FireタブレットからGoogle Playをアンインストールする方法

Amazonセール情報
とりいそぎ情報のみ!

その他セール情報(クリック・タップで表示)
本記事は↓の補足です。
AmazonのFireタブレットにGoogle Playを入れると豊富なAndroidアプリが使えるようになります。 パソコンやroot化は不要。最新APKバージョンに対応済。 動作確認機種:Fire 7(2017) / Fire HD 8(2017,2018) / Fire HD 10(2017)

こんにちは。不可思議絵の具です。

FireタブレットからGoogle Playをアンインストール(削除)する方法を説明します。

FireタブレットからGoogle Playをアンインストールするには2通りの方法があります。

  1. アプリ一覧画面からGoogle Playに関する4つのアプリを削除
    (本記事で説明)
  2. Fireタブレットの初期化
    (→参照

一般的なAndroidタブレットと違い、Fireタブレットに「モグリ」の方法で入れたGoogle Playはロックが掛かっていないので、アプリ一覧画面から普通にアンインストールできます。

しかし、Google Playは明らかにシステム中枢に根ざしたアプリですから、そういった「表面的な削除方法」で完全にシステムがクリーンになるかというと、私は自信を持って答えられません

基本的に初期化をお薦めしますが、「多少ゴミ?が残るかもしれないが『表面的な削除方法』で様子を見たい」という状況もあるかと思いますので、本記事で手順を説明します。

スポンサーリンク

削除手順

繰り返しますが、基本的には完全初期化をお薦めします。

Fireタブレットを工場出荷状態に初期化(リセット)する方法を紹介します。 手順はFire 7, Fire HD 8, Fire HD 10全て共通です。 動作確認は2017年版(第7世代)のFire 7で行いました。

引き続き、削除方法の手順を説明します。

手順①:アプリ一覧を表示

  1. 画面上部を下にスワイプし、「設定」をタップ
    ホーム画面で下にスワイプし、『設定』を開く
  2. 「アプリと通知」をタップ
    「アプリと通知」をタップ
  3. 「すべてのアプリケーションを表示」をタップ
    「すべてのアプリケーションを表示」をタップ
  4. 一覧から下記4アプリを探す
    ①Google Play ストア
    ②Google Play 開発者サービス
    ③Googleサービスフレームワーク
    ④Googleアカウントマネージャー
    (カタマリで並んでいると思います)
    一覧から4アプリを探す

手順②:順番通りにアンインストール【重要】

安全のため、インストールしたときとは逆にアンインストールします。
(依存関係の上位からアンインストールします)

すなわち、必ず以下の順番でアンインストールして下さい。

  1. Google Play ストア
  2. Google Play 開発者サービス
  3. Googleサービスフレームワーク
  4. Googleアカウントマネージャー
順番は必ず守って下さい。
間違えるとエラーメッセージが無限ループして操作不能になる恐れがあります。
そうなると初期化もままならなくなるので、本当に注意!

では、具体的なアンインストール方法です。

  1. アプリ一覧からアプリ名をタップ
    (この例では「Google Playストア」)一覧から4アプリを探す
  2. 『アンインストール』ボタンをタップ
    『アンインストール』ボタンをタップ
  3. 繰り返し

これを4アプリ分繰り返します。

手順③:再起動

削除が全て終わったら、再起動します。

「再起動」の方法(Fire OS 5)
1.電源ボタンを長押しして電源を切る
2.画面が消えたら、電源ボタンを長押しして電源を入れる
「再起動」の方法(Fire OS 6)
1.電源ボタンを長押しする
2.『電源オフ』『再起動』の選択肢が表示されるので、『再起動』をタップ

まとめ

以上、FireタブレットからGoogle Playをアンインストールする方法を説明しました。

不具合が起きる・続くようでしたら、諦めて初期化することを強くお勧めします。

Fireタブレットを工場出荷状態に初期化(リセット)する方法を紹介します。 手順はFire 7, Fire HD 8, Fire HD 10全て共通です。 動作確認は2017年版(第7世代)のFire 7で行いました。

では(^O^)/