FireタブレットのWi-FiをWPSで設定する方法(英語版)

Amazonセール情報
とりいそぎ情報のみ!

その他セール情報(クリック・タップで表示)

こんにちは。不可思議絵の具です。

Amazonの英語版FireタブレットでWPS(Wi-Fiかんたん接続)ボタンを使ってWi-Fiを設定する方法を説明します。

届いたFire 7タブレットの電源を入れたら、何故か英語設定でした。
Amazonアカウントも設定されていません。

本来は初回起動時に全部設定されるはずなのに…?(・_・;)

「インターネットにつがなれば利用言語も含めて自動設定されるんだろう」

と思い、英語表示のまま頑張って通信設定しましたが、Amazonアカウントの情報は設定された一方、日本語設定にはなりませんでした

結局は

  1. 日本語設定をしてから
  2. WPSボタンでWi-Fiを設定

の順番の方が分かりやすかったのですが、後の祭り…。

せっかくなので英語版FireタブレットのWi-Fiを設定する方法を残しておきます。

ほとんどニーズは無いと思いますがw

スポンサーリンク

設定手順

  1. ホーム画面で下にスワイプし、『設定』を開く
    ホームを下にスワイプして『設定』をタップ←新 ホーム画面を下にスワイプして設定をタップ←旧

  2. Wi-Fi画面右上の「:」をタップ
    Wi-Fi画面右上の「:」をタップ
  3. メニューの『Advanced(詳細設定)』をタップ
    メニューの『Advanced』をタップ
  4. 『WPS Push Button』をタップ
    『WPS Push Button』をタップ
  5. この表示中に無線ルーター側のWPSボタンを押します
    この表示中に無線ルーター側のWPSボタンを押す

    訳:矢印マークの「WPSボタン」がルーターにあるので押して下さい

  6. このように表示されれば成功です。
    完了表示

    訳:Wi-Fiネットワーク○○に接続しました

  7. 『OK』をタップして日本標準時に設定します。
    『OK』をタップして日本標準時に設定
    メッセージの意味は「【タイムゾーンを変更しました】タイムゾーンを接続先Wi-Fiネットワークを基に日本標準時に自動設定しました。ネットワークに接続せず、グリニッジ標準時に戻すには『DECLINE CHANGE(拒否)』をタップしてください」です。

この後、初回起動時であればAmazonアカウントが自動設定されます。

まとめ

以上、英語版FireタブレットをWPSボタンでWi-Fi設定する方法を説明しました。

では(^O^)/