【アダルトサイトOK】なレンタルサーバーの一覧

lounisproduction / Pixabay

こんにちは。不可思議絵の具です。

ネットでアフィリエイトなど広告収入を得ようと思ったら、アダルトサイトの運営が選択肢の1つとして挙がると思います。

また、Webサイト制作の現場では、風俗店やアダルト商品通販のサイトが顧客におられることでしょう。

しかし、アダルトサイトは法的リスクはもちろん、時間帯アクセス数の偏りが非常に強いので負荷対策のコストが高く、画像や動画を多用して回線負荷が高いため、レンタルサーバー業者から見るとアダルトサイトは、ぶっちゃけ扱いが面倒くさいお客さんです(ぶっちゃけスギィ!)。

その為、アダルトサイトの運営を許可しているレンタルサーバーは少なく、OKっぽくても運営の可否をボカシて表現しているところが多く、規約を詳細に確認するのが大変です。

そんなこんなでアダルトサイトの開設はサーバー探しが一番大変です(´-﹏-`;)

そこで各レンタルサーバーの規約を詳細に確認し、アダルトサイトを明確に開設OKなレンタルサーバーを調べました。

海外サーバーなら安全なのか?

アダルトサイト用のサーバー選びで重視されるのは、転送量制限サーバーの設置場所(国内or海外)です。

転送量は画像を多用するアダルトサイトでは言わずもがなですね。

サーバーの設置場所ですが、「アダルト対応」を謳う海外サーバーの多くはアメリカの西海岸地域、特にカリフォルニア州にあるデータセンターを利用しています。

アダルトサーバーのメッカ(笑)がカリフォルニアなのは、

  • アメリカでは無修正ポルノが許可されている
    (サーバー上のコンテンツは、そのサーバーのある国の法律が適用される)
  • その中でカリフォルニア州は特に性的表現に寛容
  • 日本とアメリカの西海岸は大容量のインターネット海底ケーブルが引かれていて、カリフォルニアは回線速度が有利

こういった理由が挙げられます。

ゆえに、一昔前は「アダルトやるなら海外サーバー」というのが常識でした。

では現在、海外のサーバーを使えば無修正コンテンツを公開して良いのかというと、そうではありません

たとえ海外にサーバーを置いていようと、運営者が国内在住であれば、その行為には日本の法律が適用されますので、国内から無修正コンテンツをサーバーにアップロードすれば違法行為になります。

運営者・サーバー共にアメリカ所在の「カリビアンコム」の様な形態でも逮捕の事例がありますし、下手をすると無修正コンテンツにリンクを張っただけで逮捕された事例もあります。

現在では無修正コンテンツを海外に置くのはクロに近いグレーゾーンと言えるでしょう。

基本的には日本の法律に則ったコンテンツ作りをしなければなりません。

このような状況の変化から、以前はアダルトサイトといえば海外サーバーを使うのが常識でしたが、現在はそうでもなくなってきています。

「サポートの安心感」や「回線の太さ」を考えると、現在では国内サーバーでも良いのではないか、というのが私の見解です。

アダルトサイト運営可能なレンタルサーバーの一覧

まずはザックリと、大手から小さい所まで、全てまとめて一覧表で紹介します。

一覧表は下記のルールで作っています。

  • 公式ページが英語のみのレンタルサーバーは除外しました。
    (→サポート面で不安だから)
  • 共用サーバーのみ。
    VPS・専用サーバープランのみのレンタルサーバーは除外しました。
    (→サイト開設の難易度が高いから)
  • ディスク容量に「SSD」表記がないものはHDDを使用しています。
    よほど安くない限り、読込が高速な「SSD」を選ぶことを強くオススメします。
  • 月額は最安コースを選び、年払いなどで最大に割引したものを表示しています。
  • 別途初期費用が掛かる場合があります。
  • 月額料金の安い順です。

国内設置

サーバーが国内に設置されているレンタルサーバーの一覧です。

名前 月額 容量 転送量
さくらのレンタルサーバ スタンダード 429円 100GB 80GB/日
カゴヤ・ジャパン 864円 100GB 120GB/日
mixhost

参照 国内おすすめの理由

880円 SSD
40GB
1TB/月
(約34GB/日)

iCLUSTA+

934円 200GB 無制限
JETBOY

参照 国内おすすめの理由

980円 SSD
40GB
無制限
アナハイム エレクトロニクス 980円 20GB 無制限
FUTOKA 1,980円 10GB 20GB/日
Drive Network 2,160円 40GB 1GB/日
(2018/01/22)
mixhostのプラン・価格改定に対応

海外設置

サーバーが海外に設置されているレンタルサーバーの一覧です。

名前 月額 容量 転送量
MINIPOP

解説 海外おすすめの理由

250円 SSD
25GB
無制限
フレンドサーバー 3ドル SSD
2GB
150GB
INETDEDI 480円 8GB 無制限
ATレンタルサーバー 880円 20GB 30GB
POPWONDER 980円  60GB 無制限
マジックボックス 1,000円 3GB 20GB
Web750 15ドル 100GB 無制限
FC2レンタルサーバー 3,500円 10GB 無制限

おすすめレンタルサーバーピックアップ

前出の一覧表から、「私の独断と偏見でオススメできるレンタルサーバー」を数社ピックアップして紹介します。

国内:mixhost

初期費用 無料
月額 880円~
容量 SSD 40GB~
転送量 1TB/月(約34GB/日)

全てのプランでアダルトサイトの運営を行う事ができます。

  • クラウドレンタルサーバー
    日本国内において合法なアダルトサイトを運用していただけます。
    無修正など違法性の高いサイトは運用できません。
  • クラウドレンタルサーバーアメリカ(新規申込終了)
    日本国内、米国カリフォルニア州の両方において合法なアダルトサイトを運用していただけます。
    無修正など違法性の高いサイトは運用できません。

「mixhostヘルプセンター」から引用

まず、文句無しで一番オススメできるのはmixhostです。

ディスクは高速なSSDを使い、容量は40GBで必要十分。

独自SSL(https://~)が無料で使え(しかも対応ブラウザーの多いComodo社製)、HTTP/2により高速な表示が可能になります。

このデモ】を見れば一発で分かりますが、HTTP/2を使うと、1つ1つ直列に送信されていた画像が、まとめて並列に送信されるようになり、画像表示がかなり高速化します。

つまり、画像パーツの多いアダルトサイトに最適な機能なんです。

HTTP/2に特別な設定は要らず、独自SSLサイトでは自動で有効になります。
独自SSLの設定は管理画面上でボタンを押すだけです。
(既存サイトをSSL化する場合は既存のリンクの修正が必要なので注意)

昨今、サイト作成といえばWordPressを使うことが多いですよね。
mixhostはその辺の対策も抜かりなしです。

まず、WordPressを実行する、いわば心臓部となるPHP言語に「PHP7」を使えます。
これは従来のレンタルサーバーに搭載される「PHP5」に比べて2倍の処理速度が出ます。

それに加え、独自のWordPress専用キャッシュを搭載することでWordPress専用レンタルサーバーに負けない速度を叩き出します。

表示速度に関しては万全の体制であると言って良いでしょう。

独自ドメイン・サブドメインを無制限に作成可能なので、ブランド分けやバックリンクサイトの量産にも適しています。

データベース数も無制限なので、全ドメインに気兼ねなくWordPressをインストールできます。

メールアドレス・FTPアカウントも無制限に作成できます。

バックアップは毎日自動で取られ、過去30日分に渡って無料で復元可能
復元は有料の所が多い中で、これは運用上ありがたいサービスです。

最安のエコノミーでも全ての機能が使えます。

コース価格の違いは単純にディスク容量・CPU数・メモリ・転送量の差だけで、月額を積めばスペックも上がるというシンプルさが良いです。

さらに、有償(9,800円~)ではありますが、「WordPress移転代行サービス」もあり、技術的なことがサッパリ分からない人でも安心・安全に既存サイトを移設できます。

サーバー設置場所は国内です。

以前はアメリカ(カリフォルニア)にもありましたが、現在は新規申し込み終了しています。

最後に料金表です。

プラン スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス エンタープライズ
SSD 40GB 60GB 80GB 120GB 160GB
CPU数 2 3 4 6 8
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
転送量 1TB/月
(約60GB/日)
1.5TB/月
(約51GB/日)
2TB/月
(約68GB/日)
3TB/月
(約102GB/日)
4TB/月
(約136GB/日)
初期費用 無料
月額 880円 1,780円 3,580円 7,180円 14,380円

全プランとも、一般サイトの基準で見ても相当コスパが高いです。

最安のスタンダードコースで十分大規模なサイトを運営できるでしょう。

規模感は、一般サイトの基準では100万PV/月程度といった所でしょうが、アダルトの場合は画像が多いので、7掛けの70万PV/月程度で考えておいたほうが良いと思われます。

mixhostの場合は引っ越し不要で上位プランに変更できますので、最初はスモールスタートして徐々にプランを上げてゆけば良いでしょう。

プランの変更はいつでも可能で、切り替え作業はmixhost側が行ってくれます。

スペック良し・機能良し・コスパ良しの三拍子揃った、無条件に推奨できるサーバーです。

エックスサーバーが一般用途の雄とすると、mixhostはアダルト用途の雄と言えます。
無論、一般用途でもかなりオススメできます。

公式サイトはこちら

国内:JETBOY

初期費用 500円~
月額 980円~
容量 SSD 40GB~
転送量 無制限

次にオススメしたいのはJETBOYです。
(特に「スタンダードSSDコース」)

JETBOYのサービス内容は明らかにmixhostを意識しており、機能的にはほとんど変わりませんが、明確な弱点が2つあります。

  1. DB数に制限がある
  2. SSHが使えない

しかしその代わり、同価格帯であればmixhostよりもスペックが上です。

特に980円/月の「スタンダードSSD」プランでは、100円の差でCPUコア数が+1、メモリ容量+1GBとなり、mixhostより旨味があります。

下の表はmixhostとJETBOYを同価格帯同士で並べたものです。

月額
価格帯
サーバー プラン 月額 DISK
容量
CPU
コア数
メモリ
容量
DB数 アダルト
参考 JETBOY ミニSSD 290円 5GB 1 512MB 3 ×
ファーストSSD 580円 20GB 2 1GB 20
1,000円
注目
mixhost スタンダード 880円 40GB 2 1GB 無制限
JETBOY スタンダードSSD 980円 3 2GB 40
2,000円 mixhost プレミアム 1,780円 60GB 3 2GB 無制限
JETBOY プレミアムSSD 1,980円 80GB 5 4GB 70
4,000円 mixhost ビジネス 3,580円 80GB 4 4GB 無制限
JETBOY ビジネスSSD 4,980円 120GB 8 8GB 100
7,000円 mixhost ビジネスプラス 7,180円 120GB 6 8GB 無制限
JETBOY ビジネスプロSSD 7,580円 150GB 12 16GB 150
JETBOYでのアダルトサイト開設には980円/月の「スタンダードSSD」プラン以上の契約が必要ですので、ご注意下さい。

では、この「DB数制限」と「SSH不可」の弱点をどう捉えるか、ですが…?

まず、「DB数」は「設置できるWordPressの数」に直結しますので、これが実質的なサイト数の限界になります。

つまり「スタンダードSSD」ならWordPressだと40サイトが限界です。
(シリウス等、HTMLのみで構成されたサイトなら限界はありません)

しかし現実問題、1サーバーに何十個もサイトを立ち上げるでしょうか?
ほとんどの人にとっては数個あれば十分ではないでしょうか。
私は最大10サイト程度持ったことがありますが、とても更新の手が回らず、結局2~3サイトに収束しました。

mixhostの「無制限」は確かに安心感がありますが、実際にはJETBOYの「40個」でも途方もない数量です。

次に「SSH不可」ですが、SSHとはサーバーにteratermなどでアクセスしてコマンドを直接実行する黒い画面のアレです。

あれ、使いますか?

あなたがWebエンジニアであれば、プログラムのデバッグや大量ファイルの操作のために欲しいと感じるでしょうが、大半のサイト管理者にとってはWordPressの管理画面と、せいぜいFTPがあれば必要十分ではないでしょうか?

この2点を割り切って使える方…特に少数のWordPressサイトを大きく育てるつもりの方にとってはmixhostよりも高いコストパフォーマンスを発揮します。

サーバー性能の高さには自信があるようで、公式サイトにはWordPressによるデモサイトが公開されています(これ、他では見たことない)。

実際に触ってみて、公式が言うことを納得できる速さか体感してみて下さい。

また、mixhostでは有料の「WordPress移転代行サービス」が無料なので、既存サイトを引っ越ししたい方にもオススメできます。

公式サイトはこちら

海外:minipop

公式サイト MINIPOP

mixhost並の機能を持ちながら、月額250円からで転送量無制限の安さが売りのminipop。

サーバーはアメリカのカリフォルニア州(ロサンゼルス)にあります。

料金表

プラン ミニ ビッグ
SSD 25GB 50GB
独自ドメイン数 5 10
転送量 無制限
初期費用 3,500円
月額 250円 500円

ドメイン数が少ないのが痛いですが、とにかく安いのが特徴で、ミニプランなら初期費用込で年間6,500円で済みます。
次年度ともなると3,000円で済みます。

発リンク用・たらい回し用のサテライトサイトとして使うと良いでしょう。

ディスクは高速なSSDで、容量は25GBで十分。

mixhostと同じくcomodo社のSSLを無料で使用できます。

WordPressの簡単インストールにも対応しており、SSHが有料な以外はmixhostに全く引けをとりません。

バックアップは毎日ですが、期間と復元費用は確認したほうが良いでしょう。

転送量も「無制限」ではありますが、具体的に何GB目安なのか、超えた時にどういった制限が掛るのかを確認したほうが良いでしょう。

無名ではありますが、運営会社のトーマス・オブ・アメリカは2001年から続く老舗で、兄貴分にあたるPOPWONDERも運営しています。

公式サイトの内容はFAQが揃っていないなど質素ですが、最新情報を見るとこまめにメンテナンスされていることが伺えます。

公式サイトはこちら

余談

今回の記事を起こすにあたり、データーを集めていて思ったことを。

余談1:カゴヤ神話は古い

他のサイトではアダルトOKの代名詞として何故かカゴヤ・ジャパンの名前が良く出てきますが、情報が古いのではないでしょうか?

確かに、昔カゴヤが小規模だった頃はアダルトOKを全面に押し出していたからなのかもしれませんが、今ではその辺のアピールは薄れ、「一応OK」レベルになっています。

もはや、「アダルト対応」という意味では真っ先に名前を挙げるところではないと思います。

余談2:意外な伏兵、Amazon AWS

Amazon AWSはクラウドなので本記事の紹介対象からは外れるのですが、実はAWSってアダルトサイト作れます

違法、有害、不快な使用またはコンテンツの禁止

(前略)禁止される行為またはコンテンツには、以下が含まれます:

不快なコンテンツ。児童ポルノを含む、獣姦に関連する、または非合意性行為を描くコンテンツを含む、中傷的、わいせつ、虐待的、プライバシーを侵害する、もしくは不愉快なコンテンツ。

Amazon Web Services 適正利用規約

要するに「児童ポルノ」「獣姦」「レイプ」を描いたものでなければエロOKです。

とてもお硬そうなのに意外ですね。エロは完全NGだと思ってました。

リージョンにアメリカ・東京・その他の国が選べますので、国内サーバーとしても、海外サーバーとしても使えます。

何より、Amazonの堅牢なインフラが使えるのが最大のメリットでしょう。

ただし、クラウドなのでサーバー構築の知識が必須で、かつ転送料が従量制なので、稼げるコンテンツでないと元が取れません(稼げないうちから人が押し寄せると転送料でパケ死)。

そういう意味では上級者向けと言えるでしょう。

まとめ

本当は他にもアダルト運営可能なレンタルサーバーが沢山ありますが、運営がしっかりしているところに絞っています。

この記事がレンタルサーバー選びの参考になれば幸いです。

その他、このようなレンタルサーバーのまとめ記事もあります。

WordPressを使える無料レンタルサーバーを紹介します。
SEOの観点から可能な限り常時SSLにした方が良いです。 一部サーバーではHTTP/2で表示速度が速くなるので、新規サイトなら必須と言えましょう。 常時SSLに必要な「独自SSL」機能を無料で使えるレンタルサーバーの一覧をまとめました。
WordPressの高速化には技術的なハードルや手間がかかります。 WebサーバーやDBの切り替え、キャッシュプラグインの導入など…。 しかし、【KUSANAGI】を使えば、「無料」で「高速化済みのWordPressが簡単に」導入できます!

ドメインはもう決めましたか?

ドメイン名の選定や業者選びはこちらの記事が参考になると思います。

本気のWebサイトであればドメイン取得は必須です。 ドメインはWebサイトのブランド・看板。 Webサイトを末永く続けたいなら、ドメインを一番真剣に考えるべきです。 ドメインの選定と購入で押さえておくべきポイントを紹介します。

では(^O^)/