Thinkpad X1 Carbon 2018と2017の違い

こんにちは。不可思議絵の具です。

Lenovo Thinkpad X1 Carbon 2018(第6世代)の内容がCES 2018で発表されました。
そして、2018/2/9直販開始……。

2017(第5世代)を持っている自分としては、超気になります!
(大した改良じゃありませんように……(爆))

2017ユーザーの目線で2018の変更内容をまとめました。

以降、Lenovo Thinkpad X1 Carbonだと長いので「X1 Carbon」と表記します。

各種ニュースソース

公式サイト

まず、メーカーの公式ページはここですね。

X1 Carbonは14型の液晶搭載した超軽量のプロフェッショナルのためのプレミアム・モバイルノートです。実績のある耐久性はそのままに、エレガントな美しさとシームレスな応答性を兼ね備えたこのモデルは、ビジネスの生産性を高めることができます。

で、公式ティザー動画がこちら。

ThinkPad X1 Family Tour (2018)

やだ…(トゥンク) カッコイイ…♥

IT系ニュースサイト

IT系ニュースサイトでは下記のページがよくまとまっていました。

PC Watch

参照Lenovo、世界初Dolby Vision HDR対応モバイルノート「ThinkPad X1 Carbon」

参照実機で見る「ThinkPad X1」シリーズ新モデル3機種

マイナビニュース

参照ThinkPad X1シリーズ3兄弟の2018年モデルはどこが変わったのか? 写真で実機をチェック

主な変更箇所

で、本題の「X1 Carbon 2017からどこがバージョンアップしたのか」を個人的にインパクトのある順に上げてゆきます。

なお、既存ユーザーが一番気になるであろうサイズ・重量は変化ありません

筐体デザインはX1 Carbon 2017で一旦の完成に至ったと見て良いでしょうね。

稼働時間が15時間から17.2時間に向上

(2018/02/02追記)

販売店モデル仕様書によると、稼働時間が従来の15時間から17.2時間に向上していますね。

重量は変わらず、稼働時間が伸びる。
これは嬉しいニュースです。

比率的にもすごい伸びです。
液晶パネルに何か大きな世代交代でもあったのでしょうか?

HDR液晶ディスプレイが選べる

X1 Carbon 2018の最大の目玉が液晶ディスプレイの強化で、HDR版を選べます。
(各ニュースサイトで言うところの「Dolby Vision対応ディスプレイ」というやつ)

参考よくわかる、HDR徹底解説! HDRとは (EIZO株式会社)

輝度は2017の300nitから500nitに向上、Adobe RGBカバー率は100%を達成し、クリエイターレベルの高画質表示に。

MacBookを超意識してますね!

液晶ディスプレイの具体的なラインナップは下記4種類です。(>詳細

種類解像度HDR対応ノングレアタッチ
1フルHD IPS
(1920×1080)
2
3WQHD IPS
(2560×1440)
4

※タッチ機能は10点マルチタッチ

つまり、HDR画質をゲットしたいなら「WQHDのHDR対応版」をオプションで選択するということになるでしょう。

この動画を観るとHDRディスプレイの美しさがよく分かります。

Lenovo 2018 ThinkPad X1 Carbon & YOGA Hands On | CES 2018

左がHDRディスプレイ、右が非HDRディスプレイですが、HDRディスプレイのほうが明らかにコントラストが高く、色鮮やかに表示されています(ただし映り込みも強い。後述)。

なお、各ニュースサイトで表現されている「Dolby Vision対応」ですが、Dolby Vision自体は映像コーデックでソフト側の対応も必要なので、常に有効な訳ではありません

参考4K HDRとDolby Visionはどう違うのか? (2) VRヘッドマウントとDolby Atmos (マイナビニュース)

参考4Kテレビ選びの重要ワードHDR=「HDR10」「Dolby Vision」「HLG」って何? (価格.comマガジン)

参考500ドルのTVでもHDRを忠実再現するDolby Vision。Atmosはスポーツ中継やゲームに (AV Watch)

正確には、「HDR対応ディスプレイを選べばDolby Vision対応ソフトが更に美しく楽しめる」といった所ではないでしょうか。

X1 Carbon用のディスプレイドライバがDolby Visionに特別対応し、常にDolby Visionが有効になるなら話は別ですが、現実には「一部の動画プレーヤーソフトでならDolby Vision本来の画質で観れる」といったところに留まると思われます。

(2018/07/13追記)

既に、Fall Creators Update (1709)からOSレベルで対応していました。

参考Windows 10 における HDR ビデオのディスプレイ要件 (Microsoft)

参考 Windows 10 の HDR と WCG の色設定 (Microsoft)

HDRはテカりとのトレードオフ

$1709 Lenovo Thinkpad Carbon X1 Gen6 (2018) HDR on Gen8 Intel Kaby Lake

この動画を観るとHDRディスプレイはグレア(光沢)液晶のようで、映り込み(蛍光灯の反射やテカり)が強いです。

そりゃあ、ノングレア(非光沢)なんて使ったら、せっかくの色ツヤがくすんでしまい勿体ないので仕方ないんですけどね。

事務処理メインならノングレア液晶の方が無難でしょうね。

CPUが第8世代に

第7世代Core iシリーズから、第8世代 iシリーズに更新。(>詳細

コア数が最大2コアから最大4コアに増えます

公式ティザー動画によると35%の性能向上とあります。

  1. Core i5-7300U(2.60GHz/2コア4スレッド/キャッシュ3MB)
  2. Core i5-8250U(1.60GHz/4コア8スレッド/キャッシュ6MB)
  3. Core i5-8350U(1.70GHz/4コア8スレッド/キャッシュ6MB)
  4. Core i7-8550U(1.80GHz/4コア8スレッド/キャッシュ8MB)
  5. Core i7-8650U(1.90GHz/4コア8スレッド/キャッシュ8MB)

メモリのクロックアップ

LPDDR3なのは変わりませんが、クロック数が1866MHzから2133MHzに向上しました。

SIMカードスロットのサイズ変更

SIMカードスロットのサイズが「Micro」から「Nano」に変更されます。

無指向性高感度マイクに変更

無指向性高感度マイクを搭載し、「Amazon Alexa」に対応するとのこと。

ま、どうでもエエかな…。

カメラシャッター追加

Lenovo 2018 ThinkPad X1 Carbon & YOGA Hands On | CES 2018

「ThinkShutter」と銘打たれたカメラシャッターが付きます

ドヤ顔で名前を付ける程の事なのかは不明ですがwww

ただし、オプションのIRカメラを選んだ場合は付きません(顔認証で常用するので)。

ヒンジが黒色に

ヒンジが無塗装(銀色)から黒色塗装に変更されました。

ThinkPad X1 Carbon 360 Animation Video_Black

天板のロゴ変更

天板右下のThinkpadロゴが黒に、左上のLenovoロゴがX1ロゴに変更されます。

Lenovo ThinkPad X1 Carbon Hands On – Deutsch / German ►► notebooksbilliger.de

X1ロゴは、むしろ、要らなかったかな…。

ポートの数・種類は変わりなし

フルサイズUSB3.0が2つ、USB Type-C(兼Thuderbolt 3)が2つ、HDMI、LANドングル、ヘッドフォンと、数や種類は変更ありません

LANドングルの位置が2018ではUSB Type-Cの横に移動し、新型のドッキングステーションとの接続に使われるようになっています。

X1 Carbon 新ドック

ダッッッッッセ
んっ? これは1995年製のワープロかな?

スペック変更点一覧表

スペック上の変更点を再度、一覧表形式でまとめておきます。

更に詳細に確認するなら【こちら】。

項目X1 Carbon 2018X1 Carbon 2017
サイズ画面14インチ
幅323.5mm x 奥行217.1mm x 高さ15.95mm
重量1.13kg
駆動時間17.2時間15時間
ディスプレイFHD
FHD タッチ付き
WQHD
WQHD HDR対応
FHD

WQHD
CPU第8世代 Core i
最大4コア
第7世代 Core i
最大2コア
メモリLPDDR3 2133MHz
最大16GB
LPDDR3 1866MHz
最大16GB
Amazon Alexa対応
カメラシャッター
 -

あと気になるのは、キーボードやトラックポイントに調整が入ったか否かですね。

これは残念ながら写真では判断がつかないところです。

まとめ

(;´∀`)<( ごめん…正直言って2017から大して変わってなくてホッとした…)

X1 Carbon 2017に対して順当なマイナーチェンジと言えるでしょう。

サイズ・重量に変更はなく、2017から買い換える程の魅力は無いですね。
(稼働時間が伸びたのは、ちと羨ましい。実戦でどうかってのはあるけど)

型落ちになった2017を安く買ったほうが良いという考え方も全然アリでしょう。

しかし、これから新規にノートパソコンを買おうと考えている方にとっては、poor man’s MacとしてMacBookやMacBook Proに次ぐ有力な選択肢になるでしょう。

今までMacBookに対して物足りなかった画質面が強化されたことにより、

MacBookは軽くて良いんだけど、13インチじゃ小さくてCPUも物足りない…。
かといって15インチMacBook Proだと重いし、何よりお高い…。

こういった「間が欲しい」人に刺さるマシンになったのではないかと思います。
(特に画像編集をソコソコに、プログラミングや事務処理を行うWebプログラマー)

スタバの窓際でドヤリングできる見た目ではない点を除けば、MacBookを上回るコスパではないでしょうか?

各パーツの詳細・私のオススメのスペックについては↓の記事をご覧ください。

LenovoのThinkpad X1 Carbon 2018をフルカスタマイズで買う方法と、各パーツの選び方を解説します。

購入後の体験レビューは↓の記事をご覧ください。
(2017年版である点にご注意ください)

Thinkpad X1 Carbon(2017:第5世代)を使い込んでゆく中で気付いたこと・気に入ったこと・気に入らなかったことを続々追記してゆきます。

では(^O^)/