Amazon Fire HD 8 購入後レビュー (2017:第7世代)

重いので片手で持つと親指の根本に角が刺さって痛い

こんにちわ。不可思議絵の具です。

Prime Dayセールで半額の時にAmazonのFire HD 8タブレットを買いました!
(2017:第7世代)

手にとってみないと分からない部分を中心にレビューしますので、Fire HD 8が気になっている方は是非読んで下さい!

スペックは?

スペック表

まずはFire HD 8のスペックです。

ディスプレイ
液晶サイズ 8インチ
IPSパネル ノングレア
解像度 1280 x 800 (189ppi)
ブラックのみ
プロセッサ クアッドコア 1.3GHz

詳細
SoC MediaTek MT8163V/B
CPU ARM Cortex-A53
(64-bit クアッドコア 1.3GHz)
GPU ARM Mali-T720 MP
RAM
(内蔵メモリ)
1.5GB
OS Fire OS 5.3.3
(Android 5.1.1ベース)
内部ストレージ 16GB(使用可能領域 約11.1GB) または
32GB(使用可能領域 約25.3GB)
※8GB / 64GBタイプは無し
外部ストレージ microSD 256GBまで(SDXC)
Wi-Fi
(無線LAN)
シングルアンテナ デュアルバンド
802.11 a/b/g/n ※ac未対応
暗号化:WEP/WPA/WPA2に対応
アドホックモード非対応
SIMスロット なし (3G/LTE未対応)
Bluetooth あり(4.1 LE)
外部音量コントロールOK
A2DPステレオヘッドホンOK
キーボードOK
オーディオ デュアルステレオスピーカー(Dolby Atmos)
ヘッドホン端子(3.5 mmステレオジャック)
マイク
カメラ フロント:30万画素(VGA画質)
リア:200万画素(HD画質)
位置情報 GPSなし
Wi-Fi経由の位置情報サービス
センサー 加速度計
環境光センサー
マルチタッチ数:10点
バッテリー 12時間
サイズ 214 x 128 x 9.7mm
重量 369g
付属品 USB2.0ケーブル
5W電源充電器
スターターガイド

情報ソース Fire HD 8の商品ページ(Amazon)

情報ソース Fireタブレット端末の仕様(Amazon)

スペック的には典型的な格安タブレットです。
平凡で、特に優れた点もありません。

…が、このスペックでこの値段は、他社では絶対に買えません(つまり安い)。

  • Amazonプライムに必要な機能にのみ絞ってコストダウン
  • Amazonプライムに囲い込むための戦略的な値段設定

これらが絡み合うことで、この値段で買うことができます。

スペック上の弱点

格安ゆえにスペック上の割り切りもあります。
(ただし「家でプライムコンテンツを楽しむ」という商品の主目的からは納得です)

スペック上の弱点を挙げますので、それを目的にしている方は注意してください。

SIMカードは挿せない

無線通信はWi-Fiのみで、SIMカードスロットはありません

家の外でネットに繋ぐにはスマホやポケットルーターでテザリングするか、Wi-Fiスポットのあるお店に行く必要があります。

GPSが無い

GPSが無いので位置情報をルアルタイムに取得できません。

よって、カーナビには使えません
同じく位置ゲーの「Ingress」や「Pokémon GO」も無理でしょう。

WiFiベースの位置検出はありますので、

  • 現在地を考慮した検索結果を表示
  • マップを現在地にする

くらいはできます。

TV出力ができない

HDMI端子が付いていないのでTV出力できません

Miracast/Chromecast/Apple TVなどの無線出力にも対応していません。

よって、残念ながらFire HD 8の画面をテレビに表示することはできません。

参考 Fireタブレットとテレビなどのディスプレイを接続する(Amazon)

そもそも、Fireシリーズは先代の第6世代以降、テレビ出力できないようになりました。

持ち運びはFireタブレット、大画面はFire TVシリーズで、
というAmazonの方向性なのでしょう。

テレビ画面でプライムビデオを観たいならFire TVを買いましょう。

他のAmazon Fireとの違い

2016年版(第6世代)との違いは?

2017年版はSDカード容量が増量しました。
しかし、サイズが大きく・重くなり、ジャイロスコープがなくなりました。

詳細はこの記事をご覧ください。

Amazon Fire HD 8の【2017年版(第7世代)】と【2016年版(第6世代)】の違いを比較しました。 買い換えるか迷ってる方、2017年版が気になる方、アクセサリーが使いまわせるか気なる方はどうぞ。

Fire 7との違いは?

2017年版Fire 7との違いを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

Amazon Fire HD 8とFire 7(2017年版:第7世代)の違いを比較してまとめました。 どっちを買うか迷っている方は是非読んでみてください。
AmazonのFire 7 タブレット(2017年版:第7世代)を買いました! 手にとってみないと分からない部分を中心にレビューしますので、Fire 7 タブレットが気になっている方は是非読んで下さい!

Fire HD 10との違いは?

2017年版Fire HD 10との違いを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

Amazon Fire HD 8とFire HD 10(2017年版:第7世代)の違いを比較してまとめました。 どっちを買うか迷っている方は是非読んでみてください。 筆者はHD 8を買いましたが、正直、HD 10まで待てば良かったと後悔中。
AmazonのFire HD 10 タブレット(2017年版:第7世代)を買いました! 手にとってみないと分からない部分を中心にレビューしますので、Fire HD 10 タブレットが気になっている方は是非読んで下さい!

価格は?

本体価格

容量 16GB 32GB
通常価格 11,980円 13,980円
クーポン4,000円値引き
詳細
7,980円 9,980円
サイバーマンデー特価
5,500円引き
(参考:2017年セール時)
5,980円 7,980円
プライムデー特価
5,500円引き
(参考:2017年セール時)
5,980円 7,980円

自分はプライムデーの時に32GBを7,980円で衝動買いしたクチですが、次のプライムデーがいつになるか分かりませんし、そのときにFireがセールになるかは分かりません

安いと思ったとき、買いたいと思ったときが買いどきでしょう。
(別に煽っている訳ではないです。もともと、格安なんです)

保証料金付きの価格

90日保証が付いていますが、1~3年の延長保証を付けることもできます。

内容は以下のとおりです。

  • 突発的故障(落下・水濡れ)で代替機に交換
  • 自然故障で代替機に交換
  • バッテリー劣化で1度だけ代替機に交換
  • 落下や水濡れなどの事故故障も1度だけ代替機に交換
  • 60日以内なら解約可能(保証未使用に限る)

延長保証を付けた場合の価格表です。

保証期間 延長保証料 延長保証付き価格
16GB 32GB
90日 0円 11,980円 13,980円
1年 1,680円 内容 13,660円 15,660円
2年 2,160円 内容 14,140円 16,140円
3年 2,780円 内容 14,760円 16,760円

「突発的故障」と「バッテリー劣化」の保証は良いですね。

私の場合、使うのは大人ですし、本体がもともと安いので使い捨てと割り切り、延長保証は付けませんでした(バッテリーがヘタったら新型を買う)。

しかし、お子さんに持たせる場合には付けておいたほうが良いかもしれません。

開封の儀

面白いパッケージですね~。
厚紙の袋に入っています。

小売店での販売も視野に入れられているのでしょうか?

厚紙に袋に入っている。店舗販売も視野に入れているのか? 開封!

付属品

内容は5点。

  1. Fire HD 8 本体
  2. USB ACアダプタ(5V 1A)
  3. USBケーブル(1m)
  4. 保証書
  5. スタートガイド

でした。

内容は本体、AC→USB変換器、USBケーブル、簡易説明書

内容は本体、AC→USB変換器、USBケーブル、簡易説明書

セットアップはとても簡単

購入後初めて電源を入れると「Fireへようこそ」画面が表示されます。

まずは言語を選択。

電源を入れると言語選択画面

電源を入れると言語選択画面

次に「WiFiに接続」画面が表示されます。

自分はパスワードを入力するのが面倒だったのでここはスキップして、後でWPS(WiFiかんたん接続)で設定しました。

WiFi設定の方法は下記の記事でご覧ください。

Amazon FireタブレットのWiFi設定をWPS(WiFiかんたん接続)で行う方法を解説します。 FireタブレットはWPSに対応しているので、面倒なWiFiパスワード入力は不要。ボタン一つでWiFiを設定できます。
言語を選択するとWiFi設定

言語を選択するとWiFi設定

スキップしてWPSで設定した

スキップしてWPSで設定した

初期設定はこれだけでした。

AmazonのIDとパスワードは予め入力されているので、WiFiに繋げば即!
プライムビデオなどを使えました。

超簡単で便利

そのほか、「買ったらすぐにやっておきたい設定」を下記の記事にまとめましたので、Fire HD 8購入のあかつきには是非ご確認ください!

Fire HD 8を買ってしばらく経ちました。 いじくり回した結果、「これは最初のうちにやっておいたほうが良い」という設定が見えてきましたので、まとめておきます。

実物レビュー!

持ちやすさは?

大きさは?

8インチは実際に見ると結構大きいです。

映画とか漫画とか全然見れます。

漫画は見開きで読めます。

縦持ちは、大人の男の手で何とかギリギリ掴めるくらい。
女性やお子さんは両手で持たないと無理ですね。

重量が369gとズッシリ重いので、男性でもずっと片手で持っておくのは辛いでしょう。

大人の男の手で何とか掴める幅

大人の男の手で何とか掴める幅

また、片手で持つと筐体の角が親指の根本に食い込むので痛いです。
何かしらカバーを付けたほうが良いと思います。

重いので片手で持つと親指の根本に角が刺さって痛い

重いので片手で持つと親指の根本に角が刺さって痛い

重さは?

先程も書きましたが、369gは男性でも片手で持ち続けるには辛い重さです。

両手なら別段何ともないのですが…。

「寝そべってタブレットを片手に読書でも…」という用途をメインに考えている方は、より軽い軽いFire 7(295g)やKindle(161g)の方が良いでしょう。

アームを使う手もあります。

スタンドカバー必須

重いので、とにかく長時間は持っていられません
特に映画を見るにはつらいです。

スタンドカバーやアームは絶対にあったほうが良いです。
たまらず、高いですが純正品のスタンドカバーを買いました。

ただ、この純正品はスグレモノで、横向きだけでなく縦向きでも使え、蓋を閉めるだけで画面をスリープにできます。デザインも悪くないです。
質感もシッカリしていました。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

Amazon Fire HD 8 (2017:第7世代)用純正カバーの使用感をレビューします。

純正品以外のカバーをお探しの場合はこちらの記事をご覧ください。

Amazon Fire HD 8(2017:第7世代)に対応するカバー・液晶保護フィルムを紹介します。

処理速度は?

全く問題ありません

フリックやスクロールも感度良くサクサク動くので全くストレスが無いです。

ただ値段相応ですので、本格的にバリバリの3Dゲームなんかをやりたいなら国産の4万円くらいのタブレットを買ったほうが良いでしょう。

AnTuTuベンチマーク(v6.2.7)のスコアは35210でした。

3Dの表示は、やはりカクカクです。

AnTuTuスコア
3D 3620
UX 13820
CPU 12414
RAM 5356
合計 35210

とはいえ、デレステくらいだったら普通にプレイできましたよ。

AmazonのFireタブレットに「デレステ」をインストールする方法を紹介します。 Fire HD 8(2017年版:第7世代)で動作確認していますが、Fire 7やFire HD 10でも通用すると思います。 3D標準なら普通に遊べます。コスパいいねコレ!

音質は?

Fire HD 8にはステレオスピーカーが搭載されています。

また、「Dolby Atmos」なる技術により迫力ある音質を生み出すとのこと。

早速プライムミュージックで色々聞いてみました。

ステレオスピーカーの音質は思った以上に良く、小さなスピーカーで再生しているとは思えないほど、音に広がりを感じられました。

音量を大きくしても音割れしないのでBluetoothスピーカーなしでも普通に使えます。

タブレットをキッチンカウンターにポイッと置いて、プライムミュージックを流しっぱなしにしながら皿洗いなんかをやってます。

外付けのBluetoothスピーカーは確かに音質が良いですが、接続が面倒くさいです。
外付けスピーカー不要で、サクッとソコソコの音質で聴けるのは意外な収穫でした。

画質は?

比較対象が手持ちのXperiaスマホなので仕方ないのかもしれませんが、全体に黄色っぽく、色の鮮やかさもイマイチ、文字や線の輪郭もなんかボケてて、精細さに欠けます。

とはいえ価格が何倍も違うXperiaとの比較ですから、そこは仕方のないところだと思います。

初めてのタブレットがこれなら、全く気にならないですよ。

指紋が付きやすいので、気になる方は保護フィルムを貼ることをおすすめします。
保護フィルムの一覧はコチラの記事をご覧ください。

Amazon Fire HD 8(2017:第7世代)に対応するカバー・液晶保護フィルムを紹介します。

バッテリー容量は?

バッテリーは公称で12時間持ちます。

時々調べ物のために使ったり、1時間くらい音楽を流しっぱなしにするような使い方で、3日持ちました。

これだけ持ってくれるなら、あまり充電に神経質にならずに済みそうです。

カメラは?

カメラはハッキリ言ってオマケ程度です。

リアが200万画素(HD画質)、フロントが30万画素(VGA画質)。

精細さに欠け、色の加工がどぎつく感じます。
スナップ写真でも厳しい感じ。

ただ、タブレットで写真を撮るわけではないので、こんなもので良いかなと思います。

タブレットなら二次元バーコードが撮れれば十分だし、その性能は十二分にあります。

内部ストレージは?

内部ストレージの容量は16GBと32GBの2タイプありますが、差額が2,000円だったし、アプリを沢山入れたいし、内部ストレージは後から追加できないし…ってことで32GBタイプを買いました。

外部ストレージ(microSD)は256GBまで対応していますので、増設の容量は十分です。

インターフェイスは?

インターフェイスは

  • microUSB
  • microSDメモリーカードスロット
  • イヤホンジャック

で実にシンプル。

とはいえ、格安タブレットとしてはこんなものでしょう。

HDMIなど、映像出力用の端子はないのでテレビに映し出すことはできません
映画鑑賞がメインの用途であれば、Fire Stickを買ったほうがいいでしょう。

まだ試していませんが、microUSBはUSB OTGに対応していて、キーボードやマウスを接続できるようです。

その他、キーボード・マウス・スピーカーなどの周辺機器はBluetooth(ブルートゥース)で無線接続することになります。

プライムの使いやすさは?

さすがはAmazonのタブレットです。

ホーム画面で左右にスワイプするだけでプライムビデオ(映画)、Kindle(書籍・漫画)、プライムミュージック(音楽)にアクセスできますので、即座にコンテンツを楽しむことができます。

まさにプライム会員に向けて最適化されたタブレットと言えるでしょう。

(2017/10/10追記)

今ではむしろ嫁さんのほうがFireをガッツリ使ってます(^^;)

毎日毎日、Instagramで猫写真と、星野源の出演ドラマをプライムビデオで見てます。

パソコンだと電源を入れて、待って、ブラウザーを開いてブックマークを開いて…と使えるようになるまで時間と手間がかかるところが、Fireだと電源を入れたらホーム画面がサクッと開き、プライムメニューに即アクセスできるのが気に入っているようです。

アプリの品揃えは?

ただし、アプリの品揃えは全く駄目です。

誰でも知ってるレベルの有名所ならありますが、マイナーなものだと、ほぼ無いです。
よって、Google Playストアを別途インストールしました。

Google Playのインストール方法は下記の記事を参照ください。

Amazon FireタブレットにGoogle Playを入れると豊富なAndroidアプリが使えるようになります。 2017年版(第7世代)のFire 7 / Fire HD 8 / Fire HD 10に対応。 PCやroot化は不要。最新APKバージョン対応済。

まとめ

Fire HD 8には2つの側面があります。

1つ目は、Amazonコンテンツのポータブル再生機

2つ目は、格安Androidタブレット

これらを求める方には最強のコストパフォーマンスマシンであると言えます。

側面その1:Amazonコンテンツのポータブル再生機

「Amazonコンテンツのポータブル再生機」と捉えると、プライム会員の最高のパートナーになってくれると思います。

8インチは一人で見るのに最適な大きさですし、解像度も過不足ありません。
漫画は見開きで見られますし、映画も十分迫力あります。

スピーカーもそのまま使える音質ですので、映画や音楽の気軽な再生にもってこいです。

  • ベッドで寝っ転がりながら
  • ベッドにアームで取り付けて、寝たきりダメ人間製造機に
  • ジップロックに入れてお風呂場で映画を見る
  • 電池持ちも良いので、旅先やキャンプ先で

いろんな所で活躍してくれると思います。
自分は車中泊を良くやるので、車で映画とラジオ(Radiko)が楽しみです。

Fire HD 8を最大限活用するにはAmazonプライムへの入会を強くオススメします。
Amazonプライムについては下記記事を参照ください。

Amazonプライムとはどんなものだろう?どんな特典があるんだろう?年会費・月会費はいくらかかんだろう? 全てトコトン解説します! Amazonプライムの事が気になっている方、加入するかどうか迷っている方は是非参考にしてください!

側面その2:格安Androidタブレット

「格安Androidタブレット」として捉えると、やはりコスパが良いです。

スペックこそ平凡ですが、同じインチ数の他の製品に比べて半額くらいの安さです。

まあ、中華タブレットを秋葉原で特価セールのときに買うなら対抗できそうですが、保証や品質に不安があります。
(数年前、中華6インチタブレットを買って一月も持たずに壊れた苦い思い出が…)

その点、Amazonタブレットは保証がちゃんと付いていて、全世界規模で販売されるもので品質管理も十分、ユーザーが多いので改造・改善のノウハウも沢山揃う。

自分はどちらかと言うとこちらの目的で買いましたので、まずはGoogle Playストアを入れて普通に使って、いずれはrootを取ってMOD ROMを入れて遊びたいと思ってます。

現時点では第7世代用のroot取得方法は判明していません
(2017/12/23追記)どうやら判明した模様…?マニアさんはXDAを調べよう!

元々安いFire HD 8ですが、Amazonプライム会員は特典で4,000円引きで更に安く買うことが出来ます。

これを適用すると、完全に中華タブが目に入らない値段になります。
購入を検討している方はこの記事も参考にしてください。

AmazonのFireタブレットが、実は4,000円引きで安く買えることをご存知ですか? Fire 7の8GBモデルに至っては4,980円と、中華タブを遥かに凌ぐ激安価格になります。 クーポンコードを入力するだけで割引になるので、是非トライを!

もちろんTV出力ができない、GPSが付いていない、Wi-Fiでしか使えないなどの弱点もありますので、色んな場所で仕事に・プライベートにタブレットを活用、という用途には不向きですが、家で寝っ転がりながら気軽にネットを見るという用途には最高の相棒になってくれます。

では(^O^)/

【Amazonで買い物をする前に!】

Amazonプライムは入ってますか? たった年額3900円で配送料が無料になったりビデオ・音楽・本が無料で楽しめたり、Fireタブレットを安く買えたりと特典豊富な検討の価値大アリのサービスです。
特典や年会費の解説ページを書きましたので、ぜひこちらも読んでみてください!(^O^)/

関連記事 Amazonプライムとは?お得なの?特典・年会費をトコトン解説!