アダルトサイト運営可能なレンタルサーバーの一覧

lounisproduction / Pixabay

こんにちは。不可思議絵の具です。

ネットでアフィリエイトなどの収入を得ようと思ったら、アダルトサイトの運営が選択肢に挙がると思います。
Webサイト制作の現場では風俗店やアダルト商品通販のサイトが顧客に居られるでしょう。

しかし、アダルトサイトは法的リスクはもちろん、画像や動画を多用して回線負荷が高いため、アダルトサイトの運営を許可しているレンタルサーバーは多くありません。

運営の可否をボカシて表現しているところも多く、規約を詳細に確認するのが大変です。

そこで、アダルトサイト運営が可能なことを明言しているレンタルサーバーを調べてまとめましたので参考にどうぞ!

スポンサーリンク

海外サーバーなら安全なのか?

アダルトサイト用のサーバー選びで重視されるのは、【転送量制限】と【サーバーの設置場所(国内/海外)】です。

転送量は画像を多用するアダルトサイトでは言わずもがなですね。

サーバーの設置場所ですが、「アダルト対応」を謳う海外サーバーの多くはアメリカの西海岸地域、特にカリフォルニア州にあるデータセンターを利用しています。

アダルトサーバーのメッカ(笑)がカリフォルニアなのは、

  • アメリカでは無修正ポルノが許可されている
    (サーバー上のコンテンツは、そのサーバーのある国の法律が適用される)
  • その中でカリフォルニア州は特に性的表現に寛容
  • 日本とアメリカの西海岸は大容量のインターネット海底ケーブルが引かれていて、カリフォルニアは回線速度が有利

こういった理由が考えられます。

では、アメリカのサーバーを使えば無修正コンテンツを公開して良いのかというと、そうではありません

たとえ海外にサーバーを置いていようと、運営者が国内在住であれば、その行為は日本の法律が適用されますので、国内から無修正コンテンツをサーバーにアップロードすれば違法行為になります。

運営者・サーバー共にアメリカの「カリビアンコム」の様な形態でも逮捕の事例があります。

無修正コンテンツはクロに近いグレーゾーンと言えるでしょう。

ゆえに、基本的には日本の法律に則ったコンテンツ作りをしなければならず、「海外サーバーだから自由」というわけではない以上、海外サーバーは必ずしもアドバンテージとは言えません。

以前はアダルトサイトは海外サーバーを使うのが半ば常識でしたが、現在はそうでもなくなってきています。

サポートの安心感や回線の太さを考えると国内サーバーでも良いのではないか、というのが私の見解です。

アダルトサイト運営可能なレンタルサーバーの一覧

まずはザックリと大手から小さい所まで全てまとめて一覧表で紹介します。

  • 公式ページが英語のみのレンタルサーバーは除外しました。
  • VPS・専用サーバープランのみのレンタルサーバーは除外しました。
  • 月額は最安コースを選び、年払い等最大割引を適用したものを表示しています。
  • 別途初期費用が掛かる場合があります。
  • 月額料金の安い順です。

国内設置

まずはサーバーが国内に設置されたレンタルサーバーの一覧です。

名前月額容量転送量
さくらのレンタルサーバ スタンダード429円100GB80GB/日
mixhost

解説あり

480円SSD
10GB
30GB/日
JETBOY817円20GB無制限
カゴヤ・ジャパン864円100GB120GB/日

iCLUSTA+

934円200GB無制限
アナハイム エレクトロニクス980円20GB無制限
FUTOKA1,980円10GB20GB/日
Drive Network2,160円40GB1GB/日

海外設置

海外にサーバーが設置されたレンタルサーバーの一覧です。

名前月額容量転送量
MINIPOP

解説あり

250円SSD
25GB
無制限
フレンドサーバー3ドルSSD
2GB
150GB
INETDEDI480円8GB無制限
POPWONDER980円 60GB無制限
マジックボックス1,000円3GB20GB
Web75015ドル100GB無制限
FC23,500円10GB無制限
ATレンタルサーバー880円20GB30GB

私のおすすめレンタルサーバー

私の独断と偏見でおすすめのレンタルサーバーをピックアップします。

国内:mixhost

公式サイト mixhost

全てのプランでアダルトサイトの運営を行う事ができます。

  • クラウドレンタルサーバー
    日本国内において合法なアダルトサイトを運用していただけます。無修正など違法性の高いサイトは運用できません。
  • クラウドレンタルサーバーアメリカ(新規申込終了)
    日本国内、米国カリフォルニア州の両方において合法なアダルトサイトを運用していただけます。無修正など違法性の高いサイトは運用できません。

mixhostヘルプセンター

まず、文句無しで一番オススメできるのはmixhostです。

ディスクは高速なSSDを使い、容量は10GBで必要十分。

独自SSLが無料で使え(しかも対応ブラウザーの多いComodo社製)、HTTP/2により高速な表示が可能です。

正直なところ、アダルト分野ではASP側の対応がまだまだなので、現状はSSL対応はあまり重要ではありませんが、将来的なことを考えるとSEO上は重要な要素です。

サイトはWordPressで作成をすることが多いと思いますが、WordPress専用キャッシュを搭載することでWordPress専用レンタルサーバーに負けない速度を叩き出します。

PHPは従来のPHP5に比べて2倍の処理速度があるPHP7が使えます。

表示速度に関しては万全の体制であると言って良いでしょう。

独自ドメイン・サブドメインを無制限に作成可能なのでブランド分けやバックリンクサイトの量産にも適しています。

データベース数も無制限なので、全てのドメインにWordPressをインストールできます。
(複数インストールする場合はメモリ容量の関係上、スタンダードプラン以上を推奨

メールアドレス・FTPアカウントも無制限に作成できます。

バックアップは毎日自動で取られ、過去30日分に渡って無料で復元可能
復元は有料の所が多い中で、これは運用上ありがたいサービスです。

最安のエコノミーでも全ての機能が使えます。

コース価格の違いは単純にディスク容量・CPU数・メモリ・転送量の差だけで、月額を積めばスペックも上がるというシンプルさが良いです。

サーバー設置場所は国内です。

以前はアメリカ(カリフォルニア)にもありましたが、現在は新規申し込み終了しています。

最後に料金表です。

プランエコノミースタンダードプレミアムビジネスビジネスプラス
SSD10GB30GB48GB72GB96GB
CPU数12345
メモリ512MB1GB2GB4GB6GB
転送量30GB/日60GB/日90GB/日120GB/日150GB/日
初期費用無料
月額480円980円1,980円3,980円5,980円

全プランとも一般サイトの基準で見ても、かなりコスパが高いです。

最安のエコノミーは特に格安ですが、転送量が30GB/日という点をどう考えるかです。

一般サイトでは全く不自由ない容量ですが、アダルトサイトという観点ではスタンダードコースの60GB/日は確保しておいたほうが良いのではないかと思います。

とはいえプランの変更はいつでも可能で、切り替え作業はmixhost側が行ってくれます。

スペック良し・機能良し・コスパ良しの三拍子揃った、無条件に推奨できるサーバーです。

一般用途の雄がエックスサーバーとすると、アダルト用途の雄と言えます。
無論、一般用途でもかなりオススメできます。

公式サイト mixhost

海外:minipop

公式サイト MINIPOP

mixhost並の機能を持ちながら、月額250円からで転送量無制限の安さが売りのminipop。

サーバーはアメリカのカリフォルニア州(ロサンゼルス)にあります。

ディスクは高速なSSDで、容量は25GBで十分。

mixhostと同じくcomodo社のSSLを無料で使用できます。

WordPressの簡単インストールにも対応しており、SSHが有料な以外はmixhostに全く引けをとりません。

バックアップは毎日ですが、期間と復元費用は確認したほうが良いでしょう。

転送量も「無制限」ではありますが、具体的に何GB目安なのか、超えた時にどういった制限が掛るのかを確認したほうが良いでしょう。

無名ではありますが、運営会社のトーマス・オブ・アメリカは2001年から続く老舗です。
兄貴分にあたるPOPWONDERも運営しています。

公式サイトの内容はFAQが揃っていないなど質素ですが、最新情報を見るとこまめにメンテナンスされていることが伺えます。

最後に料金表です。

プランミニビッグ
SSD25GB50GB
独自ドメイン数510
転送量無制限
初期費用3,500円
月額250円500円

公式サイト MINIPOP

余談

余談1:カゴヤ神話は古い

余談ですが、他のサイトではアダルトOKの代名詞として何故かカゴヤ・ジャパンの名前が良く出てきますが、情報が古いのではないでしょうか?

確かに、昔カゴヤが小規模だった頃はアダルトOKを全面に押し出していたからなのかもしれませんが、今ではその辺のアピールは薄れ、「一応OK」レベルになっています。

もはや、「アダルト対応」という意味では真っ先に名前を上げるところでは無いと思います。

余談2:意外な伏兵、Amazon AWS

本記事ではAmazon AWSはクラウドなので対象外なのですが、実はAWSってアダルトサイト作れます。

違法、有害、不快な使用またはコンテンツの禁止

(前略)禁止される行為またはコンテンツには、以下が含まれます:

不快なコンテンツ。児童ポルノを含む、獣姦に関連する、または非合意性行為を描くコンテンツを含む、中傷的、わいせつ、虐待的、プライバシーを侵害する、もしくは不愉快なコンテンツ。

Amazon Web Services 適正利用規約

要するに「児童ポルノ」「獣姦」「レイプ」を描いたものでなければOKです。
とてもお硬そうなのに意外ですね。完全NGだと思ってました。

リージョンにアメリカ、東京、その他の国が選べますので、国内サーバーとしても、海外サーバーとしても使えます。

何より、Amazonの堅牢なインフラが使えるのは大きなメリットでしょう。

ただしクラウドなのでサーバー構築の知識が必須で、転送量が従量制なので稼げるコンテンツでないと元が取れません。

そういう意味では上級者向けと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本当はもっともっと沢山のレンタルサーバーがありますが、基本的に運営がしっかりしているところに絞りました。

レンタルサーバー選びの参考になれば幸いです。

その他、このようなレンタルサーバーのまとめ記事もあります。

WordPressを使える無料レンタルサーバーを紹介します。
SEOの観点から「常時SSL」は可能な限り対応した方が良いと言われています。 そこで、常時SSL対応に必要な「独自SSL機能」を無料で使えるレンタルサーバーの一覧をまとめました。 対象はブログ/アフィリエイトサイトを想定しています。
WordPressの高速化には技術的なハードルや手間がかかります。 WebサーバーやDBの切り替え、キャッシュプラグインの導入など…。 しかし、【KUSANAGI】を使えば、「無料」で「高速化済みのWordPressが簡単に」導入できます!

では(^O^)/