便利ですよね!

記事編集機能がWordなんかと変わらない便利さだし、プラグインが豊富でカスタマイズしやすいから、ノンプログラミングでかなりのWebサイトができちゃいます。

コイツは半端ない!

あんまり便利なので、

いっそのこと何処かの天才が、電源を入れたら即BASICならぬWordPressが起動する「ワードプレスOS」を作ってくれたら面倒がなくて良いのに……

なんて思っていたら…

さすが!ありました。

セットアップは要りますので即起動とまでは行きませんが、KUSANAGI(くさなぎ)というWordPress専用の仮想マシンがありました。

しかも国産! 素晴らしい。

これを近頃630円/月のコースが出て値ごろ感が出てきたConoHa(このは)にインストールしましたので、その時の試行錯誤をご紹介します。

ここに書かれた手順を実行すれば、Linuxにあまり詳しくない人でも「月々630円の格安WordPressサーバー」を立ち上げられるようにしていますので、

  • 今までVPSが高くて手が出なかった方
  • VPSを触って勉強してみたい方

はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

各サービスの概説

手順の説明に入る前に、ConoHaとKUSANAGIの概説をしておきますね。

そんなものはいい!インストール手順を早く知りたい!
という方は【手順】に飛んでください。

ConoHaとは

GMOインターネット株式会社が提供するVPSサービスで、下記の特徴があります。

  1. 転送量無制限
    →トラフィック量の予想がつかないサービスを始めやすい
    →収益が伴うか怪しいサービスを始めやすい
  2. VPSなのにスペック変更できる
    →CPUやメモリなどのスペック増強が管理画面上から簡単にできる
    →サーバーの引越し作業が不要になる
    →サービスのスケールアップに対応しやすい
  3. VPSを増台して、スイッチで相互接続できる
    →DBサーバーを分けたり、キャッシュサーバーを手前に置いたりできる
    →サービスのスケールアップに対応しやすい
  4. アプリケーションイメージが豊富
    今回利用する「KUSANAGI」を始め、「Minecraft」「Mastodon」などのアプリケーションサーバーのイメージが豊富に用意されていて、簡単にサーバーを作ることができるよう工夫されています。
    (自作のISOイメージでOSをイチからインストールすることも可能)

お気づきかもしれませんが、ConoHaは「VPS」と言いつつ、スケールアップやネットワーク構成の変更にも柔軟に対応できるので、実質は「クラウド」サービスです。

関連記事 【猫でも分かる簡単説明】VPSとクラウドの違いを徹底解説!

KUSANAGIとは

プライム・ストラテジー株式会社が開発するWordPress専用の仮想マシンです。

  1. OS (CentOS(Linux))
  2. Webサーバー (Nginx / Apache)
  3. DBサーバ (MariaDB)
  4. アプリケーションサーバ (PHP / HHVM)
  5. WordPress本体 (専用プラグイン付き)

以上のWordPressを動かすために必要な機能が1つの仮想マシンイメージファイルにまとまっているため、1回のOSインストール作業でWordPressに必要な環境が一発で揃う簡便さが特徴です。

また、プライム・ストラテジーが大手WordPressサイトを運営する中で獲得したチューニングノウハウがKUSANAGIにフィードバックされているのも利点です。

関連記事 WordPressを高速化できるKUSANAGIとは?

手順

では、具体的なインストール手順を説明してゆきます。

大きな流れとしては

  1. ConoHaに入会
  2. KUSANAGIのインストール
  3. メンテナンス用SSH環境の整備
  4. WordPressデータの移行(任意)

となります。

ConoHaの入会

まずはConoHaに入会します。

全てオンラインで、即完了します。
この気軽さは凄いです。

ConoHaに入会して、KUSANAGI仮想マシンを立ち上げるまでの手順です。

KUSANAGIのインストール

KUSANAGIをインストールして、WordPressブログを公開できる状態にします。

  1. KUSANAGIのインストール
  2. WordPressのプロビジョニング(WordPressの環境作成)
  3. WordPressの初期設定

詳細手順は↓の記事を参照ください。

ConoHa上のKUSANAGIを初期設定することでWordPressブログを公開できる状態にします。 大まかな段取り:①初期設定②プロビジョニング③WordPressのインストール

レスポンス向上のため、任意でキャッシュを有効化します。

関連記事KUSANAGIのキャッシュ機能をONにする

SSH環境の整備

KUSANAGIはSSHを通してメンテナンスします。

単純にポートを開放だけでは危ないので、セキュリティを強化します。

KUSANAGIにSSHでつなぐためにセキュリティを強化します。 内容:①root接続禁止②SSH鍵を必須にする③SSHポート番号変更

WordPressデータの移行(任意)

新規にWordPress立ち上げるのであればこの手順は不要ですが、引っ越しであればデータ移行が必要です。

関連記事WordPressデータバックアップ方法の調査結果のまとめ

私の場合は正サイト(エックスサーバー)の内容を副サイト(ConoHa)に同期を取りたかったので、wordmoveをKUSANAGIにインストールしました。

関連記事KUSANAGIにwordmoveをインストールする

まとめ

「ちょうどいい」サービスが出てきたんじゃないか?

いわゆる「共用レンタルサーバー」ではシステム構成が決め打ちされているので、ブログを簡単に始められる一方で

  • 自作アプリを動かしたい
  • 凝ったチューニングを施したい
    (例:Webサーバーソフト換えたい、ネットワーク設定を変更したい)
  • サーバーのスペックを増強したい
    (例:DISK容量を増やしたい、繁忙期のみメモリを増やしたい)

といったことをやろうとすると色々と制限が出てきてしまいます。

そのため、カスタマイズやスケーラビリティが前提条件にあるなら、OSから自分でセットアップできる

  • クラウド
  • 専用サーバー
  • VPS

を使うことになるのですが、こういったサービスは初期費用が高かったり、従量課金制が怖かったりと、スモールスタートするには難しいものでした(特に個人)。

ConoHaも以前はメモリ1GB・900円/月が最安プランだったため、「WordPressサーバー」という観点では「性能高めのレンタルサーバー(例:エックスサーバー)」などに比べて圧倒的にコストパフォーマンスが良い、とは言えませんでした。

しかし、近頃ConoHaにメモリ512GBで初期費用不要・630円/月というプランが追加されたことで値ごろ感が出てきました。

ConoHaはWebサービスのスタートアップにとても向いている

ConoHaはVPS並の価格帯でありながら、クラウド的なスケールアップもできるので、

  1. 最初は1台で
  2. メモリを増やしてみて
  3. WebとDBに分けてみて
  4. ロードバランサとWebを増やして

…のような改善の余地がありますし、転送量無制限の定額制ですので、経費が想定外になるリスクもありません。

今回紹介したシナリオは「最初は1台で」の部分だけなので、ConoHaである理由はマダマダ薄いのですが、サイトが成長して規模を拡大しても契約を変えず(※)にスケールアップしてゆけるのはConoHaの大きな利点です。

以上の点から「Webサービスのスタートアップ」に特に向いています。

※…共用レンタルサーバーではこういった柔軟な構成を取れない
スケールアップの際は契約変更(サーバーの引っ越し)が必要

Windowsサーバーにもなる

記事の趣旨とは違うので、紹介だけ。
ConoHaはWindowsも動きます。

↓の記事で少し触れていますので、こちらもよろしければご覧ください。

Windowsレンタルサーバーの一覧を紹介します。 Windowsサーバーを建てると、出先のタブレットからExcelを弄ったり、FX売買ソフトを24時間動かしたり、ASP.NETのWebサービスを公開したりできます。

では(^O^)/