WordPress専用レンタルサーバーの一覧。無料ブログからのステップアップに

こんにちわ。不可思議絵の具です。

無料ブログからWordPressにステップアップしたい方を対象に、「WordPress専用サーバー」を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんなことを感じたら、「巣立ち」のときかも?

無料ブログって、手軽にブログ運営を始められて凄く便利なサービスですよね。
でもブログ運営に慣れてくると、こんなことが気になってくるのではないでしょうか?

  1. 広告の強制表示
    (本当は表示させたくない、変な広告が出る、スマホでサイトを見ると広告がうっとうしい…etc.)
  2. 突然のアカウント停止への恐怖
    (無料ブログの規約が厳しいと、思わぬ所で違反をしていたり…?)
  3. 新機能への対応が遅い
    (デザインが古い、常時SSLに対応していない、良いブログパーツが無い…etc.)

特に1.と2.はブログが育ってPVが増えてくると凄く気になってくるポイントだと思います。
こんな気持ちになってくるのではないでしょうか?

  1. 広告無しでお客さんに見てほしい
    または、全ての広告収入を自分の物にしたい
  2. 規約にビクビクせず、自分の思うとおりに書きたい

こんなことを感じるようになったら、レンタルサーバー+WordPressへの巣立ちのときかもしれません。

レンタルサーバーなら自分の城ですから、広告を付けるも外すも自由自在ですし、記事の内容に気を使う必要もなくなります(法律は守らなきゃですけどね)。

WordPressなら世界中の人がプラグイン・テンプレート(デザイン)を公開していますので、欲しい機能をどんどん加えられますし、必ず気に入るテンプレートが見つかるでしょう。

WordPress専用レンタルサーバーなら難しくない

でも、WordPressってインストール作業が要るんでしょう…?
難しそうだし、面倒だから、無料ブログのままでいいよ…

・・・っていうのがWordPressのイメージですよね?

今は全然難しくないですよ!

昔は確かに複雑なインストール作業が必要でしたが、今では普通のレンタルサーバーでもボタンを1クリックすれば入るようになってます。

WordPress専用レンタルサーバーなら、その1クリックさえ不要です。

無料ブログの管理画面で新規ブログを作成するのと、難しさは変わらないです。

契約したら即、WordPressが使えますから、コンテンツの充実に集中できます。

普通のレンタルサーバーと何が違うのか

そんなWordPress専用レンタルサーバーですが、普通のレンタルサーバーと何が違うのかをザッと挙げますと、こんな特徴があります。

項目 WordPress専用 普通
WordPress 使える 使える
WordPress
以外のアプリ
制限あり 使える
WordPress
動作速度
超速い 普通
容量 普通 普通
月額 普通 普通

WordPress専用サーバーはWordPress専用にサーバーが設計・設定されているのでWordPressサイトの表示速度がとても高速です。

しかし、WordPressの実行に特化しているので、WordPress以外のアプリケーション(例:掲示板、グループウェアなど)は動作しない可能性がありますので、別途サービスをレンタルする必要があります。

また、同じWordPressでも「ECサイトプラグイン」や「在庫管理プラグイン」など、大規模・高度・特殊なプラグインも動作しない可能性があります。
(必要なライブラリをサーバーにインストールできないので)

純粋にブログとしてのみ使う場合に最もコスパが高いです。
逆に、凝ったことをしようとすると思わぬ制限でハマると思います。

WordPress以外の用途が最初から想定される場合は普通のレンタルサーバーの方が良いでしょう。

WordPress専用レンタルサーバーの一覧

そんなWordPress専用レンタルサーバーには以下のものがあります。

名前 初期費用 料金 容量 WP設置数
wpXクラウド 無料 500円/月~ SSD 10GB~ 1
wpXレンタルサーバー 5,000円 1,000円/月 SSD 30GB 10
Z.com WP 1,000円 400円/月~ SSD 10GB~ 5
COREPRESS Cloud 無料 500円/月~ SSD 10GB~ 3
WordPress最適化サーバー 無料 9,980円/年 HDD? 無制限 無制限

※金額は税込み
※プランが複数ある場合は最安のものを選択

※料金は最安プランで年払い時の割引を適用したもの
※「WP設置数」=1契約で設置できるWordPressサイトの数

wpXクラウド

運営はレンタルサーバーの「エックスサーバー 」が有名なエックスサーバー社です。

「初期費用なし、1サイトあたり月額いくら」という明瞭会計が特徴。

最安の「グレードA」(月間30万PV目安・月額500円)から始まり、必要な想定件数に応じて「グレードX」(月間2500万PV目安・月額50,000円)柔軟にスペックを上げることができます(価格表は公式サイトを参照ください)。

注意したいのはメールサーバー機能が無いことですが、元々gmail等をメインにしているなら問題ありません。

公式サイトはこちら

wpXレンタルサーバー

wpXクラウドと同じエックスサーバー社が運営。

「クラウド」は1契約=1サイトですが、こちらは1契約で10サイトまで運営できます。

メールサーバー機能が付きますので、「せっかくなら独自ドメインのメールアドレスも持ちたい」という場合はwpXクラウドよりもコチラの方が良いと思います。

ただ、機能的にはエックスサーバー のX10プランをWordPress専用にしてディスク容量を減らした(200GB→50GB)感じで、エックスサーバーと比べてしまうと中途半端に感じてしまいます。

将来的に色んなことをやりたい(例:多数のブログを立ち上げる、フォーラムを開設する、メールマガジンを始める、ショップを始める)と考えているのであれば、エックスサーバーのX10プランのほうが良いと思います。

公式サイトはこちら

Z.com WP

「GMOインターネット」社(GMOグループ本体)が運営。
インターネット大手企業、GMOグループの本体企業です。

他のWordPress専用サーバーに比べ、便利機能が圧倒的に多いです。

特に目を引くのは以下の機能です。

  1. WordPress自動バージョンアップ
    →通常は操作が必要なWordPressのバージョンアップをZ.comが自動でやってくれる
  2. オートスケール
    →サーバーに負荷がかかった時に自動でサーバー数を増やし、急な需要に対応
    ※月額1,060円のベーシックプラン以上
  3. ステージング環境(テスト環境・本番環境の分離)
    →テスト環境でデザインやプラグインの動作確認をしてから本番環境に適用できる
  4. 1クリックサイトコピー
    →同じZ.comで動かしている別ドメインに1クリックでサイトをコピーできる
  5. WordPress簡単引っ越し機能
    →引っ越し元のURL・ID・パスワードを指定するだけで完了
    ※引越し元がWordPressの場合のみ

価格面は月400円で一番安そうに見えますが、初期費用1,000円も含めるとwpXと同じくらいになります。

公式サイトはこちら

COREPRESS Cloud

GMO系列の「GMOデジロック」社が運営。

上記の「Z.com WP」と「COREPRESS Cloud」の共通部分はこの会社が開発したもので、各社ブランドを変えて売っています。

両者は機能面では違いはなく、Z.comと同じ多機能を使えます

一方、Z.comが定額制であるのに対し、こちらは従量課金制です。

説明が長くなってしまいましたので折りたたんでいます。
気になるトピックをクリックして開いて読んで下さい。

従量課金制について(クリックで表示)
収益性の低い個人サイトには向いていない(クリックで表示)

以上のことから、「多少落ちても良いや」という程度のサイトには向いていません

機会損失が許されないプロフェッショナル向けの料金体系になっています。

今回の「無料ブログからのステップアップ」という意味では、Z.com WPの方が良いでしょう。

公式サイトはこちら

ワードプレス最適化サーバー

先に紹介した「wpXレンタルサーバー」以外のサーバーはアクセス数に応じてプランを変更できるようになっていますが、

そういう細かいことを考えるのがとにかく面倒くさい。
何も考えなくていい無制限・最強スペックのサーバーは無いの?

という方にはここが一番オススメできます。

  • 年額9,980円だけの超シンプルな料金プラン
  • サイト設置数・容量・転送量が無制限
  • 最初から月500万PVのサーバースペック

となっており、「1万払っとけば何も考えなくていい」シンプルさが売りです。

公式サイトはこちら

その他、WordPress専用レンタルサーバー(参考)

その他のレンタルサーバーを「参考」として紹介します。

wordpress.com

jetpackプラグインなどの有名プラグインで知られるAutomatic社が運営するWordPressレンタルサーバーです。

いかにも公式っぽい名前ですが、公式ではありません。
WordPressの公式サイトは「wordpress.org」です
  1. 無料
  2. パーソナル:400円/月(年額一括払い)
  3. プレミアム:900円/月(年額一括払い)
  4. ビジネス:3,000円/月(年額一括払い)

の4プランありますが、自分の広告を付けるには「プレミアム」以上が必要、プラグインとテーマを変更するには割高な「ビジネス」が必要と、何のために金を払ってるのか分からない感じなので、全くオススメしません。

無料コースでWordPressの雰囲気を味わうには良いと思います。

公式サイトはこちら

無料レンタルサーバーにWordPressをインストール

一部の無料レンタルサーバーはWordPressをインストールできます。

しかし、広告が付きますし、インストールの手間がありますので、無料ブログをやめてまで乗り換える価値はないと思います。

関連記事 WordPressが使える無料レンタルサーバーの一覧

KUSANAGI

KUSANAGI」という日本産のWordPress専用OSがあります。

これを「VPS」や「クラウド」サーバーにインストールすれば今回紹介したレンタルサーバーの機能を自分専用に持つことができます。

費用対性能という点では圧倒的にコスパが高い事は胸を張って言えるのですが、今回の記事で想定する読者さんには難しすぎると思います。

周りに相談しやすいエンジニアさんがいるなら、検討の価値はあります。

関連記事 WordPressを高速化できるKUSANAGIとは?

関連記事 ConoHaとKUSANAGIで月々630円の格安WordPressサーバを作る

関連記事 エクスクラウドのKUSANAGIでWordPressブログを立ち上げる方法

まとめ

紹介したレンタルサーバーは有料のものばかりになってしまいましたが、「余計な広告無しで」となると、有料のレンタルサーバーしか残りませんでした。
(本当は無料で広告のないレンタルサーバーを紹介できれば最高なんですけどね)

でも、無料ブログから出たくなる理由って、広告を外したい(又は自分の広告だけにしたい)という理由がほとんどだと思います。

サーバーを探しているときはどうしても、…安いもの…もっと言うと無料がいい…と値段に気を取られてしまいますが、「内容の自由を得るために」無料ブログから出ようとしていることを忘れないようにしてくださいね!

本記事が引越し先の参考になれば幸いです。

無料ブログから出るなら、独自ドメインも取ったほうが良いです。
もしよろしければ、こちらの記事も読んでいってください。

本気のWebサイトであればドメイン取得は必須です。 ドメインはWebサイトのブランド・看板。 Webサイトを末永く続けたいなら、ドメインを一番真剣に考えるべきです。 ドメインの選定と購入で押さえておくべきポイントを紹介します。

技術にはもう少し自身のある方へ。
他にもレンタルサーバーの記事がありますので、よかったら読んでいってください。

お店・会社のホームページ(Webサイト)を簡単に作れるサービス、「グーペ」の紹介です。 今時のホームページの必要性と制作時の問題、グーペならそれをどう解決できるのか?何ができるのか?いくらかかるのか?を解説します。
SEOの観点から可能な限り常時SSLにした方が良いです。 一部サーバーではHTTP/2で表示速度が速くなるので、新規サイトなら必須と言えましょう。 常時SSLに必要な「独自SSL」機能を無料で使えるレンタルサーバーの一覧をまとめました。
アダルトサイトを運営できるレンタルサーバーを調べてまとめました。 全て規約確認済み。料金順の一覧表あり。 アダルト系アフィリエイトサイト、風俗店サイト、アダルトECサイト等を立ち上げ予定の方は参考にしてください!

では(^O^)/