Thinkpad X1 CarbonにHyper-Vをインストールする方法

こんにちは。不可思議絵の具です。

この記事ではLenovo Thinkpad X1 Carbon 2017(以下X1 Carbon)にHyper-Vをインストールする方法を解説しています。

とはいえ、他機種や自作機でも要領は一緒です。

先日購入したX1 Carbonを実用しながら、初期設定を進めています。

関連記事(購入時) X1 Carbonをフルカスタマイズで買う方法とオススメスペック

関連記事(購入時) 来たでX1 Carbon!ドヤ顔速報と外観レビュー

関連記事(使用感) X1 Carbon(2017) ロングランレビュー

Windows 10 ProのHyper-Vを動かそうとしたのですが、出荷時設定ではUEFIの仮想化支援機能が無効だったので、そのままでは動きませんでした。

そこで、まずはUEFIの設定変更を行いました。

スポンサーリンク

Hyper-VはUEFIの仮想化支援機能が必要

X1 Carbonは初期状態ではUEFI(BIOS)の仮想化支援機能が無効状態です。

そのため、「Windowsの機能」からHyper-Vをインストールしようとしても警告が表示され、インストールできません。

Hyper-Vは仮想化支援機能の有効化が必要

そのため、まずはUEFIの仮想化支援機能を有効化する必要があります。

VMWareやVirtualBoxなど、他の仮想マシンソフトウェアでも同様と思われます。

手順

UEFIで仮想化支援機能を有効化する

UEFI設定画面を表示する

電源を入れたらすぐにEnterキーを押す

起動時に出るこの画面でEnterキーを押します。

Enter押下し、F1キーを押下

続いてEnterキーを押し、カウントダウンを止めます。

その後、F1キーを押下して設定画面を表示します。

Intel VTとVT-dを有効化する

Security→Virtualization

設定画面が表示されたらキーでSecurityタブ(何故Security???)に移動。

キーで「Virtualization」にカーソルを合わせ、Enterキーで開きます。

VT, VT-dをEnableに変更

  • Intel Virtualization Technology
  • Intel VT-d Feature

をそれぞれEnabledにします(それぞれカーソルを合わせ、Enterキーで設定変更)。

再起動

F10キーでSave and Exitします。

Windows 10でHyper-Vを有効化する

「Windowsの機能」を表示すると、Hyper-Vが選べる状態になっています。

仮想化支援機能が有効だとHyper-Vを選べる

チェックを入れ、再起動します。

Hyper-Vにチェックを入れ、再起動

以上で、Hyper-Vを利用する準備ができました。

まとめ

とりあえずの動作テストでUbuntu 16.04 Serverをインストールしてみましたが、デスクトップ機並みにサクサク動いてイイですね。

なお、具体的なセットアップ方法は以下の記事を参照ください。

Windows 10 ProのHyper-VにUbuntu 16.04 Serverをインストールする手順です。 ①Hyper-Vの設定 ②Ubuntuインストーラーの起動 を説明します。

ゆくゆくは、DockerかVagrantと組み合わせてWordPress関連の開発に使えたら良いなあと思っています。

では(^O^)/