連載目次:ConoHaとKUSANAGIで月々630円の格安WordPressサーバを作る

WordPressってスゲー便利ですよね!

プラグインが豊富なので、これだけで簡単にWebサイトができちゃいます。
ワープロ機能もWordとかと変わらぬ使い心地で、コイツは半端ない!

あんまり便利なので、いっそのこと何処かの天才が電源を入れたら即BASICならぬWordPressが起動する「ワードプレスOS」を作ってくれたら面倒がなくて良いのに位に思っていたら…

さすが!ありました。

セットアップは要りますので即起動とまでは行きませんが、KUSANAGI(くさなぎ)というWordPress専用の仮想マシンがありました。
しかも国産!素晴らしい。

これを近頃630円/月のコースが出て値ごろ感が出てきたConoHa (このは)にインストールしましたので、その時の試行錯誤をご紹介します。

ここに書かれた手順を順に実施すれば、Linuxにあまり詳しくない人でも「月々630円の格安WordPressサーバー」を立ち上げられるようにしていますので、

  • 今までVPSが高くて手が出なかった方
  • VPSを触って勉強してみたい方

はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ConoHaとは

本ページから新規でConoHaのアカウントを登録した方限定!VPSが最大1ヶ月無料!

ConoHaはGMOインターネット株式会社が提供する「VPS」サービスで、下記の利点があります。

  1. 転送量無制限
    →トラフィック量の予想がつかないサービスを始めやすい
    →収益が伴うか怪しいサービスを始めやすい
  2. クラウド上にVPSが作られている
    →CPUやメモリなどのスペック増強が管理画面上から簡単にできる
    →サーバーの引越し作業が不要になる
    →サービスのスケールアップに対応しやすい

あらかじめ「KUSANAGI」や「マストドン」などのアプリケーションサーバーのDISKイメージが準備されており、簡単にサーバーを作ることができるよう工夫されています(イチからOSをインストールすることもできます)。

「そもそもVPSって何だ?」という方はこちらの記事もどうぞ。

関連記事 【猫でも分かる簡単説明】VPSとクラウドの違いを徹底解説!

KUSANAGIとは

プライム・ストラテジー株式会社が開発するWordPress専用の仮想マシンです。

  1. OS (CentOS)
  2. Webサーバー (Nginx / Apache)
  3. DBサーバ (MariaDB)
  4. アプリケーションサーバ (PHP / HHVM)
  5. WordPress本体 (専用プラグイン付き)

というWordPressブログを動かすために必要な機能を1つの仮想マシンイメージファイルにまとめているため、1回のOSインストール作業でWordPressに必要な環境が一発で揃う簡便さが特徴です。

関連記事 WordPressを高速化できるKUSANAGIとは?

手順

ConoHaの入会

まずはConoHaへの入会が必要です。

とはいえ全てオンラインで、即完了します。
この気軽さは凄いです。

ConoHaに入会して、KUSANAGI仮想マシンを立ち上げるまでの手順です。

KUSANAGIのインストール

KUSANAGIの初期設定をすることでネットからWordPressブログを公開できる状態にします。

ConoHa上のKUSANAGIを初期設定することでWordPressブログを公開できる状態にします。 大まかな段取り:①初期設定②プロビジョニング③WordPressのインストール

説明内容:

  1. KUSANAGIのインストール手順
  2. 初期プロビジョニング手順
  3. WordPressのインストールの手順
  4. 任意でキャッシュを有効化します。
    KUSANAGIの2つのキャッシュ機能(bcache/fcache)をONにする方法です。

SSH環境の整備

KUSANAGIのリモート操作環境を準備します。
SSH接続できるようにするのと同時にSSHポートのセキュリティを強化します。

KUSANAGIにSSHでつなぐためにセキュリティを強化します。 内容:①root接続禁止②SSH鍵を必須にする③SSHポート番号変更

データ移行の準備

イチからブログを立ち上げるのであればこの手順は必要ないのですが、引っ越しであればデータ移行が必要です。

WordPressのデータ移行に関する考察

WordPressのバックアップ(データ移行)について色々と調査したときの記録です。

今回の場合は正サイト(エックスサーバー)の内容を副サイト(ConoHa)に同期を取りたかったので、wordmoveをKUSANAGIへインストールしました。

KUSANAGIにwordmoveをインストールするための手順です。

まとめ

「ちょうどいい」サービスが出てきたんじゃないか?

いわゆる「レンタルサーバー」ではシステム構成が決め打ちされているのでブログをすぐに始められる一方、

  • 自作アプリを動かしたい
  • 凝ったチューニングを施したい
    (例:Webサーバーソフト換えたい、ネットワーク設定を変更したい)
  • サーバーのスペックを増強したい
    (例:DISK容量を増やしたい、繁忙期のみメモリを増やしたい)

といったことをやろうとすると色々と制限が出てきてしまいます。

そのため、フルカスタム用途ではOSから自分でセットアップできる「クラウド」や「専用サーバー」、「VPS」を使うのが一般的ですが、何処の業者さんでもこういったサービスは大抵初期費用が掛かったり従量課金制が怖かったりと「本格的なメディアをやってみよう」と言うには腰の重いものでした(特に個人)。

ConoHaも以前はメモリ1GB・900円/月が最安プランだったため、「WordPressサーバー」という観点では「性能高めのレンタルサーバー(例:エックスサーバー )」などに比べて圧倒的にコストパフォーマンスが良い、というものではありませんでした。

しかし、近頃ConoHaにメモリ512GBで初期費用不要・630円/月というプランが追加されたことで値ごろ感が出てきました。

ConoHaはWebサービスのスタートアップにとても向いている

ConoHaは価格帯とクラウドの柔軟性から、「Webサービスのスタートアップ」に特に向いていると思います。

  1. 最初は1台で
  2. メモリを増やしてみて
  3. WebとDBに分けてみて
  4. ロードバランサとWebを増やして

…のようにスケールアップの余地がありますし、転送量無制限の定額制ですので経費が想定外になるリスクもありません。

単なるWebのレンタルサーバーではこういった柔軟な構成を取ることはできません。
スケールアップするときはサーバーの引っ越しが必要です。

今回紹介したシナリオは「最初は1台で」の部分だけなので『クラウドVPS』である理由はまだ薄いのですが、サイトが成長して規模を拡大しても契約を変えることなくスケールアップしてゆけるのはクラウドの大きな利点です。

スペックや価格帯の詳細は公式サイトを確認してみてください。

本ページから新規でConoHaのアカウントを登録した方限定!VPSが最大1ヶ月無料!